Archive for 2013

自由のひとつ

2013.12.19

自分が何者かわからなくなるとき、「コピーで構わない」と思う。何故、日本語を話せるのか、何故、この髪型、服装をしているのかーー様々なものが、今の僕をつくり、実体をもつと思われる肉体でさえ、胡蝶が見ている夢かもしれないのだ。そう思うことの妥当性を低いか高いと問われれば、極めて高い妥当性だろう。つまり、完全なオリジナルなんてないと腹を括る方が、自由を得られる。

Pocket

具体的

2013.12.19

肩を後ろに下げると、胸を張ることになり、猫背が改善される。猫背を治すことを意識するのは難しいが、肩を後ろに下げることは、意識しやすい。

猫背を治す→胸を張る→肩を後ろに下げる、どんどん具体的な動作になっていくことで、自分がすべきことがイメージしやすくなる。

今年中に英単語力と姿勢の良さを手に入れようと思っています。

Pocket

脳内

2013.12.17

米の撮影・レタッチ。コンセプトを見直してみると、食うことへの感謝であるのならば、人間を被写体にしてもいいことに気がついた。「食うこと」が「吸収して、自分のものにすること」なのだから、他人の魂や精神を食わせてもらい、自分のものにしてきたお蔭で、今の自分がいる。そう思えば、歴史を被写体にしてもいいんだな。
 
いや、ものにするには、拡張しすぎだな。人を撮るのなら、今まで通り肖像写真として撮影している方が、情感を込められるし、商取引になる。歴史なら、タイムトラベルとして作った方が、強固なものになる。やはり、食に限定した方がいいな。
 
【日本語】
http://eguchimasaru.com/bk/portfolio/011_grace/index.html

[eng]
http://eguchimasaru.com/bk/eng/portfolio/011_grace/index.html

 

Pocket

宇宙空間

2013.12.15

『ゼロ・グラビティ』を観ました。とても美しい描写の連続で、宇宙空間に放り出される恐さと表裏一体になることで、傍観者として恍惚とできる映画でした。
 
物語としては、不幸を抱えている主人公に、どうしようもない苦難が連続して襲ってくる、という典型的なものなのだけれども、典型的だからこそ、「宇宙」という状況や「生きることを選ぶ」という心理描写が、克明に浮かび上がってくる。
 
2Dで観たんだけれども、3Dで観直してもいいな〜、と思える映画でした。
 
余談ですが、『エイリアン』や今度公開される『エイダーのゲーム』など、宇宙が背景となると、こっちこちの男性が主人公になる映画って、実は少ないのかもしれない。そんなことを思いました。

Pocket

貴重な数秒

2013.12.14

運動をして、最後の懸垂でのぶら下がり。ふくらはぎの筋肉だけで体重を支えているのではなく、ふくらはぎから臀部、腰、上半身を使って支え、つま先でバランスをとっていると支えやすい。それでも、数十秒も支えているのは至難の業で、ものの数秒が限界。
 
この数秒も、自分が自然物だということを取り戻す大切な時間だ。普段と異なる体の使い方をすることで、機械ではなく、変化もあるし、意志もある、自然物であることに着地できる。
 
だが、もしも、機械にもこのような変化と意志があれば、僕は僕と同じように自然物だと言っちゃうだろうな。それぐらい、柔軟でいたいな〜。

Pocket

時間

2013.12.14

時間の速度に驚くことが多い。速すぎるのだ。さっきまで朝だったはずなのに、気が付けば、3〜4時間ほどで日の出だ。本当に驚く。

Pocket

年齢、体、心

2013.12.12

先日、撮影からレタッチまで、一日でやろうとすると、目がついてこなくなっていることに気がついた。睡眠が何よりも、体力を回復させてくれることが多くなっていることに気がつき始めている。

外で何もやらずに寝っ転がる時間が、貴重になっている。一見、無駄なことのように思えるかもしれないが、無駄ではないことの方が、少ないかもしれないのだ。

少なくとも、自分にとって、有意義かどうか、それだけが最終の基準になる。

体のつくりは年齢とともに変化しているのかもしれないが、心の基準となるものは変わっていないようです。

Pocket

場所

2013.12.11

横浜から新高島へ向かう道中も、僕が望む場所だ。ベンチに仰向けで寝っ転がり、空を眺めながら、鼻歌がついつい出てくる。忌野清志郎さんの「デイドリームビリーバー」だ。
 
全てが夢であってもいいし、この瞬間、命がなくなってもいい。
 
幾人もの人達と会えなくなった。年々、死後の会話は増えるし、持病持ちは寿命も考えるようになった。どれだけ非合理的でも、考えるようになった。
 
そして、いつも思い知る。家族を残せるほど、僕は強くない。

Pocket

僕も含めて

2013.12.10

複数の場所を持っておくことは、いいことだろう。社会か自然か、どこの自然かなど、場所を持っておくと1つがダメでも、他に行けばいいという余裕が生まれる。

 

自分も含め、社会は焦り過ぎているように思う。特に日本の場合、何に焦っているのかわからないほどのように感じるのだが、世界とそんなに大差なく、それほど大きく見られてもいないのだから、焦らなくてもいい。

最近、自分にも言い聞かせているんだけどね。

Pocket

Grace(日本語)

2013.12.8

日本語版も更新しました。
「Grace(日本語版)」、詳しくはこちら

Pocket