2種類の慣れる。

2019.10.13 心の健康, 日々のこと

先日、「歳を重ねることは、死に慣れること」と書いたけれど、慣れるにも、「何も感じなくなること」と「そういうものだと認めること」の2種類がある。
死を何も感じなくなることは、どこか避けた方がいい気がしている。
一方で、誰もが死ぬと認めることは大事だと思っている。
認めた後で、だから死なないように医療技術を研究したり、健康寿命を伸ばすようにしたり、心持ちを整える方法を学んだり、人はいろいろな方向へ進む。
医療の専門家以外のほとんどの人は、心持ちをどうするかが、鍵になる。
治療は医者がやるし、健康寿命の付き合いかたもその専門家がいますしね。
彼らと関わりながら、自分の心持ちをどうするか。
それは、周りにいる人の死を経験することで、少しずつ予行練習をすることになる。
または、自分自身が病や怪我をしながら、少しずつ近づいていることを認識していく。
 
幸か不幸か、ぼくは物心つく前に腎臓病になり、子どもの頃はほとんど入院していた。
周りには同じような入院児童がいたのだが、そのときは、自分が普通とは違うことはわからなかった。
小学校に入学してから、自分が他の人と違うということを、親も含め周囲の大人たちから、これでもかと教え込まれた。
お陰様で、人よりもちょっとだけ早く、死について考えることは多くなり、それはつまり、生きることを考えることでもあった。
 
けれど、一番考えるきっかけを与えてくれたのは、高校入学してすぐに届いた、中学時代の友人の訃報だ。
中学まで、大きな病気を抱えているのは、自分一人だった。
だから、突然の知らせに、ぼくは動揺した。
本来なら病気を持っていた自分の方が先に死ぬと、勝手に思い込んでいたぼくは、自分が死ぬことについては考えていたけれど、友人が死ぬことは、まったく考えていなかったのだ。
つくづく、自分勝手な解釈だったと思った。
 
あれから、ことあるごとに、彼のことを考えるようになった。
ありきたりだが、もしも生きていたら、何をしたかったのだろうか。
そうやって思うすべてが、彼はできなくなったのだ。
それが、死ぬということ。
 
周りの人たちが生きている。
死ぬのは本人。
本人以外の他人の中に、彼が存在している。
けれど、この世の中のどこに行くことも、何かを成し遂げることも、何かになることもできない。
ただ、残っている不思議。
そして、残っているものがなくなったら、本当かどうかわからないものとして残るのか、なくなるのか。
親鸞の言葉たちと思っているのは、弟子の言葉でしかないのだから、本当かどうかはわからない。
そういうことになる。
 
そういう意味では、このブログもいつかはなくなるんだ。

天候のこと。

2019.10.12 体の健康, 心の健康, 日々のこと

今年の9月から英語を習っているのですが、11日の土曜日は休講となりました。
ま、いま日本に来ている台風です。
金曜日は夕飯の買出しでスーパーに行ったら、買い溜めなのか商品が届いていないのかは分かりませんが、棚に陳列されているはずの商品が、かなりなくなっていました。
震災のときとまではいかないけれど、卵も肉もなくなっていて、試しに惣菜パンのコーナーを見たら、やっぱり品切れでした。
いや、いいんですけど、「備えあれば憂いなし」と言うけれど、「そんなにかい」とも思うわけで。
停電は大変だったみたいだし、「もしも自分の地域で起きたら…」とも心配したのかもしれませんが、もうちょっと泰然としているとかできないですかねー。
少なくとも、仮に想定している災害が起きたとして、「自分たちは買い溜めしたから良かったね〜」と言いながら、ぬくぬく生活できるのでしょうか。
いや、そうしたいから、買い溜めをするのかな。
ま、商品が届いていないだけかもしれないけれど。
 

話は変わり、11月にドイツを訪れる予定なのですが、現地で着る服を、どうしようか迷っています。
「1ヶ月ほど日本よりも気温が低いこと」は、調べていて知っているのですが、なかなか予想を立てられなかったのです。
そもそも、12月にどれだけ着込んでいるかとか、どの上着を着ていたかなんて、覚えていませんから。
だから、夏には相当悩んでいたのですが、今頃になって、朝、日陰を歩いていると予想がついてくるのです。
37年間経験していることなのに、忘れていることもあるんですよね。
忘れるから悩むんですが、忘れるからまた楽しいこともあるわけです。
秋刀魚の美味しさとか、焼き芋の美味しさとか、おでんの美味しさとか、覚えているようで忘れているから、また食べたくなるんです。
思い出してくるというのは、徐々に輪郭が形作られてくること。
完成された輪郭を思い出すのではなく、おぼろげな部分があるから、また楽しみになるんだ。

