Archive for 2012.4

Between dynamite dead line

2012.4.30

GW前半、墓参りに行っていたのだが、嬉しいことがいくつもあった。1つ目は菜の花が綺麗だったこと。2つ目はラベンダーがいい香りだったこと。3つ目は美味しい洋食屋さんを発見したこと。ハンバーグとナポリタンとサラダが1皿に乗って690円、お腹もお財布にも大満足であり、テーブルには塩とタバスコを置いてくれる。
 
つまり、懐かしい洋食屋さんなのだ。巷にあるお店で残念に思うのが、味にこだわるのは良いが、テーブルに調味料が何もないと、格式高いところでない限り、味が合わなかった時はつらい時間を過ごす事になる。ラーメン屋でもテーブルに何も置いていないようなお店で「すげぇ、美味い!」と感じたことはないような気がするのだが、むしろ何かしらの調味料が置いてあるお店の方が、何も加えずに食べていたくなるほど美味しいという場合が多いような。
 
「俺はこういう味が美味しいと思うんだけど、合わなかったら仕様がないからこれでもかけてよ」というようなささやかな配慮と諦めがあるように思う。
 
配慮は必ず味に出るだろうし、諦めを知ることで譲れぬものー力強さーが生まれる。つまり、『「いき」の構造』(著:九鬼周造)で言う所の「張り」が生まれるのではないだろうか。あとは、先の洋食屋の老婦人のほどよい元気なかけ声がサービスの良さを物語っている。大皿に盛りつけられた子ども大好きセットをもりもり食べて、じいさんの墓に行ったのだった。
 
お供えものに買ってきたビールを呑みながらじいさんと語らい、その後、高校時代の友人と久し振りに会ったら普段呑まないような500ml缶のビールを呑み、そして呑み、次に大学時代の友人の家でのパーティに参加し、焼酎をいただき……結局、二日酔いでPCにむかわなければならないのは残念かな。でも、みんな元気そうでなによりでした。

Pocket

将来の夢

2012.4.26

最近、時間があると「夢」について考えている。眠っている時に見る夢ではなく、子どもの頃などに描く「将来の夢」という時の夢だ。
 
もうほとんどの事は叶えられ、戦争をなくしたいと欲を持ち、藝術にはその力があると信じているが、それが夢かと考えると全くしっくりこない。では、作ることはどうだろうか? 作ることが日常となりながらも、未だ冷める事が無い制作中の興奮と静けさ。これを止めろという方が無理な話であり、しかも日常と化したことで、健康と同じように不健康にならないとその尊さを切望するということは難しい。もちろん、進路を決めるときに行った制作禁止のことは今でも覚えているが、だからといって夢というのは少々異なる。
 
むしろ、あまり先を望まないように生きていることに気付いた。今が連続する事で時が生まれるという当り前のことと、今のこの中心を全速力でという姿勢の結果、中庸に辿り着いたのだが、そこで再び気付いたーー風になりたいんだ、と。
 
外的にも内的にも風を感じる瞬間がある。その時が好きであり、「風だ」と気付いていなくても風を感じている。時には撫でるように、またある時は吹き飛ばすように。たとえ気象的に風が吹いていなくとも内的に吹いている。そして、風になりたいんだということに気付き、それが夢かと考えるとかなりしっくりきたのだが、人間の体を超えるというのはなかなか難しいなぁ、と考えるようになった。
 
それでも、この歳で夢が見つかったのはにやけてしまった。

Pocket

遊び

2012.4.21

スキルアップも大切なことだろうけれど、精神的な理念や言動への考えも大切だ。むしろ、人と話をするときというのは後者が大事なような気がしている。人と人が出会えば、自ずとその人の考え方から表れる圏のようなものが交わる(武士の刃圏のようなものだろう)。
 
けれども、考え方がまるっきり合わなければ圏が交わることも、なかなか難しくなってきたり、交わっているところに気付くことが難しくなってくる。そうなってくると、互いに日本語などの言語だけが交換されるだけで、話の内容は全然進んでいない。そして、「何とも無駄な時間を過ごしているな」という圏が互いに交わるようになるのだが、そんな時ごく稀にだが、「あ、通じるんだな」という希望を発見してしまう。もしくは、先に圏の交わりに気付くと先導することも出来たり、されてしまったりするわけだが、それはゲームといえる。
 
そういうゲームは面白い。理念によるゲームといえばいいだろうか、先方も圏の交わりに気付きながら探り、こちらも別の方向からアプローチしたと思ったら、一気に核心を突きにいく。悪戯か悪人か……どっちにしろ、理念のゲームをしているときは面白く、これが「大人の遊び」なのかもしれない。

