Archive for 2010.4

ハウツー

2010.4.26

 何を大事にしているかを聞かれることがある。その度にいつも思うのだが、優先順位はつけられるが、大抵どれもつながっているので1つだけあげるということは難しい。と、いうことで羅列してみます。上位4つは企画の最初から最後まで常に考えています。

・何がその本質なのか見誤らない

・それが良くなるにはどうしたらいいのか(最良の結果は何か)

・それが悪くなるにはどうしたらいいのか(最悪の結果は何か)

・それは本当に本質なのか

・仕事を完遂するためにコミュニケーションは必要ないが、そんな人間ばかりではないので、コミュニケーションをとって周囲のモチベーションを上げていった方が、仕事は上手くいく(良い結果になる)

・コミュニケーションをとっていると、雑談からも良いヒントがやってくる(良い結果になる)

・雑談を省くと、目的のための会話になり、考える力を失う(その内に悪い結果になる)

・考えて話をすれば、相手の話も聞くことができる(良い結果になる)

・考えて話をすれば、話が脱線しても本質に関わるヒントを得ることが出来る(良い結果になる)

・思ったことを話しているだけでは、相手はいなくなる(悪い結果になる)

・思ったことを話しているだけでは、本質の話を聞き逃す(悪い結果になる)

・話をしない堅物そうな人間よりも、話をするどろ臭い人間の方が、実は頭がいい

・大人の事情を優先させて遂行するよりも、本質を考えて話をして遂行した方が、結果的に良いことが起きる(大人の事情はパターンなので思考せずにこなすことができ、その結果、仕事が円滑に進んでも成長がない(その内に悪い結果になる)。しかし、考えて話をして仕事が暗礁に乗り上げても、考えての結果なので、成長があり、納得ができる(良い結果になる))

・物作りを生業に選んだ人間に、それほど悪い人間はいない(大人の事情を優先させてきた人間でも、本質の話をし続けていると案外、伝わる)

・それでも伝わらず、どう考えても自分が悪くはない(本質を見誤っていない、筋道を立てて話をしているなどの)場合、大抵、その話は流れてしまうが、そんな人の対処法を考えることができると思えば、成長のチャンスになる(良い結果になる)

・けれども、本当に自分は悪くはないのかと考えてみると、対処法が間違っていたことに気付くので、結果的に成長している(良い結果になる)が、そんな人と仕事をしても大抵、その人の利潤で終ってしまうので、話が流れたことを幸運に思う(損をせずに考えることが出来たので良い結果になっている)

・もちろん、そんな人ではなく、本質を考え、最初の4つを考えることが出来る人と仕事をすれば、手放しで最良の結果になっている(とっても大変だけど)

 学生時代から作家として個人でやってこれたことのメリットは、これらのことをいち早く気付けたことだろう。スキルと呼ばれる技術や知識は、頑張れば一気につくからだ。

Pocket

やる気と恋と青春だ!!!

2010.4.25

 最底辺であることを認知すると、すげぇ楽しい。上に行くしかないっていうのと、上に行けるっていうことがわかるからだ。これ以上興奮することはあまりないのではないだろうか。一番になることよりも、自分自身を超えていけるっていうことが興奮剤になる。しかも、そんな時に限って、様々な要素が自分の近くにやってくるのだ。後は自分次第だと言われているような気がして、言い訳も努力も自分自身にかかっている。すげぇ、興奮する。

 そして、そんな時に限って、近くの古本屋に『あひるの空』がズラッとあるのだ。立ち読み、立ち読み、涙、立ち読み(そろそろごめんね)、興奮。これで、やる気に火がつかなきゃあ俺はアホだ。

 キレイな女性に「がんばってね」と応援されたら、もっとガンバルのになぁ。

Pocket

作品のことを書いてもらっています

2010.4.24

 「希望の光」を運ぶのを手伝ってくれた女性が、コメントを書いてくれました。
 ↓
 http://d.hatena.ne.jp/veryholiday/20100422

 飯沢さんが『これが写真だ!』のような本の中で、昨年の秦さんとの2人展のことを載せてくれています(アートスケープさんや日本カメラさんに書いていたものだと思います)。