マッピング。

2019.10.11 ビジネスの健康, 日々のこと

施策の計画を立てるとき、ぼくは色んなところでマッピングを勧めるんですが、初めてやる人は、どうしても下手なんです。
正解も不正解もないのに、すぐに筆が止まってしまう。
ちなみに、マッピングというのは、連想ゲームのように、「あるもの」と「別のあるもの」を結びつけていく思考方法です。
最初に基点となる単語を白紙の真ん中に書いて、この単語から連想されることを書いては繋げていく方法です。
ひとつの単語から、ふたつの単語が連想されるのなら、ふたつの方向へ枝分かれします。
みっつならみっつに枝分かれして、それぞれ連想させていきます。
たったこれだけのことです。
紙とペンがあれば、誰でもできます。
 
けれども、初めてマッピングをやった人は、大抵、A4一枚を埋める前に終えてしまいます。
文字がデカいとかって反則技はなしですけど、それでも、馬鹿デカい大きさの文字で書く人もいないので、やっぱり、心の壁が大きくて強いのです。
 
だけど、それでいいのです。
どれだけ自分の心の壁が大きくて強固なものなのか、視覚化されるのはとてもいいこと。
その後の対策が立てられますからね。
 
もうひとつ、マッピングですぐに筆が止まってしまう人の特徴は、ひとつのアイデアで頑なになりやすいこと。
ひとつの課題に対して、ひとつの回答で解決しようとしているのは、アイデアとは言わないです。
ひとつの回答で、ふたつみっつの課題を解決できるのが、アイデア。
これ、先日読んでいた『岩田さん』という本にも書いていたのですが、まさにその通りです。
そういう意味では、一問一答で会話を進めたがる人ほど、マッピングは不得意かもしれません。
 
なぜなら、マッピングをして、その後の施策がうまくいきやすいのは、枝分かれして、紙の両端まで広がっていった対極にある単語が繋がっている場合や、別の単語を基点にしたマッピングでも、同じ単語が何度も出てくる場合です。
これは多ければ多いほどいい。
繋がるということは、その単語は、それだけ出会うことが多い訳だから、自ずとキーワードになり、たくさんのことを一気に解決できるアイデアになります。
つまり、この状態に至るためには、真っ白だった紙が、単語と線で埋め尽くされている状態になっていなければならないからです。
この状態で話をしようとしたら、一問一答の会話はできません。
 
何か施策を始める前、頭を整理し、仮説を立てるためにも、マッピングはおすすめです。

慣れること。

2019.10.10 日々のこと

「死に慣れる」と言ったら不謹慎に思われるかもしれないが、人生を積み重ねるのは、これと同義でもある。
物語の死、遠い生き物の死、遠い人の死、知人の死、友人の死、仲のいい友人の死、ペットの死、親族の死、家族の死、恋人の死、配偶者の死、子どもの死、孫の死……歳を重ねるにつれて、死にまつわることを経験することは増える。
すべて他人の死だけれども、そのどれにおいても、自分のポジションは違うわけで、だから、すべての死にまつわる体験は、初体験なのだ。
 
日本語では、死を経験した他人との関係を、「別れ」という言葉で表現する。
だから、死に慣れるというのは、お別れに慣れるということでもある。
スピリチュアルに、死んだ人と想像上で会えることもあるが、それでもこの地上では「別れ」ている。
だから、死に上手な人は、生きている内も、別れ上手なような気がしている。
また、どこかで会えるような。
会ったら、気持ちよく再会できるような、そんな別れ方をしてくれる。
それが、「別れ慣れている」ことでもある。
どこかを辞めるとき、誰かと別れるとき、離れ離れになるとき、そのすべてを上手くやれとは言わないが、いつか来る日への予行練習でもあるんだ。

これもタイミング。

2019.10.9 日々のこと

映画『JORKER』を観てからの感想は、一日経っても変わらなかった。
ぼくが自分の仕事について話をするとき、「自分の得意な仕事が犯罪じゃなかっただけ」と度々言うが、まさにそういう映画だった。
主人公が選べたのが、犯罪だっただけなのだ。
世の中は主観でできているし、主観の中で似たようなものが多くなれば、それが世間の常識をつくっている。
法律の元になっているのも、多くの人が困らないようにするためのものなのだから、これも同じことだ。
 
この手の話をするときに、デザインの歴史をよく話す。
大昔、手仕事というのは賎しい仕事だった。
詩や音楽など、手を使わないで生み出せるものが崇高な芸術として認められ、絵画や彫刻などの手仕事は、賎しい仕事として思われていた。
この意識を変えたのが、ルネサンスであり、絵画や彫刻が崇高な仕事として認められるようになった。
 
しかし、デザインはまだ、賎しい仕事だった。
これを変えたのが、ウィリアム・モリス氏たちのアーツアンドクラフツ運動だった。
日本では遅れること、亀倉雄策氏たちがグラフィックデザイナーという言葉を流行らせ、それまでの商業美術とは違って、ひとつの確立されたジャンルとして日本に定着させた。
 
粗悪なデザインが街中に溢れていることは置いといて、現代において、デザインが賎しい仕事と思っている人は、少ないのではないだろうか。
けれど、そう思われていた時代はあったのだ。
 
結局、生まれた時代や環境が違うだけで、多くが変わる。
これも、昨日書いた、「タイミング」ということなのだろう。