Archive for 2011.2

人間として

2011.2.27

 久し振りに、夕焼けの町並みをベランダ越しに眺めていた。こういう時は「見ている」というよりかは、「遠くに視線を置いている状態」だ。そんな状態の中にいると、心象は水平線のように微かな揺らぎを保ちながら、静寂へと落ち着いていく。そして、これからのことや、今までしてきたことが頭を通過していくと、身体に鈍痛が芽生え始める。全ては主観であるのにも関わらず、他者の意識へと、行為の意志が向かい始めたり、生物は今この瞬間にも死ぬかもしれない可能性を平等に秘めているにも関わらず、今後の展望へと欲が向かい始めるからだ。そして、戻ることの出来ない時間への後悔の念、どうしようも出来なかったであろうことと救えなかったことへの葛藤。この鈍痛が身体を支配し始める感覚は、我執に囚われそうになる兆候であるのだが、やはりそれがわかっているのだろう。「今、やるべきこと」へと意識と身体が向かい始め、そうこうしている内に今日が終わる。最期の最期まで、人間という動物として考え抜きたいのだ。

Pocket

人間の問題

2011.2.27

 「The Outerspace」を見れるようにしました。現在、開催中の「写真/仮想のイメージとしての可能性」ではダウンロードをしちゃいなよ、という意識で行っているので、白盤の方では画像を2種類のやり方でダウンロードが出来ないようにしています。けれども、こういうことってイタチごっこで、贋作や盗作と同じように最終的にはモラルの問題、つまりは「人間の問題」です。

白盤: http://www.maroon.dti.ne.jp/sdc/html/

Pocket

物の寿命

2011.2.26
 「物」というのは10年が限界なのだろうか? 今朝、寝間着から服に着替えようとした時に、ベルトが半分ちぎれそうになっていることに気付いた。たしか、このベルトは中学か高校に進学する時に買ったものなので、12年以上は使用されていることになる。何度も補修し、革は色が退色しているどころではなく、元々の色さえ黒だったのか、茶だったのかわからない。加えて、本革が起毛してしまっており、スエード素材だったとも言えそうだ。そんなベルトがもう寿命なのだ。

 現代においては、服は何でも寄付することができるが、ここまでボロボロになっているものは送れない。それは、これも補修を続けて最終的にはソールがごっそりと抜けた11年もののオールスターや、穴が開き、絵具がまんべんなく付着してしまった14年もののEDWINのジーンズ、袖口が解れた先にこれまたごっそりと破れた10年現役だったBLUEBLUEのパーカーなどと同じように、寄付も買い替えもできないアイテムなのだ。そんなアイテム達を使用出来なくなったから、「ありがとう」と捨てることも何故かできないもので、未だに手元に残っている。

 僕は基本的に、使用出来ないものは手元に残しておきたくない性分であり、仕事道具以外のものは家に物がないような生活をしているのだが、これらは残しておきたくなってしまうのだ。いや、正確に言うと、捨てようとすると何か後ろめたい気がして、その結果に残してしまっているのだ。しかし、これはスニーカーをコレクションしている人のような「履く用」と「観賞用」を分けた結果残っているものではなく、いわば、自分の一部のような気がしているのかもしれない。そして、別のものを新しく買いながらも、手元に残しているのだ。それら、新しく使用される物達と今まで僕を育ててくれた物達が入れ替わる時期なのかもしれず、新しく手元にやってきた物達も手入れをしながら、10年近く使用出来れば嬉しいかぎりだと思っている。そして、昨年から履き始めた新たな靴やジーンズが、徐々に僕の体に馴染み始めていることに、心を弾ませている。

Pocket

白盤リニューアル

2011.2.20

http://www.maroon.dti.ne.jp/sdc/html/index.html

先週から始めた白盤のリニューアルですが、漸く一段落しました。昨年の今ぐらいはまだまだソースを読むこともできなかった身分でしたが、月日が経つのは早いもので、アナログと同様まではいきませんが、必要なものが「見える」ようになっています。これで本来の意味で黒盤との相互作用性を高めることが出来そうです。

是非、チェックしてみてください。

Pocket

レビュー

2011.2.16

「アートスケープ」の飯沢さんのレポートに、前回の秦さんとの二人展について書いてもらっています。

http://artscape.jp/report/review/1229363_1735.html

Pocket

四季無常図

2011.2.14

 昨日、郵便局へ行く途中、以前から気になっていた梅のつぼみが花を咲かせていることに気がついた。一昨日は雪。とても寒い日であり、部屋の暖かみや暗さなどニエプスでの松本さんの展示は冬の印象を抱かせるものだった。一転しての昨日、日差しに温もりを感じ、暦上の春が日常の春として徐々に重なっていく心地であり、そんな中に見付けた梅の花だった。

 移ろい行く日々の時間の中で、季節が少しずつだが変化し、硬いつぼみに包まれていた花弁が開く。それも無常の一種なのだ。陽も陰も、愛も憎も、喜びも哀しみも、全ては時の流れとともに移ろい、留まらず。そんなことが一瞬の内に繋がり、ここに命名。

