Archive for 2014.9

映画の話。

2014.9.26

『ザ・イースト』という映画は、なかなかいいと思った。主演女優は綺麗だし、誰もが少なからず抱いているだろう、「企業の環境破壊は、トップや重役が責任を被れ」という想いが描かれている。劇中で描かれているやり方に疑問を持つ人もいるだろうが、環境が汚染されていく様にどう対処していいのかわからない人達や、その被害を出し続けている当事者への制裁は必要なのでは、と思っている人達には、どう映るのだろうか。
 
甘いと思うのか、やり過ぎと思うのか、主人公のように違うやり方を見つけるのか——人によって、違うのだろうが、僕にはどんなことにおいても、少なからず「目には目を」という考え方がある。しかし、それをどう傷つけずに、気付かせ、変えていけるのか、難しいことだ。善と悪とで決着をつけようとすれば必ず、暴力が生まれる。
 
そういった「問い」を投げ掛けるだけで終らずに、主人公が別のやり方を見つけたように、「あなたのやり方」を考え、発見させる映画となっている。

Pocket

“WAVE”について。

2014.9.23

昨年から波に会いに行くことが増えた。静かな波も好きだが、しぶきを立たせる勢いのある波の方が今は好きだ。こういうマントがあれば包まれてみたいと思うし、それは女性だったと気がつく。そのエロさに惹かれているのだろう。波は女性だ。包まれ、翻弄され、命を捧げることになる。そういう自然の圧倒的な存在感に安心するのは、一人では生きられなかった胎児の頃の自分を思い出すからだ。こういう時があったのだと。たとえ人類が自分一人になったとしても、制作を続け、それは藝術でも商業美術でも構わなく、同じことをしている自信を持ってしまった今、あの頃の人類の記憶が懐かしくなる。それを思い出し、自分が生命の記憶を脈々と受け継いでいることに安心する。自分は地球に守られていて、いつでも殺されることが出来るのだということに、安らかな涙がこぼれるのだ。
 
I increased opportunity for go to river. I like intense wave also calm wave. I hope to be rapped this wave, and notice this is woman. I remember when I was a fetus, cannot live alone. This memory give a sense of security for me.

Pocket

昨日のこと。

2014.9.21

静かに暮らしたい。右の首の付け根が痛むのも手伝って、曇天ゆえの出不精の言い訳を考えている。でも、美味い酒を呑みに出掛けるだろうし、自然と人工物の中間を愛でるだろう。南方熊楠氏の萃点の思想に久し振りに触れて、自分の求めていた場所を思い出した。
 
何をする必要もなく、何処に行く必要もなく、何かを手に入れる必要もない。全ては、天と自分の関係を信じることから始まり、いつでも笑って死ねる自信にて終わる。
 
何を作るのかも藝術の神様によって決められていて、それでいて自由になれる。私が別の人になれば、その人が中心(萃点)となり、四方八方へと別の関係性が生まれる。そうして、全てが繋がり、環境によって自分が作られながら、自分が認識することで環境が生まれることに気付き、それが安心感と祈りの気持ちに変わっていく。

Pocket

故郷を愛せるか。

2014.9.20

生まれ故郷以外の国や文化、宗教の方が肌に合う——そういうことがあるのは一向に構わないが、肌に合ったもの以外を非難するのはいかがなものだろうか。どうせなら、生まれ故郷に馴染める方が、人間として生まれてはいいものかもしれないが、それさえも本当はどうでもいいことであり、自分と合うものを見つけるか、自分が適応するかのどちらかだ。
 
それにしても、アメリカ、ヨーロッパ、タイ、インドなど、僕ら日本人はどうして日本を愛せないのだろうかと常々疑問に思う。もちろん、僕も日本の年功序列や海外贔屓、変化を恐れる風潮は馴染めない。しかしだ、それを差し引いても、僕は日本を愛している。愛国心やそのために戦争をしようとは思わないが、日本の季節や「をかし」を理解する遺伝子が好きだ。 
 