 どちらもありがとうございます。

 余談ですが、「希望の光」の最初は、この(↑)展示中に1人で暇だった時にネタ帳に書いていた「世界地図」というものです。講師をさせていただいたワークショップ中に、縫うことを試していたりなど、実は1年がかりのプロジェクトでした。そして、作品を観ると、5年がかりだったということが実際にわかります。ただ、運び出す時は色々と諸事情が重なるので、情熱がなければ運び出すことはないでしょう。本当に情熱のある人は「情熱、成長、お金(物質、環境)」など三本柱で働きかけます。嘘をついている人間、浅はかな人間、腹黒い人間というのは、この辺りを少しつっつけばボロを出します。

 それと、私の関わる作品に「完成」というのはほとんどありません。善くなるという確信が得られたら、どんどん善くしていくので、作品においては「一段落」という形をとらせていただいております。ですので、作品を買ってくれたコレクターさんにも、その旨をお伝えして、いつでも貸して頂けるようにしていたり、待ってもらったりと、少々面倒臭いやり方をとっています。作品を単なる商品として扱う現代美術業界では、あまり無いやり方ですが、昔は当たり前にあったことです。作品のことを第1に考えられる人が増えて欲しいと思っています。

 

Pocket

恐ろしいと思った

2010.4.21

 「希望の光」を広げさせてもらって全貌を観ていた。創作過程では全貌を予測しながら創作しなければならなかったので、繋がっているのかどうかが問題だったが、流石の一言だった。しかし、それよりも、今までの作品以上に作者の能力を超えたものになっており、「自分が創作した」という事実と「他の誰かが創作した」ような錯覚の差が大きかったというのが、正直な第1印象だった。そして、狼狽していたのも事実だ。

 見続ければ見続ける程、その差は大きくなっていったのだが、作品からは強大な包容力と生命力を受け続けている感じがして、次第に「やる気になれば何でも出来る」という希望が芽生えていた。そしてタイトルをハッと思い出した。

 ー 希望の光 ー

 何とも出来すぎた話のようにも思えるし、数あるタイトル候補の中から、このタイトルを選び抜いた自分自身を誉めたい気持ちになったのだった。加えて、「Gift」、「GiftⅥ-Photo/Graph-」、「GiftⅧ-Hope of light-」、最後のは意図せずに単発で考えていたのだけれども、繋がってしまっていることにも気付いたのだった。そして、藝術が光を対象としていたということは『「ギフト」シリーズについて』でも書いており、偶然にも無意識的にも繋がっていたことに震えた。

 ※希望の光:約1085×235cm

Pocket

不況も人間がいるからこそ

2010.4.19

 人と話していても、マスメディアから流れてくる言葉にも「不況」という単語が頻繁に登場する。しかし、その度に思うのだが、「不況」というものが宇宙人襲来のように突然現れたり、手放しで存在しているとその人たちは思っているのではないだろうか。どちらも不正解であり、不況というのは、人間が存在してはじめて生じる現象なのだ。そして多くの文化人が批判しているように、資本主義が全盛になるにしたがって不況の規模が大きくなり、生じる頻度が上がっている。資本主義では「お金」が第一になるのであるから、人を育てることや人間が成長することよりも、低賃金で労働してくれる人や即戦力を求める。お金が第一なのであるから、そのことが簡単に直接のお金儲けに繋がるのだから当たり前である。しかし、人間が成長しないということは、考える力が育たないということであるから、お金に関する利益で人を裏切ることが当たり前になったり、考える力がないのにお金さえあれば一国一城の主になることが出来てしまうのだ。それゆえ、現代は有史以来、奴隷が最も多い時代となっているのである。この流れの結果が、不況なのである。つまり、考えることをしない人間の多さが不況に繋がるのである。

 そして、考える力がない大人たちを子どもたちが見続ける。その結果、将来の夢に「お金儲け」を挙げる子どもが増えていくのだ。そんな子どもたちが大人になるのだから、お金儲け狂騒は進み、現代以上に不況は増大していくだろう。それを防ぐためには、一人一人が考える力を持つ必要があるのだが、そのためには「育てる」ことが必要なのだ。

