Archive for the ‘心の健康’ Category

「続けること」と「初心者になること」。

2018.12.17

今年から茶道を習っています。
習っていると言っても、まったくの初心者で、ひとりでお茶を点てることもできないです。
楽をさせていただいても、毎回、足は絶望的なほど痛くなります。
 
でもね、「習う」っていうことがいいのです。
茶道の楽しさはまだ分かりませんが、習うことの楽しさを感じています。
この歳で、初心者になれるのです。
36歳にもなると、自分の仕事のことは食えるレベルになったり、人からチヤホヤされるレベルになります。
 
これは、どんな職業でも同じだと思います。
続けてきたから得られることです。
会社に居続けている人なら、その会社内で活きる能力が成長しているので、それはそれで重宝されます。
どんなことでも続けていれば、いいとこまで行けるものです。
 
でも、ほとんどの人が「自分の努力」や「工夫」に焦点を当てて、「単に続けたこと」を軽く見るんですよね。
だから、多くの人が得意気になってしまうのです。
ぼくにもそういう気質はあります。
そして、たったひとつのチヤホヤされることで、それ以外のいっぱいある分野のことも精通したような気になっちゃうんです。
そんなことはないですからねー。
 
ぼくはクリエイティブ業界にずっといますが、それ以外の業界については、まったくのずぶのど素人ですから。
いま茶道のことを語っても、嘘になっちゃうでしょう。
でもね、初心者として習っていくと、不思議と、自分の業界と似ているところと、似ていないところも見えてくるのです。
 
これは、ぼくが何かを続けてこなければ、得られない感覚だと思います。
さらに、実際の現場に飛び込んで、初心者にならなければ、得られない感覚です。
続けてきたことと、初心者になること、この二つが交わって、はじめて生まれる感覚なんです。
プロだからって、自分の業界で初心者になれないことはないですからね。
この感覚、好きなんだよなー。

焼きリンゴとあんこ。

2018.12.14

最近、硬い内容が続いたので、やわらかいことを書きたいなーと考えています。
でも、思い浮かぶのは硬い内容なので、参ったなぁ、という次第です。
 
そもそも、こういうときの信号として、「じっくり作る料理」をやらなくなります。
たとえば、いま家にはリンゴが二つあり、妻はぼくの作る焼きリンゴが好きなのです。
でも、作ろうとしないんですよね、ぼくが。
切って、皮を剥いて、バターでじっくり焼いて、最後に砂糖をまぶすだけなんです。
 
あんこだって作っていません。
小豆を煮て、お湯を捨てて、もう一度煮て、お湯を捨てて、最後に砂糖とちょっとの塩で煮込むだけです。
 
こういう料理の共通点は、火の元の前にいなきゃいけないってことです。
おいしく作るコツのようなものがあるのなら、ただそれだけです。
それでも、やろうとしないのは、ぼくに問題があります。
やる余裕を持てていないのです。
 
来年の5月まで、新規の依頼は相談の話し相手しかできないと伝えています。
それでも相談事をしにきてくれるのは、とてもありがたいです。
相談事を受けても、すぐに何かを作るような仕事の仕方はしていないから、通常どおりでもあるんですが。
 
まぁ、ほんとに、もうすぐ正月だし、あんこぐらいは煮て、妻のために焼きリンゴぐらいは作りたいものですけどねー。

伝える役割と売る役割。

2018.12.13

「昨日はシリーズ」になってしまっていますが、昨日は「アーティスト」のことにも触れました。
学生を卒業した直後から数年間、ぼくは写真家、つまりアーティストでした。
ギャラリーに所属して、作品を作って、展示をして、作品を売って、稼ぐ。
これがアーティスの生計になるのですが、もうね、経験が早すぎたんだと思います。
 
当時のぼくは、学生のうちに写真家としての賞を受賞して、卒業と同時に、ギャラリーに所属しました。
所属したと言っても、毎月給料が出るわけではないし、所属するのとしないのと差は、展示するために、お金を払わなくていいぐらいなものです。
その代わり、作品が売れた時の手数料は50%取られちゃうんですけどね。
ギャラリーはこれで生計を立てるから、作品を売るのが彼らの仕事です。
アーティストが展示をするための場所代を払って、そのお金で生計を立てるギャラリーもありますが、そことの違いは、ギャラリーとしての知名度や箔のようなものです。
狭い業界なので、あんまり意味がないんですけどね。
これを知るのも、所属して身をもって体験したからです。
 
どうしてここまで辛口になれるのかというと、この役割分担がちゃんと分かれているギャラリーとアーティストを、ぼくの知る限り、見たことがないからです。
というのは、作品が売れる時って、だいたいアーティストがギャラリーにいるときですし、そのときは、だいたいアーティストはトークショーなどに駆り出されているわけですから。
つまり、アーティストは作品を作る以外に、売る仕事もやっているわけです。
 
