Archive for 2013.7

未来の体

2013.7.31

昨日の今日でアレですが、体が動かなくなるときもあります。「足の感覚がおかしい」、「腕が痺れる」など微小な不調をどうするかということが、これから歳を重ねる課題にもなってくるのでしょう。体を作るってことは、年齢を考えるってことでもあるのだな、と思いました。そして、年齢を考えるってことは同時に、未来を考えるってことだな、と気づきました。作りたいものがあるからね。

Pocket

体の、、、

2013.7.30

限界はどこにあるんだろう、と不思議に思いました。365日朝から日付が変わっても仕事をして、考えたり、動いたりしています。そんで運動もして、飲みに出かけたりもします、、、いつかバタっと倒れる日が来るのかもしれませんが、何かね、どうしようもなく楽しいんです。

その理由はやはり、成長を感じているからでしょう。人生において、これほど楽しいことはないです。作品つくるのだって成長が楽しいんです。体のキツさ、怪我、色々ありますが、うまく付き合っていくしかないんですよね。楽しさを知っているんだから。

Pocket

終わりを考えること

2013.7.28

紀里谷和明さんの短編を観ていて、「あぁ、本当にそうだ」と感じました。主旨は違うかもしれませんが、空がこんなにも青いというだけで僕は幸せになります。以前にも話しましたが、僕は自然の中に入ると、ただ寝そべって何もしません。食料が欲しいときは食料を探しましたが、今のようにその日の内に帰ってくる場合は、寝そべっているだけです。
 
人間が作った社会システムや偏見、「こうじゃなきゃいけない」という思い込みや恐れの総体を相手にして、せめて自分よりも若い人達が馬鹿みたいな苦労と遭遇しないで済むような社会にしたいと動き、話していること。けれども、自然の中に帰ると「こちらが自分の終の住処だ」と再認すること。
 
どちらも真実ですし、いつ死ぬかわからないのが人生ですが、終わりを頭の片隅に置いておくのは、順序立てて今を考えることができます。
 
真面目風だったり、取り繕ったりすることが日本の世の中を流れるのに適しているのでしょうが、でもね、終わりを考えないでいると、裏で批判をしているイエスマンの完成でしょ。だったら、ちょっとした時に、終わりの瞬間、どうありたいか、どういう自分でいたいか、どういう社会にしていたいか、を考えても損はないはずです。

Pocket

そっと置いとく

2013.7.27

「ふふふ」だとか「へへへ」だとかっていう種類の笑いがあります。僕が予想する限り、照れ混じりだったり、機微による和みがある場合に出てくるでしょう。

また「こうじゃなきゃいけない」、「あぁすべきだ」っていう時には出てこない笑いでもあります。

そして、今の日本が後者の小さな笑いが出にくい社会だということも、みんな気づいているでしょう。

そのことと関係があるのか、批判や罵倒、叱咤激励では僕は動かず、悲しみでは動いているかもしれないと思いました。

仲間の不安を減らしたかったり、喜ばせたかったりするのも、悲しみをそっと置いといて、笑顔を見ることができるかどうかが社会に留まっている理由かもしれませんね〜。

Pocket

やっばいな〜

2013.7.27

「仲間を悲しませちゃいけないな」と思いました。怒られたり、説教されたりなんてことじゃ、僕には響かないことが多いのですが、自分のしていることで相手から悲しみの匂いを感じると、響きます。
 
笑って死ねる自信と、生き切った感、そして「やりたいことをやる」という意識で動いているため、他の人達、特に仲間や近しい人達に心配してもらうことが多いのですが、その中でも「悲しみ」を抱かせてしまうことがあります。なぜ、そこで響くかというと、「悲しみ」はわざと発信する(言う)ものではなくて、本人が気付かないほどの微量が漂ってしまうものであり、確実にその人は「悲しみ」に心が倒れたことがある人でもあります。
 
