Archive for 2008.11

『髪の毛』という一本の線

2008.11.29

漸く「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展を観に行けた。混雑のことは予々聞いていたが、やはり勿体ないほどの賑わいであった。ハンマースホイの作品たちを観ていると、その副題の通り、静かに深く染み入ってくる作品たちであり、モチーフなどのリズムによって清らかで美しいハーモニーの中をたゆたう作品たちであるからだ。たった一枚であっても、日の入るリビングやアトリエなどに飾り、お茶やコーヒーを飲みながら観ていたい、変わりゆく自然光の中を静かに眺めていたい作品であった。

その後、「ダレン・アーモンド」展を観て、今回はシリーズものの中から日本に焦点を当てた展示構成になっていた。日本人特有の空間や(図と地の)地の使い方をよく表されている作品であり、今月京都で茶室や襖絵などを観てきたばかりの自分としてはより一層身近に感じられた。

展示を観た後、展示中の写真新世紀東京展のレセプションに参加した。最近は特に多いが、そこで色々な方と話をしていて、作品や名前の方が作者本人よりも先行していく業界に芸能との違いが印象深かった。

そこでとても嬉しかったことに『髪の毛』という作品のことを僭越ながら述べさせて頂く。

『髪の毛』というのは「ギフトⅤ」の中のひとつであり、物理的なことをいうのならば、単に線が一本引かれているだけの作品である。そして、「ギフト」シリーズの中の一枚という位置づけを与えられていると思われる。
髪の毛にまつわる作品を挙げるのならば、以前にもいくつか存在し、たとえば昨年の『生きている』という作品の中では髪の毛が自立的な生物として群れをなして登場している。その他の髪の毛が登場する作品も『生きている』と似たような性質を持っているのだけれども、『髪の毛』という一枚はそれらとは全く性質を異にする作品であった。線を引くのではなく、「線を描け」ということと、撮影に失敗した4×5ポジフィルムを生き返らせ既存のフィルムでは得られないほどの美を描かなければいけないということに精力を注ぎ込み、それは即ち、藝術家としての全てがたったの一筆に込めなければならないことでもあった。勿論、他の作品も手抜きはないが、『髪の毛』という一枚は違っていた。極度の緊張から筆を進めるまでは身体の全てが強張り、上擦っており、その今から描かれるフィルムの前にどれくらいの時間、身動きとれずに対峙していたかは今でも恐ろしくなる。静止していた時間が数秒であったかもしれないし、数時間であったかもしれない。しかし、いざ一筆描いているときは、無駄な力が存在しなく、書き終わる頃(ものの数秒)には「これ以外にはありえない」と一瞬にしてわかる線であった。そう、精神が昇るより形而上的な部分での昇華がある一方、肉体的には憔悴しきっていた。
プリントをしているときにもあるが、格別に次元が昇る一枚というのがあるが、『髪の毛』という作品はまさしくそういう作品であった。

そして、遠矢美琴さん(企画ギャラリー・明るい部屋・オーナー)から『髪の毛』のことを話されたとき、とても報われたような嬉しい心になった。

Pocket

去年と今年2

2008.11.23

webのニュース欄を更新してもらいました。もう何度も何度も書いているから周知のことだと思うが、このホームページ、ブログ以外は友人のヨシダ君にやってもらっている(ありがとう!)。そして更新してもらって気付いたことがある。一年の締めくくり方が去年と同じだということ。写真新世紀→カラーイメージングコンテストの流れが全く一緒なのです。それを見越してか偶然か、現在、写真新世紀で展示中のポートフォリオ内最後のセクションにある『止揚』は、カラーイメージングコンテストで観ることができる『止揚と共生』の素材です。是非、両方とも御高覧ください。

話は変わり、現在創作中の『最期の自然』、『drunker drunker』ですが、『drunker drunker』の方をやるとどうしてもお酒が飲みたくなるのです。そしてそれが終ったあとの・・・が美味いわけですね。

