Archive for the ‘心の健康’ Category

若さのカード。

2019.7.22

それぞれの人には、その人が持っているカードがある。
若さ、体の強さ、機転、配慮、丁寧さ、知識、お金、時間、身長、外見の良さ、語学力、器用さ、人種、国籍、性別など、挙げればキリがないほどカードはある。
親のコネやネームバリューだって、カードだ。
だが、自分がどのカードを持っていて、社会で必要とされるカードかどうかは、あまり考えることは少ないんじゃないだろうか。
「持っていると思っていたカードを実は持っていなかった」なんてこともあるだろうし、その逆は多そうだ。
 
冒頭で挙げた中に含まれていて、誰もが持っているけれど、いつか失うカードがある。
「若さのカード」だ。
考えてみると、ぼくは随分とこのカードを使ってきた。
日本のみならず、海外でも野宿をしたこと。
四六時中仕事をしたこと。
暴言を吐いたこと。
酔っ払って手がつけられなくなったこと。
人に心配をかけたこと。
 
これも挙げていったらキリがないだろうが、挙げられたリストはすべて「今はできない」ことだ。
野宿であれば、キャンプ道具をある程度揃えて行うだろうし、少なくとも寝袋しか持たずに旅に出ようなどという暴挙はしないし、体力が持たない。
今でも四六時中仕事をしているようなものだが、あの頃とは働き方が違う。
事務所に勤めていた頃は、朝は一番乗りで会社に行き、帰りは一番最後に会社を出て、終電もないからカプセルホテルに泊まって、コンビニでTシャツを買って、それを着て出社していた。
朝夕の食事はコンビニ飯で、昼食は事務所近くの飲食店。
体を壊すのは当たり前だ。
 
だが、その時々で使っていた「若さのカード」。
30代に入ったばかりの頃が限界だったのだ。
だから、30代半ばに差し掛かろうとしたときに、体は壊れた。
37歳になり、鍼治療をしたり、矯正治療をしたりして、体を整えながら、どれだけ現役を長く続けられるかという考え方になっている。
 
若いときは、カードを早く使い切って、一瞬の閃光のように人生が終わることを期待していたが、現実はそんなに簡単なものではないことさえ知らなかった。
「若さのカード」がない今、あのカードを使った方がよかったのか、使わない生き方の方がよかったのか、正直に言うと、分からない。
聞く耳を持たないから使えたカードでもあったし、今思えば、そうせざるを得なかったんだろうと思える。
だから、「若さのカード」を持っていて、仕事で使いそうになっている場面に出くわすと、「そのカードを使った方がいいのか、使わない方がいいのかは君次第だが、いつか失うカードだということは覚えておいた方がいい」と伝えている。
(昔の悪さ自慢をしている人は、若さのカードを使いたい人なんだろうね)

感情の損益。

2019.7.21

「商売として存在していること」について、考える機会は多い。
誰かに何かをお願いするとき、お金を払うことなのか、そうではないのかということを考えている。
 
例えば、家事をお願いするとき、家事代行という商売が存在している。
たとえお願いするのが妻であっても、ぼくの分をやってもらうことは、サービスとして商売にできることだ。
料理をすること、車を運転すること、絵を描くこと、写真を撮ること、何かを教えること、相談を受けること、全て職業が存在していて、商売として世の中に存在していることだ。
売れる売れないは別として、お金を払わずに何かをお願いしているとき、自分が受けた恩を、どこで誰にどうやって返していこうか考える。
返すのはお金じゃなくてもいいが、何かをやってもらうというのは、「やってもらった、あー、ありがとう」だけではない。
 
たとえば、ぼくはお金がなかった頃、誰かに何かを教えてもらうとき、相手の想像を超えるぐらい努力して、成長した姿を見せていた。
お陰で、教えてくれた人はみんな驚いてくれたし、「ここまでやるとは思っていなかった」と喜んでくれた。
教えたくれたことで今のぼくがあるのだから、プロとしてのきっかけの話をするときは、彼らと関係がなくなった今でも、その人たちのお陰だと、必ず伝えている。
そして、ぼくがノウハウをさらけだすのも、恩送りをしたいからだ。
 
仕事の話ができる人というのは、似たようなことをしているし、考え方が似ている。
「恩」というのは、ひとつの感情であり、感情にも利益と損失がある。
嬉しい、楽しい、助かったは利益になるし、やってあげたのにと相手に思われたら、感情の損失を与えたことになる。
人間はこの感情の損益を、無意識に感じ取る。
どんな関係であれ、無料でやってもらうというのは、実は無料ではない。
誰しもが恩を受け、与えている。
違うのは、受けるのが多く、損失が多い感情の赤字になっているのか、与えるのが多い感情の黒字になっているかの違いだ。
若いうちは教えてもらうことが多く、恩を受けることが多いので、感情の赤字が多いが、それは出世払いとして、直接恩返しするのでもいいし、他の誰かに恩送りをしてもいいんだ。
そうすると、いつの間にか頼られる人となり、感情の黒字化が起きている。

アートワークとクライアントワークの違い。

2019.7.19

昨日、インスタグラムに「アートワークの方が疲れる」と書いたが、この比較になっているのはクライアントワークだ。
もちろん、クライアントワークが簡単と言っているのではない。
だが、その違いを考えると、「答えのなさ」がアートワークの方が疲れる理由になるんだと気づいた。
 
クライアントワークは、どんなに難しくても「クライアント企業の利益を上げる」という答えが存在する。
これがクライアントワークの目的と言ってもいいだろう。
営業利益を上げるのか、純利益を上げるのか、株価を上げるのか、業界での立ち位置を上げるのか、満足度を上げるのかなど、上げる利益は明確だ。
クライアントワークの難しさを挙げるのなら、この目的の擦り合わせと、タイミングだ。
 