もうね、こうなってくると腐るわけです。
「俺が作って、俺が話して、俺が売ってるんだから、もっと良いイベントとかアートフェアの場所を取ってこいよ」みたいなね。
いまのぼくも人格が優れているわけではありませんが、当時は嫌な奴だったと思います。
 
そのときに学んだのは、「伝える役割と売る役割はちゃんと分ける」です。
 
ひとりの頭の中で役割分担を分けるのもいいですが、二人以上の人がいるのなら、役割分担はきっちり分けた方がいいです。
クリエイティブという仕事は両方の頭を持つ必要があるので、実際に今は頭を切り替えながら、ひとりでやっています。
 
ぼくが展示をしなくなったのって、「売るを作る」を本気でやろうとしているギャラリーがいないと気づいたからです。
事務所となる場所を探しているとき、やっぱりね、展示ができることも大事なんだなーと気づいたしだいです。

本来はつまらない仕事。

2018.12.12

昨日は、「面倒臭さを乗り越えて、仕事をおもろくしている」と書きましたが、これは本当にそうだと思ってます。
 
他の人はどうか知らないが、ぼくは左団扇で暮らしたい人です。
なるべくなら、何もしたくないか、好きなことにちょっとの刺激があって暮らしたい人です。
刺身の薬味に、わさび以外を使ってみるぐらいのドキドキでいいんです。
 
デザインや写真なんて仕事は、本来であればつまんない仕事だと思います。
素人である依頼人にいちいち説明するのも面倒だし、その人の意見で崩壊してるのに、利益が上がらないのを、こちらのせいにされたり。
利益が上がったって、ぼくらの提案だったことなんて忘れ去られていることがほとんどです。
素人よりもひどい依頼人は、作る力のない元デザイナーとかデザイン関係の仕事をしてた人とかね。
運がいいのは、ぼくの依頼人はそんなことないってところです。
この人たちを守るためにも、ぼくは依頼数を制御しています。
 
話を戻しますが、こんな世知辛い仕事、普通にやっていたら退屈なだけです。
退屈なことをおもろくするには、自分ごとにするしかないような気がしています。
 
ぼくであれば「ぼくだったら絶対に買う」ことを提案する。
ぼくは今まで関わった仕事で、手に入れられるものは、すべて購入しています。
自然栽培なんて、結局、畑をはじめちゃいましたし。
 
依頼されるまで、まったく興味がなくていいんです。
むしろ知らないことだらけの方が、質問もしやすいです。
その代わり、仕事を引き受けたら、決算報告書を見たり、四季報なんかも読みます。
 
やりたくないものは環境に置かないようにしたいです。
だから、やりたくない仕事を断るのはもちろん、事務所内で見るのも嫌だったんだと思います。
 
昔、「お前はときどき、すごい冷たい目をする」と言われたのを覚えています。
その代わり、引き受けた仕事は、面倒臭さを乗り越えて自分ごとにしていっているだと思います。
 
好きを仕事にしているアーティストも、実はそれほどいないです。
出たくもない社交場に出ることをしていますし、よぼよぼになって呼ばれなくなってから「俺は出たくないから出ない」と言っているのです。
だからね、仕事をおもろくするのって、面倒くささと一蓮托生な気がするのです。
 
毎日仕事をしていることや、仕事から関係のない場所に行っても、仕事と結びつけて話をしているのも、「ありえない」と妻から言われていますしね。
 
面倒臭いけれどおもろさをとるか、面倒臭い退屈さをとるか、どっちかのような気がしています。
面倒臭さは変わらないと思うんですよねー。

仕事をおもろくする方法。

2018.12.11

電車で揺られること一時間。
直接は関係ないけれど、仕事でスイーツを食べに行きました。
こういうとき、人から「色んなところに行けていいですねー」と言われて、「仕事なんで大変ですよ」という問答が普通でしょうが、ぼくは「おもろいっすねー」と言います。
 
「直接は関係ない」ってところが味噌かもしれません。
ちょっとでも関係があれば、出来うる限り行ったり、体験します。
そうやって自分ごとにしていった方が、仕事はおもろいっすからね。
(経費はすごいっす)
 
昔、フライパンのロゴを作るときも、商品が置かれる首都圏の量販店を周っていました。
会社の中では「江口が帰ってこない」と言われていたそうです。
ラケットのデザインをしていたときは、ラケットショップはもちろん、大会に足を運んだり、自分でもやってみたり。
挙げ句の果てには、ラケットの気持ちになろうと、ラケットに搭載されたテクノロジーの動きを自分でやってみたり。
その姿を見た当時の同僚は、唖然としてました。
自分でも、阿呆だと思います。
 
けれど、阿呆になった方が、おもろいのです。
そして、昔は「仕事なんだから当然でしょ」と本気で思っていましたが、その理由は違うことに気がつきました。
 
仕事をおもろくするために、面倒くささを乗り越えてやっているのです。
年々、体も動かなくなってきて、ようやく分かりました。
俺は、仕事をおもろくする方法を知っていたんだ、って。