Archive for the ‘日々のこと’ Category

傷だらけで、汚らしく、手に入るもの。

2019.3.20

仕事柄、センスっていうことが話題になりがちなのもあって、この言葉について考えることは多い。
ここ一年ぐらいで思うのは、「センスってあるかもな」ということ。
センスは知識という説もあるし、昔は努力でなんとかなると僕も思っていたから、それも正しいだろう。
 
けれど、いわゆるセンスのない人を見ると、センスのある人との違いを感じるものだ。
センスのない人は、粘りが足りない。
知識も努力で手に入るが、粘りとはもっと泥臭く、もっと汚らしいものだ。
こうやって、さらっと文字にできるものではなく、他の人からしたら馬鹿らしく見える汚らしいものだ。
 
「直感が優れている」と言われる僕でさえ、365日、毎日働いている。
休もうと思って外出すれば、「ここのデザインが…」とか「この動線が…」とか「この写真の使い方は…」「色が…」などと言っている始末だ。
挙げ句の果てには、知らないおっさんの相談に乗っていたりもする。
ま、知らないおっさんは稀なケースですが、現在進行形の仕事のことを完全に休む、という日はない。
なにかしら考え、なにかしらこっそり作っていたりして、来たる日のために温存しておく。
 
そういう人のことを、最近は馬鹿にする傾向があるのは知っている。
毎日仕事をしてしまうというのは、他の人からしたら、馬鹿にされるような、手についた汗や泥を洗い落とすこともなく、傷も多い、汚ならしいことだ。
毎日心を痛め、イライラし、ちょっとだけ最高にイカした気分になって、翌日には暗澹たる気分になる。
自分が周りの人達と比べて、全然遊んでこなかったことに、三十代も後半になってようやく気づくことが多い。
仕事が遊び場だったと言えば聞こえがいいが、これしか知らなかった、いわゆる馬鹿だ。
そうして手に入るのが、あなたが望んでいる「センス」だとしたら、本当に欲しいか?
気づいたときにはもう遅い、手放すこともできない厄介な代物だ。

成果があれば、失敗も。

2019.3.19

久し振りに、手に豆ができた。
もしかしたら高校以来かもしれない。
当時と違うのは、今回は畑を耕していたということ。
けっこう広範囲にできてしまったが、豆ができると痛さ半分、勲章のような誇らしさ半分の気持ちになるのは、当時と変わらない。
 
畑を耕すのも、去年よりも慣れてきている。
習っていた期間も含めれば、3年目になる。
学生時代の部活と考えたら、集大成の年だ。
部活と違うのは、集大成と呼べるほど成長していないんじゃないかと思ってしまうところ。
 
今年もすでに「しまった」というところがある。
先日、ジャガイモを植えた畝(うね)の横に緑肥の種を撒いていたのだが、今日、隣の畝を耕す時に一緒に耕してしまった。
完全に忘れていた。
 
まだ芽が出ていないものは育つかもしれないが、ジャガイモが育った後に土を被せる中耕で、結局は緑肥の部分を削ることになるな。
新しい成果があれば、新しい失敗がある。
気長にやらなきゃ、できないな。

はじめから決まっている。

2019.3.18

仕事着や美術館への入館料が経費になることを知ると、これを羨ましがる人がいる。
しかし、裏を返せば、すべて自分の金で払うということだ。
ボールペン一本でも自分の金で払うということ。
総務に言えば補充してくれて、その金を会社が負担してくれる、ということはないのだ。
事業者は金にうるさいのは当たり前。
帳簿が合わなくなる上に、ボールペン一本分でも赤字になれば、赤字なのだ。
お陰様で、サンポノは今日もおいしいご飯が食べれてます。
 
独立後の仕事は全部、新規のお客様です。
独立前の仕事は、勤めていた事務所に残してきました。
これは、運がよかった、としか言えないです。
去年から頻繁に思うのが、努力というのは、運が入る器を大きくすることなんじゃないかと。
 
独立する人や、事業者になる人というのは、はじめから決まっているのではないだろうか。
雇われ店長や、子会社の社長も、従業員になる人も、はじめから決まっているような気がしている。
みんな、落ち着くところに、結局は落ち着く。

言葉を扱う。

2019.3.17

何かのサービスや商品をはじめて購入するとき、冷やかしの気持ちがほとんどなのではないだろうか、と思った。
少し耳障りよくすれば「試してみる」だが、「どれどれ、そこまで言うならちょっと試してみようか」というのは、冷やかしとも言えなくはないだろう。
そして、試した結果、書いてある以上の感想を抱いたら、その後も購入してみるし、同じ店の別のものを試してみる。
これはサービスでも、製品でも、料理でも同じはたらきがある。
 
こういうことを考えた背景には、最近のコピーライティングって、コピーライティングになってないよな、というところからだ。
多くの人が、説明書きをしているだけで、コピーライティングを書けていると勘違いしていたり、「こだわり」「丁寧」などの、自社が言うべきでない単語が並んでいる制作物を見かける。
私たちが言葉を扱うとき、説明をしながら抽象度のコントロールをしている。
ボディコピーで書ける内容をキャッチコピーで書く必要があるのかなどを、多くの人は理解しないまま、言葉を使っている。
 
広告物を作る際、見る相手が「なに?」と、立ち止まることが必須となる。
「実際に自分だったら購入する気持ちになる」というところと、「どんな気持ち、どんなシチュエーションにおいて打率を高めるのか」を推敲している。
「売りたい欲望」を持ったまま言葉を扱うと、下品な言葉が並ぶ。
だから、依頼人が言葉を考えてはいけないのだ。
日本語で話せるからといって、言葉が扱えるとは限らない。
ま、これはデザインやクリエイティブのすべてに言えるんですけどね。

独立は仕方のないこと。

2019.3.16

ひとりで仕事をしているといいのは、どこまでも試すことができる、ということぐらいだろう。
それを良しと思うのなら、ひとりを勧める。
独立相談を受けることがしばしばあるが、ぼくの場合は、好きで独立したわけではない。
仲間から「お前のようには仕事はできない」と言われる孤独。
 
昔からそう言われていた。
「誰もがお前のように〇〇じゃない」という言葉。
百歩譲って、褒め言葉として受け止めても、言われる方は孤独だ。
 
印刷など、本当にできないこと以外は誰かにやってもらっても、それ以外は巻き取るのがオチだ。
「あぁ、ここまでしかやらないのね」
「この程度でいいのね」
と思ってしまう。
誰かに何かを任すとき、少なからず期待はあるが、ことごとく期待は裏切られる。
その先に進もうと思ったら、自分でやらなければ、なんとかハラスメントになってしまう時代。
 
結局は、ひとりなのだ。
もちろん、体はボロボロだ。
それでも、いいもんが作れない方が嫌なんだな。
悪魔にでも命を渡した方がマシだ。
こういう考え方は、10年前と変わらんな。
そう思ってハッとする。
とっくのとうに、この仕事で10年超えちまったなぁ。
 
このブログのタイトル「キャッチボールをするような」は、ぼくの願望なのかもしれないな。