たとえば、ブランディングの場合で利益を上げようとするのなら、タイミングは「一生」になる。
ブランディングとは、積み木で建築物(利益)を作るようなもので、土台作りから建てている間、そのどれもがとても長期間となる。
そして、長期間やり続けることで、いつの間にかお客を呼ぶような存在になっているのが、ブランドが出来上がる仕組みだ。
たとえば、サクラダファミリアやピラミッドなんかをイメージするといいだろう(どっちも行ったことがないけど。それと、ガウディの最期を知ると、複雑な気持ちになるが)。
しかし、築き上げたブランドが崩れるのは一瞬だ。
物理的な破壊もあるだろうが、不正問題でも、築き上げたブランドは地の底に落ちる。
食品系の大手企業などの例が思い浮かぶだろう。
ざっくりとだが、これが、ブランドを作ることで利益を上げるということ。
 
けれども、ほとんどのクライアントは「施策をすれば結果が出る」と思っている。
つまり、最低でも3年続けて、ようやく芽が出始める場合でも、何かを作ったり、半年ほどで成果が出るものだと思っていることが多い。
リニューアル案件はこの誤解が多い。
クライアントワークの難しさは、ここでの意識変化だ。
意識変化の途中で、意思決定者や担当者が変わると、相手のノウハウはゼロに戻るので、また最初からやり直しとなる。
だから、担当者がころころ変わる事業は、大抵うまくいかない(これは大手の事務所でも同じようだ)。
作ることで言えば、「売る」ことには法則があるので、あまり難しいことではない。
 
一方で、アートワークの難しさは「答えのなさ」だ。
一応、「今まで見たことがないものを見たい」という答えはあるが、経験を積めば積むほど「見たことがないものってなんやねん」ということになる。
見たことがなくても、美しさが欠けていたら、感動はしない。
だから、「今まで見たことがない美しさ」を求めていると言える。
「そんなもんあるんかい」という気持ちになるが、この「見たい」欲動に突き動かされて、頭と体が回転していく。
それが、疲れるってことなのだ。

失敗の経験値

2019.7.17

仕事部屋の椅子に座りながら目薬を使い、片付ける時に目薬を落とした。
落ちた目薬は、机の下の奥に転がって止まった。
ぼくは咄嗟に裸足だった足を伸ばし、目薬を手前に来るように蹴って、その後、かがんで拾った。
 
作法が汚いと思う人もいるだろうし、同じことをすると思う人もいるだろう。
そう思ったとき、あることに気がついた。
 
「机に頭にぶつかることが、勝手に思い浮かぶようになっている」
 
大したことじゃないのはわかっている。
だが、椅子から降りて、机の下に潜り込んで目薬を取った後、机に頭をぶつけることを避けようとしている。
もしくは、頭をぶつけないように、慎重に意識して拾うことを、面倒臭がっている。
 
机ではなくても、頭より高い位置にある戸棚の扉が開いているとき、頭にぶつかる未来をけっこう想像している。
咄嗟に想像して、ぶつからないようにして扉を閉める。
この想像が勝手に思い浮かぶには、頭にぶつけるという経験をしなきゃできないのだろう。
実際、子どもの頃はこんな想像していなかったから、頭をぶつけることはけっこう多かった気がしている(他の人はどうか知らないが)。
「ぶつける→痛い→不快」という経験が、ぼくに想像させる力を与えてくれたと言っても言い過ぎではない。
足で物を引き寄せるのも、当たっても痛くないものを作るのも、当たって痛い経験をしないとやろうと思えないだろうね。
 
ちょっと大げさに言うと、仕事でも私生活でも、リスクを回避できるようになるのって、失敗を重ねないとできないことだ。
リスクを想像して身動きが取れなくなるのは、失敗をしていないのにリスクを想像するからじゃないだろうか。
しても平気な失敗と、致命的な失敗の区別がつくのは、失敗の経験値によるものだ。

外にいるからできること。

2019.7.10

今日も『しらずしらず』から。
この仕事をしていると、クライアント企業から「うちの会社にこないか」というオファーがあったりするが、その話に乗っからない理由が、この本に書かれている。
「人は、無意識のうちに、自分の都合がいいように選んでいる」ということが一番の理由になるだろう。
デザインに関わる要素が、無意識に購買行動を高める効果についても書かれているが、これらを使いこなす専門家の意見よりも、クライアントは無意識のうちに、自社に都合がいいものを欲し、選んでいるわけだ。
それは意識的でもあるし、無意識的でもある。
そして、クライアントは人であるから、どんなに意識的にユーザー側の視点で見ていると思っていても、無意識に自社にとって都合がいい視点で見ている。
そう、クライアントはユーザー視点を手に入れるのは不可能なのだ。
そして、ユーザーにアンケートをとっても、アンケート内容はクライアントが望むような解釈になり、ユーザーは自分にとって都合がいいような回答をする。
そのユーザーの利益を占める割合が100パーセントならば、そのユーザーに従うしかないが、残念ながら、ユーザーの望みを叶えたところで、そのユーザーが消費者になるとは限らない(大抵は裏切られるので、アンケートを重視する企業はユーザーに翻弄される)。
厄介なクライアントほど、試行錯誤をしてユーザーに近づこうとするが、ほとんどが徒労であり、それが『しらずしらず』には書かれている。
読みながら思っていたのが、これが、ぼくが絶対にクライアントの中に入らない理由であり、クライアントとユーザーの中間的な存在でいつづける理由だ。
フラットな視点で、サブリミナルな効果を駆使するためには、外部にいる専門家であり続けなきゃいけないってことだ。