Archive for 2019.12

何かをしたいと欲望を持っているのは誰か。

2019.12.14

昨日は「人間は素晴らしい生き物じゃないんだから、素晴らしいものや人と関わりを持っていないと、悪い奴になっちゃうんですよね。」と書きました。
 
ぼく自身、これについては度々思っていて、どれだけ優れた技能を持っていても、たいそうな成果を上げたとしても、人間の本質はロクでもないと思っています。
こう思っていると、色んなところでブレーキをかけられるのです。
 
現代では、「人のために、地球のために、考えられることをしよう」というのが流行になっているけれど、じゃあ、こう言っている人たちが事業をすると何をするか。
周囲の関係者たちに、低賃金(または無賃)で、長時間、働かせようとするわけです。
何かをしたいのは事業者なのに、銀行や資本会社から借金をすることもできないで、自分の都合のいいように他の人々を働かせます。
働かせる人の言い分は「働いている人は、自分の好きなことをやっているのだから、楽しそうですよ」と。
しかし、これを決めるのは、実際に働いている人です。
 
こういう現場を見ると、ネルソン・マンデラさんが、長い獄中を通して「私が我が運命の支配者、私が我が魂の指揮官なのだ」と言っていたのを読んだのを思い出すんですよね。
差別という思想で、他人を牢獄に入れるけれど、その人の魂までは支配できないぞ、と。
社会貢献主義という思想で、他人をひどく働かせても、その人の魂まではあなたのものじゃないぞ、と。
 
他人を働かせる人というのは、とても欲望が強いです。
いったい誰の欲望を叶えてもらっているのか。
ただ、こういう話をしても、「winwinでしょ」や「お互いさまでしょ」と返してくるので、どうやら当の本人はこれを悪気がなく強制しているようなのです。
つまり、それがこの人の本質です。
こういう人と会うと、人間にはロクでもない欲望が備わっていると思うし、自分も人間なんだからこの性質が備わっているんだろうと、気をつけようと思うんですよね。
何かをしたいと欲望を持っているのは誰か。

センスとか、信用とか。

2019.12.13

こういうことをつぶやきました。
 

「センス」とか「粋」とか「信用できる」とか「有能」とか「いい人」とか「おもろい」とか「頭がいい」とか「質がいい」とかって、全部同じことを違う言葉で言っているだけだよな。逆もまた然り。

 
昨日は「大手の中心にいる人たちは、失礼なくだらない振る舞いによって、会社の利益を損なうことをしない」というようなことを書いたけれど、このつぶやきも同じだ。
大手の中心にいる人たちと仕事をすると、「この人センスないな」とは思わないし、「野暮だなー」とも、「この人は裏があるなー」とも、思わないんですよね。
そして、ちゃんと「質がいい商品」を作ろうとしているんですよね。
中核事業から離れれば離れるほど、この逆になっていきます。
 
今、大手の人たちを例に挙げているのは、比較がしやすいだけなので、中小企業だろうと零細企業だろうと同じです。
「信用できるなー」という人は、だいたい野暮なことはしないもんです。
そして、「センスがいい」ということを、ちゃんと察知する力を持っているんですよね。
これは、先日まで読んでいたデンマークの本で確信しましたが、そうやって育ってきたってことなんです。
センスがいいものに囲まれて育ったり、粋な大人に育ててもらったり、信頼できる人に育てたもらったり、質がいいものに囲まれて育ったりすることで、積み重ねてきたものなんです。
 
エントロピー的に言えば、人間は素晴らしい生き物じゃないんだから、素晴らしいものや人と関わりを持っていないと、悪い奴になっちゃうんですよね。
いい景色を見たり、おいしいものを食べたり、やさしい人とおしゃべりしたり、美しい作品を観たり、感動する映画を観たり、感動する本や漫画を読んだり、おもしろいゲームをしたり、笑っちゃう話を聞いたり、心地よい音楽を聴いたり、熱中する趣味に没頭したり、いろんなことがぼくらのセンスを育てるのです。
だからね、忙しいっていうのは、嫌な奴になっていくことでもあるんだよ。
余白を作るのが、大事なんだ。

紹介される人は、今までの関係とは別。

2019.12.12

歩きながら思ったことがあった。
「クライアントと友達になる。友達のために頑張るが、友達の部下のために頑張る理由はどこにもない。」
ということなんだけど、みんなこのことを忘れている。
 