Pocket

drunk afternoon

2012.4.18

drunk afternoon

話題のスマホ対応。

Pocket

一日最後の日、丁寧に生きたい。

2012.4.15

山桜が咲いている。桜などの季節物を味わうと「あぁ、1年間生きてこられたんだな」と思う。そして、「これが最後かもしれないな」とも思っている。
 
久し振りにハートランド・ビールを呑んだ。グラスに注ぎ、泡をきめ細かく…美味しいと感じた。春からはビールが美味しくなるが、今年から雑なことは少しずつ修正していきたいと思っている。料理で使う酒やみりんの種類とか。
 
それとは相反して「金を使ってやろう」と目論むが、結局、仕事に必要な資料や生活品を買ってしまい、無駄遣いにならなかった。また、「作ることを辞めたら何をするのだろうか?」と疑問に思って、その次にやることを考えたら「ビールを作りたいな」と思い、直後に「作る?」と気付いた。やりたいことには正直だが、「作る」ということから離れることが出来ないのかもしれない。
 
fb

Pocket

「ヤコブへの手紙」を観た

2012.4.14

クラウス・ハロ監督「ヤコブへの手紙」

優しさのある映画が観たいと思って手にとった映画だったが、それ以上に素晴らしい映画だった。どのシーンも美しく、かつ登場人物達の気付かぬ優しさ。たった70分弱に編まれた内容は無駄がなく、豊かであった。人はただ飲み食いをして生きていけば満足ではなく、役割を持つことで生(活)かされているということ。誰かから想われるということが、どれだけ人を生かしてくれているのか。社会の中で生きる人間にとって、理解されない孤独も深い闇に包まれてしまうが、誰からも必要とされない孤独の重さも比較出来ないほど人を闇に沈めてしまう。
 
「コーヒーもいれよう」
 
映画最後の台詞からも、その人の優しさが溢れていた。

Pocket

なんつー面倒臭さだ。。。

2012.4.8

事務的な関係でフェイスブックに登録しましたが、登録放置の今後使用しないと思うので連絡先など一切同期していません。なので、招待メールなどの設定/解除設定も出ないのですが、もしも送られてしまった場合はお手数ですが御連絡のほどよろしくお願いいたします。一度同期させてから、配信設定を解除いたします。
 

※ それでも「友達かも?」で大体当たっている人達が検索されるのって何故? 相手側に入っているから?

Pocket

2012.4.8

「I am a photographer.」訳しました。いつも通り、文法など気にしていません。

Pocket

1割でも充分

2012.4.4

コンビニで漫画を立ち読みしようと思ったら、棚に置いてあった「ビジネスマナーのメールの書き方」のような雑誌に目がいったので、パラパラと捲ってみた。しかし、残念ながら捲った後の感想としては「気持ち悪い」しか思い浮かばなかった。
 
対面であろうとメールであろうと発した言葉で何が伝わり、何が伝わらなかったかというのは、意識的に経験を積むしか無いと考えている。加えて、(基本的に)メールでは大切なことは伝わらない、と思っている。だから、依頼を断るときも、こちらの事情を正直に話した方がすんなり伝わると思っているし、実際にそういう経験の方が多い。それ故、依頼メールも鋳型に沿っただけの文面のものの内容は、大体つまらないものであることが多い。そういったメールに対しても上記のような断りの返信をするのだが、9割近くは先方から返事はない。けれども、残りの1割は返事を送ってきてくれる訳だが、その文面は最初のものとは明らかに異なり、本人の言葉で書かれているものが多い。そして、その時の依頼には応えることが出来なくても、違う機会で繋がることが多いような気がする。
 
ビジネスも、本人同士の言葉で話した方が、結局は仕事に繋がるのではないだろうか。そんなことをコンビニで思っていました。

Pocket

手入れ

2012.4.1

道具の手入れが好きだ、それもアナログな道具がいい。雨のなか履いていた革靴の汚れを落とし、革が呼吸できるようにオイルを塗る。塗るというよりも革の疲れをとっていくマッサージのようであり、施術を終えた靴は深みを増す。
 
包丁を研ぐ。包丁というのは不思議であり、獲物を仕留めるための刃でも、争いのための武器でもない。素材を活かし、食を嗜むためのものだ。刃(は)が鈍くなっては素材を活かせず、いつのまにか殺していることになっている。そうならないためにも、包丁を研ぐのだが、一連の決まった動作を繰り返し、手に伝わる感触と目に映る刃のきらめきが終わりを導く。
 
この手入れは、個人の体や人間関係でも同じようなものだろう。手入れを怠れば、いつの間にか体の調子が悪くなっていたり、関係がこじれていたりする。けれども、手入れをやりすぎれば、革靴の革が呼吸できなくなってしまうように、体も心も不調をきたすだろうし、関係も息苦しくなっていくものだ。丁度いい具合が、一番いい。

Pocket