 「四季無常図」。

Pocket

下着への関心事

2011.2.13

 『下着の社会心理学』(2010,菅原健介+cocoros研究会)を読んだ。

 最初に言ってしまうが、下着への関心事についていえば、僕はそれほど持っていない。著者がそうであるように、僕も3枚1000円ぐらいの下着で充分だし、「買う」というよりも「買い替える」という買い方だ。女性に対しても「上下が揃っていないのは嫌だな」と感じるぐらいであった。高級な(?)下着を貰うと、履き心地や意識はちょっと違うが、履いている間中にその変化を意識しているかといったら、そんなことはない。しかし、今まで付き合ってきた女性やセックスをする関係になった女性達を思い浮かべてみると、下着へのこだわりは何かしら持っていたように思われる。そういえば、下着をプレゼントしてくれた人の方が、下着へのこだわりは強いように感じるが、その点は、「安くて履き心地がよければ良い」という僕からは想像を絶するような領域なのだろう。

 しかし、最後に女性を対象とした調査でも、エイジング(加齢)に対して「外面派」、「内面派」と
分かれ、どうやら興味関心事などにおいても僕は内面派に属するようだ(調査ではこの2つの他に「両面派」、「無関心派」があった)。そして、数値的には女性と男性で差があるにせよ、下着への意識や期待効果などの中身は似たようなものであるようだ。つまり、下着を対象とすると女性の方が優位対象となりやすいが、相関関係の実体は男女差はあまりないのかもしれない。

 本としては、新書としてはとてもよく書かれていて、データの採り方やそれの表示方法などわかりやすく、脱線しつつ最後にはしっかりと最初に掲げた問題への解答に戻るという「さすが大学教授」と唸るものだった。そして、ワコールにcocoros研究会のホームページがあり、資料などが充実しているので、こちらの内容も観て欲しい。

Pocket

食指を動かした案内状

2011.2.12

 先日、とても丁寧に文字が書かれたDMが届いた。差出人は松木もも子さん・・・? どこかで会ったっけ? と思いつつ場所がニエプスだったので何となく納得なのだが、どこかで会ったような丁寧さ。そして、一抹の疑問を持ちながら、会場へ向かった。

 全体を暗くし、作品1枚1枚にスポットライトを当てる空間は、きっちり仕上げたマッティングと額装で1枚ずつ見せていく仕組み。しかし、8畳ぐらいの会場なので、全体を見渡せ、作品全体の空気感の中にも自分を放り込むことも出来る。

 会場に貼られていたキャプションからは、言葉などの理性的な部分に否定的な印象を見受けられたのだが、話すとその手のタイプとは異なり、自分の言葉を丁寧に選びとり、僕に話してくれた。その話された内容や話し方からは、そこら辺の美大生・藝大生よりも真面目で、作品や筆遣いの丁寧さが表れてるようだった。

 展示は明日までなので、ちょっと無理をしてでも行った方が良い。これから社会に出る彼女に対して僕らが出来る最大限のことは、初個展に足を運び、作家本人に反応を示すことだろう。

 そして・・・やっぱり初対面だった。


FFLLAATTでの秦さんとの二人展はまだ続きます!
トークショー(録画)も観てください!
http://ffllaatt.com/exhibition/eguchi-hata/detail.php


↓白盤のURLを変更しました。
http://www.maroon.dti.ne.jp/sdc/html/

Pocket

無常観

2011.2.11

 昨年の夏から始まった作品の色を創っている。撮影は今なお続き、留まり知らず。『方丈記』の「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」を代表とされる「無常観」は、万物における常識である。人生においても、人はいつ死ぬかわからず、次の一瞬、今の一瞬で死ぬ可能性は全ての人間が持っている。そして、昨年頃から「人生の時間を懸ける作品を創りたい」という欲求が強くなり、たとえそれが一瞬の生死が折り重なり、「モナ・リザ」のように10年という歳月を費やしたとしても、一向に構わない。

 しかし、未だにタイトルがわからない。これに挑むにはまだまだ若いのだろうかという逡巡が脳裏をかすめるが、強く想い、動き、既に挑んでしまっているものは仕方が無い。強大な謎や不思議であるほど、一瞬の生死の真っただ中にいるということでもあるのだから。


FFLLAATTでの展示は2月末まで続きます!
http://ffllaatt.com/exhibition/eguchi-hata/detail.php


↓白盤のURLを変更しました。
http://www.maroon.dti.ne.jp/sdc/html/

Pocket

道具の使用者

2011.2.3

 マタニティマークをバッグに付けている女性を見かけるが、いつも疑問に思う。付けることがということではなく、留め方のことについて疑問に思うのだ。現代日本の女性が使用しているバッグは手提げ鞄やトートバッグが多いだろう。それを踏まえてのストラップ形式の留め具にしているのだろうが、ストラップに対してのストラップである。つまり、留めた時に横向きになるような作りなのだ。マタニティマークを付けていても反対側にいたり、目の前にいたらマークを見付けることができない。しかし、このタイプのキーホルダーを付けている女性にしか出会わないのだから、不思議に思って調べてみたら、案の定、クリップタイプのマタニティマークが売られていないらしいのだ。クリップというのは一例であって、他にも多くの発信の仕方はあるだろう。そして、個人差はあるのだろうが、腹部が目立たない頃がつらいとはよく聞く。それは、周囲にいる人達の察知能力にも関わってくることだが、あれを見付ける度に「このデザインはよくないな」と思うのだ。

Pocket