今日はコロナから始まりました。

再び話は変わり、昨年と今年で異なってきた点は、「取材に時間をかけるようになったこと」と「身体へのメンテナンスの仕方が変わったこと」の2つが顕著かもしれない。以前は身体を鍛えるということを主軸として身体への意識を高めていたのだけれども、今年はストレッチに時間をかけるようになった。年を経る毎に身体の稼動域は落ちていくわけで、自分でも気付かない内に作品への取り組める限界値は下がっていく、と考えている。そして、上手い具合に精神性だけが伸びていくということはかなり稀なケースなわけで、精神性と身体性は切っても切れない関係だと考えられるだろう。だからこそ、年を重ねるにつれて10代、20代前半以上に身体への意識向けはしなければならない。それは30代、40代・・・と年齢が増えるほどそうだと考えている。

Pocket

今年と例年

2008.11.20

昨日は創作後、アンドリュー・ワイエス展→津田直展→画心展→専門学校時代の方々の展示をまわる。ハンマースホイも観に行けるかと思っていたら時間的に無理になってしまい、かなり残念。

ワイエスというと、今年始めのドラマ『あしたの、喜多善男』でキーになる画家でしたね。疲れきっていた時期に放送されていたためか、主人公の喜多善男に感情移入していき毎週欠かさず観ていたドラマだった。寒い時期だったので布団にくるまりながら時に泣き、時に笑いながら観ていた・・・段々、ワイエスから外れてきた。

そんな風に始まった今年だったけれども、振り返るととてもあっという間という感じと、長く感じたというのが両立していた年だった。多くの方と知り合い、また一方では離れ、信じることと信じられないということが併存し、人生としては当たり前のことが凝縮されていた一年ではなかっただろうか。

そして先日、今年知り合った方の一人、秦雅則さんとお酒を飲みに行った。カウントゼロというバーに連れて行ってもらい、そこでは小野寺南さんという方が「写真」を展示していた。その「写真」たちを背後に、僕たちはお酒を飲んでいた。トマト焼酎・・・何がトマトだったのかはわからないがとても飲みやすい焼酎だった。そういえば今年は色々な焼酎や日本酒を飲んだ年でもあった。一緒に飲んでいて思ったのは、とても真摯に考えを疑問系にして作品に出せる人なのだなということだった。「審査会のときなどにどんなことを話すんだろう」と思いを巡らせながら電車に乗っていると乗り換えを乗り過ごし、乗り過ごし、乗り過ごし・・・結局、終電。ちょっと余裕をもたせてお店を出ても終電を使うはめになるあたりは例年通りだった。

そして思う、今年を振り返るのはまだ早い。

Pocket

魂と心

2008.11.16

怒濤の先週からさすがに本日は寝てばかり。

unkieのライブに行き、いつの間にか前の方で楽しんでいた。終了後、興奮冷めやらぬまま、ニックと名乗った外国人とモノクロームのモノグラム柄パーカーのクールボーイと叫んでいた。魂をえぐるような音楽に勝手に身体が動いていた。

その翌日からは、仏像や寺院などを拝観しにいき、中尊坐像の前にいたときは心を射抜かれ、迷いと結局の答えを見透かされているようだった。

そうこうする内に過ぎていった。

これが、人の道なのだろうか?

Pocket

鳴る喉

2008.11.10

エキシポート→創作→創作→下絵

相変わらず喉が鳴っている。猫はごろごろと喉を鳴らしているはずだけれども、自分の場合、何故かかすれて喉が鳴っている。

今やらせて頂いている作品というのは、1つは3年前から構想し今年になって急展開したことによって作品化されるもの。もう1つは、時間と酔狂をテーマに。

お酒を呑み、呑み、そして呑んだ日の朝は、酸味のあるコーヒーをわざと渋味を利かせていれる。それを本日のような薄曇りの空の下のベランダで飲むと、冬が始まることへの身支度を細胞がふつふつと始めだす。

Pocket

エントロピー

2008.11.10

今日、詳しくは昨日、大学時代の友と指し呑みをしていた。その人というのは、自分がこちらの道に進む前から自分のことを信じてくれていた人であり、数少ない僕が信頼している人のうちの一人だ。