そこから立ち上がるのは容易なことではありません。
 
にも関わらず、僕の言動で悲しみからの心配をさせてしまうのは、僕は酷いことをしたということです。それでも、僕の「やりたいことをやる」、「楽しくなっちゃう」性質はなかなか変えることができません。なので、上手い折衷点を見つけようと思いました。休んでいる様子を見せるとかね。

Pocket

ないにあるもの

2013.7.26

何もない、ということは本当なのだろうか、と思いました。話すことが何もないということは本当なのだろうか、ということ。頭のなかで考えていることを、そのままはなしていいとしたら、誰でも何かしらは話せると思いました。じゃあ、何が話すことを邪魔しているのでしょうか? 馬鹿にされるかな、否定されるかな、という不安。もしくは、今は話す必要性がないという自尊心とかね。そう思えば、話すことが何もないというのではなくて、自尊心や恐れがあるといった方が正しいのかもしれないね。

Pocket

空を見上げる

2013.7.25

今週号の「あひるの空」を読んでいて、登場人物が空をニッコリと見上げるシーンに、グッときました。

その人は高校三年生のバスケ部だったのですが、県予選で負けてしまい、事実上の引退になってしまったのです。主人公チームが県予選で敗退、しかも、もう一度戦いたいと闘志を燃やしていたチームがインターハイで優勝、主人公と似た背の小さい選手がMVP、、、ちと、やり過ぎな感じがしていましたが、今週号の笑顔で腑に落ちました。

この漫画が好きな理由は、「立ち上がる」からです。やり過ぎなぐらい負ける漫画なんですが、必ず立ち上がる。しかも、笑うんです。

これね、底から立ち上がった経験がある人ならわかりますが、怒りじゃそのうち立ち上がれなくなるんですよね。希望を作ろうっていう、楽しい方を作ってやろうというのじゃないと、立ち上がるのは難しいんです。

ほんと、いい漫画です。

Pocket

楽しい馬鹿馬鹿しさ

2013.7.24

楽しくないーーとても大変なことだと思います。僕らが体が壊れそうになっても、仕事を続けられるのは、楽しいからです。少なくとも僕はそうですし、楽しくなければやる意味さえないとまで言えるかもしれません。

だから、仕事で楽しくないと聞くと、どうしたら楽しくなれるかと考えるのですが、どういう訳か僕が考えると「とても馬鹿馬鹿しいこと」を思いつくんです。しか〜し、「楽しくない気持ち」から離れるには、馬鹿馬鹿しいのも役立つんですよね〜。

Pocket

練ることが出来ない

2013.7.23

意識が遠のほど疲れているとき、体の中のエネルギーを練ることが難しくなります。当たり前っちゃあ当たり前ですが、それはとても危険だなぁと思います。

思考よりも作業になり、作業から離れると意識さえ離れていきます。

すると、ケアレスミスが増えますよね。今問題がなくても、危険だなぁと思っていても、引き締めるだけの気が残っていなかったら元も子もないよね。

この状態でも、エネルギーを練られるようになりたいです。

Pocket

語気の荒さ

2013.7.21

語気の荒い言葉と出会うと「あぁ、懐かしいな」と感じます。僕も昔は使っていました。ここで「語気の強い」とは言わなかったのは、若気の至り以外では完全に否定の意味を持たせたいからです。
 
何故かというと、語気を荒くしている背景には変わることへの恐れがほとんどだからです。「許せない」というのも、許したことでの自分の変化に恐れがあるからです。そして、変化に恐れを抱いた結果、語気が荒くなります。語気が荒いのなら、言葉を話しているのだから、その言葉は誰かに向かい、傷をつけてます。言葉が自分自身に向かっているのなら、とても疲れる生き方をしているが故、ラクにする方法はないかな、と声をかけますが、誰かに向かっている場合は「懐かしいな」と思うだけになります。
 
まぁ、どちらも「今死ぬとしたら笑って死ねる?」と尋ねると、「無理」と回答をいただきます。やっぱりね、恐れを抱くことが日々を不幸にする原因なんだと思うんです。

Pocket