そして、欧米だろうと、他のアジア圏だろうと、結局は同じ終着点に向かう思想を持っている。それにも気がつけば、他の国を特別に愛でて日本を批判するのではなく、他の国も日本も愛でることができるのではないだろうか。

Pocket

民族衣装の不思議。

2014.9.15

昨夜、沖縄料理店で呑んでいましたが、店員さんが民族衣装を着ていました。いつ見ても民族衣装は面白いと思います。というのも、どの国の民族衣装もそうですが、機能性は低く思われるような格好であり、仰々しいように見える装飾品を付けています。そして、何故か「美しい」。
 
街中で見かけたら可笑しいのかもしれませんが、TPOに合わせて着ると、環境との相乗効果か、とても美しいように見えるものです。
 
最後まで髪飾りを見つめてしまいましたが、その不思議さは消えませんでした。
 
店内には、他にもお客さんがいたので、民族衣装を着ている姿をボヤ〜っと想像してみたのですが、あまり似合わず、店員さんと比べてみると、店員さんが皆、顔立ちがはっきりしながら頬が健康的にふっくらとしており、全体として健康的なやせ形だと気がつきました。
 
あぁ、そうか。民族衣装には土着的な意味があり、人間にも土着的な遺伝があるので、それが通じていないと、似合った着方は難しいのかもしれない。
 
もしくは、着ていくうちに民族衣装が似合う体になっていくのかもしれないですね。

Pocket

想像と夢の違い。

2014.9.14

最近、星を見ていないことに気がついた。都心の中にある広場で、川を前にしながらベンチで横になっていた。昼間だったので、星を見ることは叶わないが、夜空を思い浮かべることは出来た。
 
映画を観終わった後、同じ場所に戻ってきて、本当の夜空を見ていたが、星はなかった。
 
想像する力を持つことの良さは、こういう時だ。しかし、一方で、実際に目で見ることの強さには及ばない。どんなに愛おしい人でも、死んでしまい、想像でしか会えないのなら、やはり、ぼんやりしてしまうのだ。
 
唯一違うのは、夢の中で会える場合だ。夢を現実と感じることが出来る体質なので、夢の中で出会う人達は鮮明であり、夢ではない現実では会えない人達も、そこでは生きている。一緒に歩き、おしゃべりをしながら食事をして、仕事をする。そんな日常が、夢の中でも起きている。

Pocket

あなたはどちらだ。

2014.9.13

クリエイティブの価値が安すぎる——常日頃から、そう思えて仕方がない。よく言っていることだが、僕は「時間・労力・金銭・感情」の4点から、コストとメリットを考えている。各項目で差し引きをし、総合的にメリットの方が高まるように行動を決定しているのだが、気付かないだけで、それは誰でも同じだろう。
 
そして、何故か日本では、金銭を悪と見なしながら、ケチる癖がある(言葉は悪いが、やっていることはそうだろう)。
 
殊にクリエイティブで、依頼者と制作者の間でこのようなことが生じる場合、どちらにも問題があり、依頼者は制作にかかる金額に対して「高い」と感じることが多いようだ。そして、双方が知人であり、友人であると「感情」を売り文句にして依頼をしてくる依頼者が増えてくる。つまり、「0円」だ。
 
クリエイティブを仕事にしていると、必ずと言っていいほど、こういう話がやってくる。
 
「感情に訴えかけて依頼をする(依頼者)→制作(制作者)」
 
物々交換の時代だとしても、成立していないことがわかる。これを続けていれば制作者は餓死することになり、依頼者が殺したことになる。僕も「0円」で制作することはあるが、それは、
 
「感情が動く(制作者)→制作(制作者)」
 
という具合に、感情を自分自身で決定しており、これは至極当然なことである。感情は誰かに決めてもらうことでも、押し付けられるものでもない。どんな場面に遭遇しても、それをどう感じるのかは、自身によるものだ。
 