 その論理がわからずに、不況の中、いかにして自分が生き残るかしか思い浮かばない人と話すと、自分の無力さを感じるとともに異様に疲れる。私は私以上の存在が好きだ。しかし、私以上の高知能指数は求めないが、せめて成長する気持ちがある人と話をしたいものだ。そんな人が少ないのはわかっている。では何故、私は話をするのか。答えは簡単だ、関わった人が少しでも考える力を持って欲しいからである。しかし、成長しようとしている人と出会うのは、極稀であり、無駄に年齢を重ねている人間と話をすると異様に疲れる。

 これが私の我儘であるのならば、やはり私は一人で全力で考えて生きて、死を選ぶしかないだろう。生きることよりも死ぬことの方が有意義になるのであれば、どちらを優先するのかは明白である。それが出来るのは、人間だけだ。

Pocket

ちょこちょこ展示に参加します

2010.4.19

 「希望の光」の仕上げや撮影も先週に終わり、作業場の片付けも済ます。その直後に「SEOUL PHOTO 2010」のスライドショー制作の電話、安々と引き受けたものの、とりあえず流れを組み立て制作。そうしたら、「昔のモノクロプリント〜ギフト〜光学装置の記憶〜美しい人〜希望の光」までを網羅している流れで作れたのでけっこうゴージャス。しかも、いつもフルハイビジョン対応で制作していたのだが、今回は巨大スクリーン(モニター?)でフルハイビジョン対応とのこと。こちらもゴージャスな内容で上映、なんとも西洋的な雰囲気がする。けれども、展示+作家ノート+カタログ+スライドショーに独立性と関連性を持たせたので、かなり強いものになっているのではと思われます。韓国にお立ち寄りの際は必ず見た方がいいと思います。

 同時期に「明るい部屋×CULTIVATE×黒目画廊」展に参加しています。「Photo/Graph」シリーズと資料(改訂版)を展示する予定ですので、以前の個展を見逃した方は実物を見ることをお勧めします。入場料(1ドリンク付き)がかかるのかな? 

 御高覧よろしくお願い申し上げます。

 エグチマサル

Pocket

希望の光

2010.4.13

 「希望の光」も10mを超えたところで、素材がなくなり一段落となりました。私のアトリエでは全貌を観ることが叶わないし、一人では運び出すことも出来ないのです。それ故、このままか、誰かに手伝ってもらって近くの広げられそうな所まで運び出すかのどちらかでしょう(とりあえずは)。

 「創作の瞬間だけが、作家としての全てだ」と明言するようになるにつれて、発表欲というものがなくなっていったのは以前にも書いてあるが、(自分でも把握出来ない量だったのでプロフィールにも載せていないほどの)展示ばかりをしていた頃も、展示をして誰かが見て何かを言われることがどうこうよりも、展示作品を観た自分と作品が成長していくことの楽しみの方が強かったのではないだろうか。

 そりゃそうだ。何で藝術が普遍に近づけるかというと、作家が生きていようと死んでいようと作品は作品として存在していることを私は昔からわかっていた。物心ついたときには絵を描くか絵本を読むか、手を動かして何かを作るかしかなかった。幼少期からはピアノを習わせられ、ポップミュージックやクラシック、世代を超えた漫画やアニメ、西洋美術(藝術)が環境にあり、日本(大陸)美術(建築)に連れていかれ、(大衆・古典問わず)映画でさえ教育の一貫として見せてもらえていた。そして作っていようといなかろうと、目の前に作品(らしいもの)は広がっていくし、視覚化されて私には見えている。食べても聴いても触っても嗅いでも広がるのは視覚であり、目を閉じていても作品は広がっていく。望まなくとも見えてしまうのだから、私にとって作品というのが楽しみも辛さも、好きも嫌いも、次元が異なると言えるとともに、それらが包含されているとも言える。見えてしまうものは仕方がない。そして呼応するように、動いてしまうのだ。その精度を上げるために意識を向け、錬磨を絶やさなかった。その内に我を持つようになったのだが、我に囚われないようになるとともに全てが結実するような感覚がした。性質と努力が結び合わさり、生命の束のような感覚を持った。