そこで、プライドというものと信念というものの話にもなり、結局自分は「作品に従いながら闘い、共生していくこと」に作り手としての誇りを抱かなければいけないし、それ以外は出来ないという結論に至るということだ。おそらく、現代の流れに乗るような作り方をすれば、今以上に不自由しない暮らしが出来るのだろうが、それは一時の記憶には残るけれども、真理には到達できないだろうし、人類の記録、記憶にまで昇華できないのだろうと予測ができてしまう。そして「一時の」に走ってしまった現代美術が陥ってしまったのが、藝術の歴史上、最も質の低い状態にしてしまったのだと考えられる。エントロピーについて考えることが出来れば、容易に考察できることでもある。

だからこそ、自分はこのままでいるべきなのか、ということを考えてしまう。僕が残るのではなく、作品こそが残るような時代になって欲しいし、なるべきだと考えられる。

Pocket

Sharpen Sense

2008.11.8

「ブックマークのお気に入りに入ってますよ!」というお言葉を頂いたので、調子に乗った自分は更新してしまう。鼻がね、ぐんぐんぐんぐん、伸びていくんですよ。

友から江戸川乱歩の本を借りたので読んだ。乱歩ファンの方々には大変申し訳ないのだけれども、以前、自分の作品を観た人から「乱歩みたいな作品だね」と言って頂いたことから、江戸川乱歩には親近感のような感情を持っている・・・あまり読んだことはなかったのだけれども。

内容が明らかになると不味いと思うので、書名は挙げませんが、痴情関係が理由に事件を起こすことにいささか疑問が残る。「まぁでも、普通はそうなのか?」と考えてみるが、何故か今回はあまり腑に落ちない。推理することを楽しみすぎて、それが終ってしまったという物悲しさも手伝っているのだろう。

本日、ちょっとしたことで地元に戻っていた。地元の空気が好きだ。駅前は整えられてしまったが、電車を降りた瞬間から皮膚に突き刺さってくる空気がある。先日友と呑んでいるときに「朝霞って乾いているよね」と言っていたが、かなり的を得ている言葉だと思った。「神経を磨がせ」と言われているような町の空気が好きだ。

Pocket

「抜く」ということ

2008.11.7

メンテナンスのためだとかでメールチェックができない。そろそろ会社を変えようかとも思うが、もろもろ面倒くさいので・・・。

昨日は刺激的で不思議な出会いがあった。幸運にも幾人かの作品と作者の方々と出会うことができ、そこには作品と作者との対話(言葉)と確かな行動が存在していた。嬉しい出会いだった。
邂逅というとスパークが生じたような印象だけれども、マグマが生まれたような邂逅があった。自分は硬いが、「抜け感」を持ち合わせながら動けている人・作品との邂逅が昨日にはあった。

以前も書いたことがあるが、「抜く」というのは生温いということではなく、無駄な力みがないということで、それは動くにあたりとても重要になる(「手を抜く」と「抜く」というのは違います)。

昨日、「大琳派展」を観に行ってても感じていたことでもあり、そこに自ずと意識が向くことが、自分が日本人であるという特徴でもあるのだろう。

秦 雅則さんという方です。企画ギャラリー「明るい部屋」による活動もしているようです。

http://hatamasanorihata.ganriki.net/
http://akaruiheya.info/

Pocket

光の文字

2008.11.5

どうやら先日の酒場でダニなどに喰われていたようで、以上なくしゃみ量の原因がそれではないかとわかる。

『中村桂子対談集 ゲノムの見る夢』を読みながら眠りに入ると、暗闇の中で対談が音声化され、暗がりの球体の中に浮かんでいるような感覚を抱いた。音声による言葉が、球体に光の文字として現れ、いつしか光の言葉たちに包まれている、という不思議な感覚だった。

Pocket

指先の感覚

2008.11.4

今日もかわらず現像。完全暗室下ではなく、ダークバッグに腕をつっこんでフィルムをリールに巻き付けるやり方。完全暗室下で巻き付けると、(実際は見えていないが)見ている感覚があるのだけれども、ダークバックという布が二枚隔たっていると完全に視覚が遮られている。あるのは道具類がこの中にいるという意識と、指先の触覚のみ。しかも量が多い時はLPLのタンクを使用し、それは余計に巻き辛いために、指先への意識の向かわれ方は日常ではありえないほどのものになる。それと一秒に対する感覚も、普段とは段違いの差で高くなり、それは日常にも影響してくる。回ってくるのだ。

(10月24日の内容です)

Pocket