ふざけた要素。パート2。

2019.6.26 ビジネスの健康, 心の健康, 日々のこと

昨日に引き続き、ふざけること(ユーモア)についてです。
思えば、ぼくはこの「ふざけること」について、事あるごとに考えています。
特に、「笑いになるおふざけ」と「笑いにならないおふざけ」の線引きについて、考えているような気がしています。
 
例えば、学生時代の教科書に載っている偉人の写真への落書き。
やったことがある人も、やったことがない人もいるでしょうが、やったことがある人って、そのまま誰にも見せずに自分だけの楽しみで我慢できない気がしています。
誰かに見せちゃうまでを含めて、落書きってあるような。
誰にも見せずに漫画を描き続けることはあるでしょうが、漫画を描くってかなり真面目にやっているでしょう。
ぼくも昔、いろいろ描いていました。
ただ、漫画を描いて見せたときの「おもしろい!」と言われるのと、教科書の落書きを見せて「ブハッ!」と笑わせるときの、笑いの性質ってちょっと違うんです。
ビジネスの現場での「おふざけ(ユーモア)」って、どっちの性質も混ざっていないと、高尚な芸事や、単なるバカに映るんです。
 
先日、海外の缶ビールのコマーシャルを見ていると、環境に配慮した缶を売りにした内容にふざけた要素が混ざっていて、「やられた」と思いました。
日本だとクレームが来ちゃいそうですが、どこまでスルーしていいかもあると思うんですよね。
以前、ぼくも好きだった「ヨルタモリ」というテレビ番組についての制作話を読んでいたとき、最近のテレビ番組で多い注釈文をいっさい入れないで作っていたけれど、まったくクレームは来なかった、と書いていました。
「ユーモアが大事」とどれだけ唱えられていても、ユーモアを発揮しているようなものと全然遭遇しないのは、作り手もクライアントも、どこかでビビっているというのはあるんでしょうね。
そういうぼくはどうなんだろう、と考えてみたりしながら、今日も「おふざけ」をどこかに混ぜたいと狙っています。

ふざけた要素。

2019.6.25 ビジネスの健康, 日々のこと

何かを作るとき、「ふざけた要素って大事だよな」とつくづく思う。
ふざけた要素と言うと悪ノリが過ぎるのなら、「ユーモア」と言い換えてもいい。
漫画や映画に多くの人たちがお金を払っているのも、その中に、真面目な要素とふざけた要素が混ざっているからだ。
事実を基にした内容だとしても、どこかに脚色された内容が入らなければ、観客は飽きてしまうし、過酷すぎて見れなかったりもする。
真面目すぎるものはつまらない。
つまらないものに、人はお金を払わない。
ご立派な姿に、人はお金を払わない。
真面目なものを作りたければ、ふざけた要素を加えるといい。
もしも、ふざけかたが分からなければ、自分で自分をくすぐるといい。
自分の背中を見ようと、ぐるぐる回ってみるのもおすすめだ。
または、『クレヨンしんちゃん』のように、死体ごっこをするといい。
これをやりながら、他人に見せることを想像する。
すると、いつの頃からか、「これ以上は、他人に見せちゃマズイな」という線引きがわかる。
それが、作るときのふざける線引きだ。
ぼくはよく一人でやっている。

写真だけ。

2019.6.24 写真, 日々のこと

旅に行きたい。
 

才能があって丁寧な人と出会いたい。

2019.6.23 ビジネスの健康, 日々のこと

採用について考えていると、どんな人と働きたいか、ということだと気がつく。
ま、当たり前な話なんですがね、ただ、昔事務所に入ろうと思って、企業の採用募集なんかを見てみると「スーパーマンを雇おうとしてるのか?」という面の皮が厚い内容が並んでいたんです。
スーパーマンというのは言い過ぎにしても、「そんなに能力もあって、自分の適性が分かってて、やる気もあるんなら自分で会社なり、店舗なり始めるよね」という内容が並ぶ訳です。

そこでまた気がついたのです。
採用募集というのは、「どんな人に来て欲しいか」ではなく、「自分がどんな人と出会いたいか」なんじゃないかと。
そう思ってみたら簡単でした。

ぼくが出会いたいのは「才能があって、丁寧な人」です。
人から「あの人、才能があるよね」と言われるのは簡単です。
努力しまくればいいんです。
努力をして人に貢献できる力を持てば、十中八九、「その分野で才能がある」と言われるようになります。
才能=センスのように思われがちだけど、人から「才能がある」と評価されるのと、センスで勝負するのは別の話です。
まずは、努力をして、人から「〇〇の才能がある」と言われるようになること。
そこから、センスの勝負になります。
才能があって、丁寧な人に、勝負をする土俵を提供するのがぼくらの仕事。
そして、その才能はパンを焼くことでもいいし、掃除の才能でもいい。
どんなことでもいいから、才能があって丁寧なら、仕事を作るのはぼくの仕事だよなー、と思うのです。

写真だけ。縦位置。

2019.6.22 写真, 日々のこと

水の音が聞こえる。