元から取引関係にあった企業の担当者から、新入社員なのか中途なのか、配属変えなのか、新しい人を紹介され、その人ともやりとりが始まったとする。
しかし、その新しく加わった人との関係性は、取引先に勤めている人というだけだ。
極論を言えば、紹介される時点では、誰であっても同じであり、まったく関係のない人だ。
だから、その人がどんな立場の人であれ、今までの関わっていた人たちと同じように接する必要などなく、その人とは新しく関係性を作っていかなきゃいけない。
つまり、その人がどうしようもなく失礼で気に入らない相手だったら、その人には仕事を発注しなくてもいいし、受ける側だったら受注しなくてもいいわけだ。
 
いわゆる大手の中心にいる人たちというのは、このことをわかっている。
だから、自分のくだらない振る舞いで会社にとってどれだけ不利益が生じるのか、ちゃんと考えて振る舞っている。
それが、マナーだったり、礼節として身についていく。
相手の忠告を聞かなかったり、相手のことを考えないスケジュールや内容を示してくる人というのは、仕事ができない人でもあるもんだ。
そういう人ほど、色々注文をつけてはクオリティを下げ、二度手間を増やし、余分なコストを発生させる。
本来、忠告というのは職業倫理の賜物なのだから、聞き入れた方が身のためなのだ。
 
ぼくが人を育てるときに、実務内容よりも礼節に口うるさくなるのは、すべての人間関係における優先事項になるからだ。
つまり、相手への配慮ができるというのは、それだけで「有能」になる。
自分が何かを得ようとして相手に会うのは、普通の人。
自分が相手に何を与えられるかを考えながら会うのが、有能な人だ。
誰かと会うときに、何にも考えずに会うっていうのは、とても失礼なこと。
楽しむだけでも、お互いが楽しむための方法を持っていないと。
それが、友達になるってことだ。

一日が早いと余白ができない。

2019.12.11

「くっそ〜、一日が早かったぜ」
そんな始まりですが、本当に、今日という日はそんな日でした。
内容を書くつもりはありませんが、こういう日があると、「もったいないな」と思います。
 
「一日は長い方がいい」、そう思っています。
子どもの頃の、あれを楽しんだり、これを楽しんだり、ごろごろしたり、駆け回ったり。
大人になってから、何かに集中したとしても、それが持続するのは一時間程度。
集中のためのスイッチを入れて、短く、深く。
そして、次の集中に移る。
それでいいと言えばいいのかもしれませんが、もうちょっとね、だらだらしてもいいと思うんですよ。
現に、これを書いている時間は21時を過ぎてるっていうのに、まだ英語の勉強もしていない。
散歩だって、さっき行ってきたばかりです。
マリオカートだってやっていないんだから。
 
こうやって書いていると、「ふざけるな」と怒られるかもしれませんが、「余白」を作り出さなければ、ぎゅうぎゅうになって息苦しくなるのが、大人です。
もったいないというのは、余白を埋めるためにあるのではなく、余白を作れなかったことに感じるのです。
スケジュールが変わって空くのなら、何かを入れるのではなく、空いた余白を満喫する。
それが、新しいことを始めるきっかけになるんだから。
余白、作ろうぜ。

呼吸をするように仕事をする。

2019.12.10

毎日何かしら作ってて、デザインしたり、写真撮ったり、ライティングしたり、動画編集したり、家事で料理したり、作らない日はないんじゃないかというぐらいです。
しかも頼まれてもいないものも作ったりして。
そこに英語の勉強も入れちゃってるんですよね。
いや、自分、凄いと思いますよ。
なんて言ってみたりして。
 
忙しいって言いたいんじゃなくて、呼吸をするように、作ることが体にとって当たり前になっているっていう話なんです。
ぼくの知る限り、仕事を楽しんでいる人って、みんな同じです。
飲食店のオーナーや、会社の経営者、イラストレーターにセラピスト…。
職種ってことじゃないんですよね。
みんな生命力があるんです。
 
ぎゃーぎゃー喚くとか、活発な議論をしなくても、「あぁ、この人は活き活きしているな」というのは感じるものです。
たとえ、物静かな人でもです。
カラ元気で本当に元気になることもありますが、それとは意味が違うんですよね。
立派に見せる必要もないし、キラキラする必要もないんです。
そうやって見せている現場や人というのは、そういう理由があるのでしょうが、まぁ、随分無駄なことをしているなぁと思うんですよね。
 
かく言うぼくも、ちょっと前までは立派に見せていたこともあります。
でも、そう見せている瞬間のつまらなさは、自分が一番よく感じていたんですよね。
もしかしたら、そう感じる人間だったから、止めたんだと思います。
 
苦しそうにしか仕事ができない人もいるでしょうし、忙しい自慢をしたい人だっているでしょう。
色んな人がいるってことなんですよね。
ま、類は友を呼ぶと言うように、ぼくは「呼吸をするように仕事をしている人」が好きです。