それでも、「0円依頼」がそこかしこで起きるのは、「考える」ということがとても安いことになっていたり、考えがなくても制作が出来ると思われているのだろう。「考える」ということは、「感情」のコストを支払っているということだ。だから、「感情」をメリットとして依頼をしたとしても、制作で「感情」の部分を使っているのだから、それ以上のメリットである必要がある。つまり、
 
「感情に訴えかけて依頼をする(依頼者)→考えて(感情を使って)制作をする(制作者)」
 
ということであるが、実際には制作に時間・労力・金銭が発生するので、
 
「感情に訴えかけて依頼をする(依頼者)→考えて(感情を使って)制作(時間・労力・金銭を使って)をする(制作者)」
 
ということになり、結果的に、制作者の方がコストを支払う状況になっているのだ。そんな状況をクリアーにする簡便な方法として、金銭が存在しているというのに、依頼者はケチるのだ。
 
そんなんだから、気っ風がいい大人と出会うと、「この人のために何か出来ることはないか」と想い、頑張るのだ。制作者を餓死させる依頼者がいる一方、手助けしたいと思わせてくれる人がいる。気っ風がいい人というのは、こういうところで、強いのだ。

Pocket

今も流行っているのか?

2014.9.7

時間が出来たので、美術館に映像作家の作品を見に行ったのだが、「これが今でも日本で流行っているのか?」と驚いた。
 
最初に見たのが、異なる人種の両親を持ちながら、どちらの国とも違う場所で育った自身のアイデンティティを探る作品であり、他の作品群も、アイデンティティを探るようなものだった。つまり、「自分探し」の作品である。
 
日本でも、僕が高校生あたりの頃から大学生ぐらいまで流行っていたと思われるのだが、僕が気付かないだけで、今でもこういうものが流行っているのだろうか。
 
アイデンティティをはじめ、不確かなものには、「不確かなもの」という答えが既にあり、それ以外の価値は、人の作りだした偏見でしかない。水は形を変え、海となり川となり、私達の体を流れる。一度たりとも、同じ形を形成しない。それは人間のアイデンティティやコミュニケーションも同様であり、不確かなもので、常に誤解があり、共有が出来ず、時間と共に流れていく。
 
そんな、アイデンティティを定まっているものとして捉え、コミュニケーションで共有できると思い込む偏見が、不安を生み、「こんなはずじゃない」と怒りを生むのではないだろうか。
 
「流れるもの」という当り前のことを、認めれば、心はラクになる。

Pocket

終らせる社会。

2014.9.6

自分の道を決めた人にとって、それ以外のものというのは必要ないのだな、ということを頻繁に感じる。これは、自分にも他人にも当てはまり、僕は制作、クリエイティブで社会を変えること以外は、どうでもよくなっている。それ以外のことを何かしても、自分にとっての特別レベルの価値を見出せなくなっている。何故なら、同じ性質のことで、自分に合ったやり方を知っているからだ。別の方法の存在は認められるし、その方法が合う人達もいることも、当然である。
 
だから、知人や友人たちにも、「早いとこ自分の道を決めた方がいい」と言っている。突き進んだ結果、違う道が見えるのは当然であり、新たな道が今まで歩んできた道と融合できるのかどうかは、案外どうでもいい。だって、突き進んだのなら、その分、別の道でも活かせる力を持っているからだ。絵を描き、音楽を奏で、心理学を学び、写真を撮り、デザインをやり、ブランディングを考える——全てが混ぜこぜになり、活かせられるし、無駄なことなどなかった。
 
突き進むワクワクが、迷いや不安に負けるときに、人は他人を道連れにしようとする。その負の連鎖を、日本社会でも終わりにしないか。
 
安定するお金と、冒険心——それがあれば、人生は楽しく、喜びに溢れている。

Pocket