Archive for the ‘体の健康’ Category

イレギュラーな予定変更。

2019.4.26

昨日の投稿で歯列矯正のワイヤーのことを書きましたが、水曜日は歯医者が休みだったので、木曜日にワイヤーを直してもらいました。
以前から予約しているわけではないから、急遽予約を入れてもらったわけです。
すると、ぼくの方は、急遽予定を変更しなければならないわけです。
そして、変更された予定には相手がいるので、その人たちも予定を変更してもらうのです。
こういうことが起きると「自分の体はひとつしかない」という、当たり前なことを痛切に感じます。
「アシスタントを雇ったらどうだろうか」といつも考えますが、代打で平気な打合せと、平気じゃない打合せがあるから、根本的な解決にはならないんですよね。
代わりがきかないから仕事になっている部分もありますし。
体が増えるわけでもありませんし。
イレギュラーな予定変更を快くできない相手とは仕事しませんし。
けれど、世の中にはこういう人たちがいることも事実です。
そう考えると「やっぱり、運と縁がいいんだなぁ」と呑気なことを本気で感じるのです。
似たようなことでいうと、忙しいときの「一日は二十四時間しかない」もそうだな。

意識のループは疲れるね。

2019.4.25

やばい、何も思い浮かばない。
そんな状態を正直に書こうと思った。
いま、歯列矯正をしているが、先週の金曜日に下の歯の装置をつけたのだが、水曜日の昼にワイヤーがバチんと鳴ったと思ったら、ワイヤーがたわんだ。
たわんだワイヤーは下唇を押し出すように前に出て、昼以降、この感覚で頭がいっぱいになっている。
完全に仕事が手につかない。
集中力が持たないどころではなく、意識が下唇に持っていかれる。
この先を書こうと思っても、意識が下唇に持っていかれることで、意識がループする。
だから、今日はここまで。
こういうこともあるっていう、記録になっちまったな。

う〜ん、疲れているな。

2019.4.16

気づいたことがあった。
健康は幸せだ。
 
思えば、持病に悩まされ、皮膚の弱さに悩まされ、蚊の刺されやすさに悩まされ、歯並びに悩まされ、虫歯に悩まされ、アレルギーに悩まされ、腰痛に悩まされ、怪我に悩まされ、目の悪さに悩まされ、原因不明の痛みに悩まされ、数々のことに悩まされてきた。
 
こういう意味で、ぼくは幸せを感じたことがない。
コンプレックスのひとつやふたつどころではない。
体の状態で快調というのを感じたことがないのだ。
 
これらの悩みを忘れさせてくれるとき、幸せを感じる。
たとえば、おいしいものを食べたとき、日向ぼっこをしているとき、眠っているとき。
それと……って考えてみたけれど、何も思い浮かばない。
結局、食べるか、寝るかしか、忘れることはできない。
こういう日は、さっさと寝よ。

バリ島ウブドで学んだこと。パート3。

2019.4.10

思えば、アルマ美術館で見かけたスタッフ衣装が綺麗だった。
写真を撮らなかったことを、いまさらながら後悔している。
白のシャツに、濃いめのピンクと黄色のスカート。
スカートは腰巻だったかもしれない。
バリ舞踏で見た民族衣装は、上下ともにきらびやかだったから、衣装デザインとしては、そんなに古いものではないだろう。
 
白いシャツはレフ板としても使えるように、表情を明るく見せる。
普段から笑顔があふれているバリ女性の表情が、いっそう美しく映える。
薄化粧も、清潔さを醸し出すのに手伝っているだろう。 
そこに、色味のはっきりしたスカート。
清潔さに彩りが加わる。
素朴さと清潔さに彩りを合わせたスタッフは、本来の気立ての良さに輪を掛けて、とても魅力的に見える。
頭のてっぺんからつま先まで、バランスがとてもよかった。
靴はどんなのだったか思い出せないのが惜しい。
 