 あっという間だった。

 そして、

 長かった。

 けれども、

 あっという間だった。

 そんな感じの27年間です。

Pocket

二転三転の話

2010.4.12

 どうやら「愛している」は良いらしい。組作品には大抵「主役級の1枚」というのがある。全てが同じ質量であったとしても、1枚を選ばなきゃならないっていうときに露呈されてしまうことだ(たとえ作者以外が選んだとしても)。

 例えば「美しい人」のスライドであるが、Cさんの画が「主役級の1枚」になっている。出来た時のグッと来た感覚が他のものよりも強かったという個人的な要因が絡んでいるのかもしれないが、ドン!!とも見せられるし、スッとも入って来ることが出来る。しかし残念なのが、デジタルにも関わらず、プリントに大変神経を使うということだ(機器のコンディションや設定など)。

 話は変わり、20代後半になった頃から、花見はどんちゃん騒ぎよりも、さしでしっとりと呑み交わす方がグッと来るようになった。

 再び話は変わり、原発の本当の恐ろしさって事故もさることながら、使用されたプルトニウム、ウランが兵器として運用されることではないだろうか。正常に稼動すればするほど兵器が生まれる、この連鎖を想像しても見えていない場所で起きている戦争に、自分が関係していないとは言えないのではないだろうか。自分が生きていればいるほど必ず何かが死んでいる。この対価を私は払っているのだろうか、とよく疑問になる。

Pocket

最高のもののために

2010.4.11

 昨日、会場で流れている作品を確認してきました。途中途中で映像と音響がつまずいてしまっていたので、パーフェクトな状態で観たい方がいたらアトリエまで来てもらって観せてもいいかな、と思っています。

 そして、昨日尋ねられたのですが、映像も自分で撮影しています。GX200のムービー機能とi-movieの機能でカラコレ・編集・音入れの全てをやりました。基本的なことがわかり、やれたっていうことは、それ以上のことが可視化されてしまうのはいつもの向上心の表れですが、既に頭の中では2本程組み立てが始まっています。ソフトがないんだけどね。

 というのは、昔から私が気をつけていることに、「同じものは展示しない」ということがあるからです。昔から好きになるバンドというはライブの度にアレンジを変えたりと、CDよりもライブの方が格段に良いというバンドたちでした。そして、以前は「展示=ライブ」という考えをもっていたので(今では両者は違うと考えています)、先にプロとして活躍している彼らを参考にして、自分も展示で最高のパフォーマンスを発揮できるようにと心掛けていました。それ故、「展示の人」として成長できてきたわけで、グループ展でも他者のことも考えることが出来るようになったのでした(つまり、作家なのにトータルディレクションも出来るということになったわけです)。

 最後に、近々「Photo/Graph」シリーズ1点と『「ギフト」シリーズについて』を生で観れる(読める)機会があります。現在は、より良いものになるように書き直している最中です。初めてあの資料を書いたときには「光学装置の記憶」が始まっていなかったので、今となっては何故、写真プリントから「ギフト」になって、「光学装置の記憶」になっていったのか、という流れが分かる方が、私の作家としての流れも分かるでしょう。2年前の個展を見ていない方も見た方も楽しめるものになっていると思います。

Pocket

良い仕事は良い心持ちから

2010.4.6

 創作をしていて「あ、レベルが上がった」と確信する瞬間がある。それは見た目的にもそうであり、ということは「動き」の部分ということである。けれども、そういう確信を抱く時というのは必ず精神的にも何かを乗り越えた瞬間であり、「作品には心が現れる」や「人間の心身は切り離せない」など当たり前のことを再認する。

 そんな瞬間というのは、(これにはこれの大切な意味があるのだけれども)何かのRPGのようにファンファーレが鳴り響く感じではなく、真理に気付いたときのようにパッと開ける感覚だ。この瞬間に私は最高の幸せを抱く。だから、媒体が変わっても創作を続けているのだろう。とても幸せなことだ。

 良い仕事は良い心持ちから。

 健全な魂は健全な肉体に宿る(誰かの言葉ですよね)。

 とても当たり前のことだ。

Pocket