ばあちゃんから習う。

2019.8.15 心の健康, 日々のこと

昨日の内容でもそうなのだが、ぼくは「恩送り」というのが好きらしい。
行為としても、言葉としても、好きなのだろう。
昨日は「あげる」と「もらう」についての話だったが、勘違いしやすいのは、こういう話をすると「見返りを求める人」と思われることだ。
けれど、そう思う人のことも、わかるようになったので気にしないようにしている。
 
見返りを求める気持ちが、少なからず自分にもあることは知っている。
それでも、はじめから見返りを求めると、つまらない言動になるのを知っているから、気が向いたまま、お節介を働くことにしている。
何かを提案するというのは、お節介をしてあげていると思えばいい。
そうすれば、提案を退けられたとしてもムキにならず、「あっそ」と気にしないでいられる。
すると、お節介を働くことが当たり前となり、いつの間にか「あげる」が当たり前となっている。
 
これに気づいたとき、ぼくは自分のばあちゃんを思い出した。
ばあちゃんは色んなことをしてくれた。
ご飯を作ってくれたり、毛糸で編み物をしてくれたり、麦茶をコップに入れて冷蔵庫で冷やしてくれたり。
細々したこともあげたらキリがないほど、いろいろなことをしてくれた。
だからと言って、過干渉ということではなく、自分の仕事を黙々とやる人だった。
やりたいことだったのかどうかはわからないが、いつも何かしらをやっていて、疲れたら昼寝をする。
ぼくの好きそうなテレビ番組がやっていると呼んでくれる、そういう人だ。
 
今でこそ、こういうことは、その人が大事じゃないとできないというのがわかるが、子どもというのは、これがわからず、拒否することがある。
そんなとき、ばあちゃんは「あっそ」という感じで、それ以上勧めてこないのだ。
 
ここまで書いて思い出したことがある。
母もそうだ。
母の場合は、「親だから言ってもいいことがある」という理論で説教をしたり、言うことを聞かせようという傾向があったが、大したことでない場合は、「あっそ」という感じで、拒むことを受け入れていた。
残念ながら、母はちょくちょく立場を持ち出してしまっていたので、こういう話のときは、ぼくの中では、ばあちゃんの方に軍配が上がる。
立場で言うことを聞かせようとする傾向は、父は絶対、母はときどきだった。
だから、父と母には悪いけれど、今日の話の主役は、ばあちゃんに譲ってほしい。
 
話を戻すと、この年齢になった今だからわかる。
やさしい人とは、ばあちゃんのような人のことだ。
お節介を働かせるのが怖いとき、ぼくはばあちゃんを思い出し、ちょっとだけ勇気をもらって、お節介をあげている。

「もらう」に慣れない方がいい。

2019.8.14 心の健康, 日々のこと

ひとつ気がついたことがある。
人によっては傷つくことになる内容だから、気をつけて言葉を選ばなきゃいけない。
まぁ、こういうことだ。
 
「もらうことに慣れると、結果的に自分の首を絞めることになる」
 
「あげる」も「もらう」も、一人きりではできないことであり、二人以上の人間関係になる。
この人間関係で「もらう」に慣れてしまうと、もらうことに慣れてしまった人は、一人では何もできなくなる。
ちょっと優しく言ってみても、その人間関係において「あげる」側になったことがないと、他の人間関係で「あげる」人になることは難しい。
「もらう」は基本的に、もらう人のためにあるからだ。
けれども、どんな人間関係においても、「あげる」を続ける理由はどこにもないのだ。
それは、親子関係においてもだ。
成人した子どもを、いつまでも家に置いてあげて、家事をしてあげる、育ててあげる理由はない。
密接な人間関係である親子関係でもそうなのだから、他人同士の関係ではなおさらだろう。
けれど、公平性を求めたら、気持ち悪い関係になっていく。
だから、通常の人間関係では、「あげる」と「もらう」は曖昧に行われているはずだ。
 
労力やお金をあげる代わりに、楽しませてもらう。
できないことをやってもらう代わりに、他のことをやってあげる。
以前奢ってもらったから、今回は奢ってあげる。
こういうことは当の本人に返さなくても、誰かに貢献する「恩送り」という方法もある。
 
恩返しや恩送りをいつもしないでいると、人にコンタクトを取るときは、自分が困っているときでしかなかったりするが、そういう人はお金をあげる「お客さん」という関係にならないと、関係性は壊れる。
今はメールとかメッセージアプリがあるから、相手のコンタクトをとってくる内容の傾向がわかる。
卒業した学友でも、相談事しかコンタクトを取ってこないとか。
それとも、「飲みに行こうぜー」や「遊びに行こうぜー」なのか。
相談事やお願い事のように、もらうことしか考えていない人は、やっぱり、人生が上手く回っていないんだよな。
本人に悪気がなくても、もらう傾向になってしまっているのだ。
仕事関係でも、何かを教えてあげている人の方が、相手から直接返されなくても、なぜか全体的に上手く仕事が回っている。
あげることをしてきた人は、やっぱり、相談でも依頼でも、頼られるもんね。
こういう積み重ねが、結果として現れる年齢なんだろうね。