こう考えていると、古いものを観に行っても、そこに携わる人や物のすべてが古くあっては感動しないということに気が付いた。
それで感動するのは、自然の中だけだ。
人工物が混ざった時、古い遺跡を観に行っても、全部が全部古いままだと人は訪れないだろう。
そもそも、訪れることができなくなってしまう。
 
訪れることができても、会う人が古いままであれば、出会ったときのインパクトはあるかもしれないが、その後の関係性で感動は訪れない。
古(いにしえ)を引き受けて、「いま」を生きる、血の通った部分に、私たちは感動を覚えている。
アルマ美術館のスタッフが素敵に見えたのは、古くからのバリっぽさの中に、現代の良さが混ざって、人柄が表れたからに他ならない。

バリ島ウブドで学んだこと。パート2。

2019.4.9

バリにいて感じていたのは、デザインを大切にしていないところは、サービスやホスピタリティの質も低いということ。
いや、逆に言った方が適切だな。
サービスやホスピタリティの質が高いところは、デザインも大切にしている、と。
ま、これは日本でも同じなんですけどね。
 
ただ、「笑顔」のホスピタリティが多いバリにおいて、これはとても顕著に表れていた。
デザインを大切にしていないと感じられる場所では、笑顔がほとんどなく、接客にも圧を感じる。
タコのようについて回ったり、テーブルの横に立っていたり、そういう場所では、お客であることの居心地の悪さを感じた。
 
逆もまた然り。
気持ちのいい接客をしてくれるところでは笑顔も多く、衣装が清潔であったり、グラフィックも抜かりなく作っていたりと、トータルのデザインを大切にしていた。
見た目にも、味にも、対応にも気持ちがいいのだから、こちらとしてもお金を落としたくなるもので、そういう場所では、色々と注文したり、お礼の印であるチップをはずむ。
 
けれど、バリにはチップをもらう習慣がもともとなかったのも手伝って、チップをもらわない人もいた。
ということは、本当に金じゃなくて、自らを捧げていたのだ。
これを彼らの言葉では「ンガヤ」というらしいが、日本で「金じゃない」と言っている人たちが、どれほど多くの人を傷つけているか。
そして、圧倒的に「笑顔」の少ない日本人が「ンガヤ」の精神を共通しているとは言い難い。
真心を相手に求めるのが、日本にいての感想だ。
日本で「金じゃない」という言葉がでるときは、クリエイティブというサービスを提供していて、酷くいいように使われるときだ。
 
そもそも、サービスにおけるホスピタリティというのは、受けた相手がそう感じるかどうかだ。
だからサービスの提供者は、ホスピタリティを持ってサービスを提供するが、相手がどう感じるかはわからない。
そして、これに気づいている人たちが、デザインも大切にしている。
そんな気がしてならない。
 
というのも、デザインを大切にしたくても、デザイナーにお金を支払えなければ注文もできないわけで、彼ら自身が稼いでいなければならない。
だから、ホスピタリティの高いお店は、低いお店よりも、サービスの金額は高い方になる。
けれど、先ほども書いたように、見た目、内容、対応が気持ちがいいのだから、お客としても支払いたくなる。
だから、値段が高くても稼げる。
日本で「金じゃない」と言っている人たちは、稼げないことを棚上げし、「金じゃない」の一言で周囲を疲労させている。
この違いはかなり大きい。
 
「ンガヤ」の精神は、金じゃない。
しかし、「ンガヤ」の精神を持っていると、稼げてしまう。
だから、本質は金じゃない。
 
こういうことを言うには、遠回りしなきゃいけない。
だから、「金じゃない」と言うのは、自分が何かをする側(捧げる側)に回ったときだけだ。
これは、ぼく自身もかなり気をつけていたことだったので、違う国でこれを感じて、とても励みになった。
 
写真は、素敵なホスピタリティのバリ ボヘミアハッツのパンフレット。
カユマニス ウブドもすばらしかった。
アルマ美術館はスタッフが可愛かった。