変わったんだなぁ。

2019.8.13 心の健康, 日々のこと

「ありがたい」と思った。
例のお寺で蚊に刺されながら、コンビニの水饅頭とコーヒーで一服しているときに、ふと思った。
仕事の締切りはあるし、やることはあるんだけど、大きな不安はなく、日々を過ごしている。
そりゃあ、波はあるけれど、ジェットコースターのようなアップダウンではなくて、浮き輪で浮かんでいられるような波を感じている。
そういう日々が続いていることが、ありがたい。
昔、アート作品を作ることに追われているときも、事務所でデザイン仕事に追われているときも、そのときの何かに切迫させられていた。
それは自分自身でもあるし、環境がそうさせていたとも言える。
兎にも角にも、精神衛生上、あまりいいものではなかっただろう。
興奮はしていたけれど、楽しくはなかったんじゃないだろうか。
いや、楽しかったのかもしれないが、楽しさを超える切迫さを、自分に課していたような気がしているし、周囲から課されていたときは、これを躱(かわ)す術を知らなかったのだろう。
そういうことが、もうなくなった。
これからのことも書こうかと思ったけれど、まだ上手く言葉にできる感覚がしないので、今日はこの辺りで締めくくろう。

気づかない。

2019.8.12 心の健康, 日々のこと

答えがないまま書き始めるけれど、神宮前の花火大会に行ってて、思ったことがある。
 
「この場所で、小学校の頃の同級生と会っても、その人が誰だか分かんないだろうな」ということだ。
 
小学校でも、中学でも、高校でも同じことだろう。
当時の友達も、卒業して会うのは一人ぐらいで、連絡をたまーにとるのはもう一人ぐらい。
それも、高校時代の友人だ。
去年、仕事で偶然再会した一人は、打合せ中に気が付いて、終わってから声をかけた。
だから、小学校や中学校の同級生というだけでは、名前は覚えていても、顔はおぼろげだったり、あだ名しか覚えていなかったりしている。
そういう人と、これだけ沢山の人がいる球場内でバッタリ出会っても気づかず、普通の他人としてすれ違うのだろう。
中学は同じで、高校で離れて、浪人でバッタリ会った友人はお互いに分かったけれど、あの頃は面影が残っていたが、今となっては、お互いに面影という名残もないだろう。
 
そんなことを考えていた。
 
大学以降は、SNSのお陰で繋がってはいるが、顔写真が上がってこない人のことは、正直わからない。
そろそろ皆んな答えを欲しがる頃だろうが、この話に答えはない。
夢の中では、昔の同級生はよく出てくるが、顔はおぼろげだ。
目が覚めて、夢の断片を思い出して、夢の中に出てきた同級生たちの、現在のことを想像してみても、まったく思い浮かばない程度なのだ。
 
そういう人がいるんだな。

上手いの反対が当たり前にあることで。

2019.8.11 心の健康, 日々のこと

土曜日は花火を見に行きました。
先日、手土産に水羊羹を持って行きました。
それぞれで話された言葉--「夏らしい」。
 
夏に限らず、ぼくらは季節の風物詩を喜ぶ。
他の国の人たちは知らないが、同じなんじゃないだろうかと思っている。
 
夏であれば、涼を感じるもの。
冬であれば、暖を感じるもの。
秋であれば、満ちるもの。
春であれば、華やなもの。
 
もちろん、他にもたくさんあるけれど、共通しているのは、相反するものが季節を通してあることだ。
夏であれば、暑いことが夏だ。
だから、今年のような梅雨寒が続けば、どんなに暑かろうが、「待ってました」と言い合う。
この暑さが当たり前になる頃から、反対の涼しいものを欲しくなる。
そうやって、ぼくらは季節を感じることが上手になる。
 
そう、季節を感じることがなければ、夏に涼を感じるものは欲しくないのだ。
もしも、季節として当たり前な要素がなくなれば、ぼくらは季節を上手に感じることはない。
下手になっていき、感じなくなる。
はじめから季節がなければ、下手にもならない。
 
全部の物事って、実はこういうことだ。
工夫が上手い人、回転が早い人、料理が上手い人、多種多様な「上手い」はその前に反対の要素が当たり前にあったからなんだ。