Archive for 2015

今年最後の更新。

2015.12.31

「COOL RUNNING」の今月の更新も終わりました。早いもので、連載も50回を超えて、来年から5年目に突入します。更新作業を終えて、バックナンバーを読んでいると、僕らの稚拙さを如実に感じる。恥ずかしいがこれは事実だろうし、だからこそ、5年も続けて進化している姿に心が踊るのだ。
 
先日、大学の先輩の家でホームパーティーをしていると、「大学を卒業して10年も経つとハゲとデブが増える」という話で盛り上がった。生憎、僕は体型は変わらず、皺だけが増えている。
 
昨日は、友人の店で顔見知りだけで呑んでいると、その中の一人が「30代のうちにヌードを撮りたい」ということを話してくれた。その話を聞いて、「30代には30代の美しさがあって、40代には40代の美しさ、そして50代、60代にもそれぞれの、、、」ということを話したのだが、あぁ、この人の記録を撮ってみたいとも思ったのだ。
 
正月には、毎年、姪の写真を手軽に撮っているが、毎年増える写真を見ていても変化や成長が如実に見てとれる。
 
僕らも変化していくし、これからは肉体的には成長ではなく衰退していくのだろうが、それでも、一分一秒、何かしらの成長を目指したいと思った。
 
来年も、よろしくお願い申し上げます。
 
エグチマサル

Pocket

気づく。

2015.12.26

新宿に行き、群衆の中にいると、すべてが嘘のように感じた。新宿にはネットで見つけた商品の実物を見に行ったり、本屋に入ったりしたのだけれども、何にも心は惹かれず、ここには自分を満たすものはないんだと気がついた。
 
そして、新宿界隈に足繁く来ていた頃が遠い昔のように感じた。
 
その時、私の中で、今までは終わったような気がしたのだった。過去からつながって今に至るけれど、あの頃の濃度はもう薄くなってるのだ。それでいいのだと気がついた。これからを作っていこうと思ったし、もっと身軽にしていいのだ。
 
ここに無いのなら、どこかへ行けばいいんだ。

Pocket

年賀状

2015.12.19

来年の年賀状ができて、ただいま印刷中です。今年と昨年から引き続き、A2サイズのポスターが付いてきます(現在HPのトップページに出てきてます)。今回は初めての横位置になりますが、基本的なフォーマットは変わらないので、どこかラクをしているような気持ちにもなります。
 
もちろん、飽きもあるでしょうが、この程度の頻度だったら、飽きているのって身近な制作者だったり、それを使う企業だけが感じていることでもあります。だからフォーマットを変えるタイミングが早すぎると、根っこのところが見えなくなってしまうことも多々あります。
 
なので、根っこのところがブレていないように見せつつ、飽きも解消することが我々の腕の見せ所でもあります。横位置にするとか、ストーリーを持たせるとか、プロモーションの要素を入れていくとか、12枚揃うと光るとか(この年賀状は光らないけどね)、7枚揃うと願いを叶えてくれる龍が出てくるとか(この年賀状はでないけどね)。
 
まぁ、いつも私たちは何かしら面白くなるようなことを企んでいるってことです。あっという間の師走ですが、これからもよろしくお願い申し上げます。
 
エグチマサル

Pocket

体が覚える、リセットする。

2015.12.13

先日、急な不調で、さすがに3ヶ月連続は何かあるかもと思い、病院に行く。問診票を記入しながら体温を測ると、「34.9℃」という見たこともない数値に愕然としました。その日は胃腸薬を処方してもらったのだが、低体温のことを聞くと、不規則な生活とストレスという答えが待ってました。
症状が出始めた頃のことを考えれば、原因がストレスであることは想像できる。
 
そんな病院でのやりとりを今週始めにしてから、温かいものを食べたり、湯船に浸かったり、足湯をしたり、睡眠を長くとったりしている。すると体というのはしっかりと反応するもので、徐々に体温は上がってくるようだ。
 
しかし、一度、低体温の癖がついているようで、以前よりも空腹や疲労を感じるときの消耗具合がはなはだしい。体というのは正直なものであるし、覚えてしまった状態をリセットするのは、覚える期間よりも長くかかるようだ。
 

Pocket

今、やりたいこと

2015.12.6

引き出しの整理をしていて、数年前に「作品の力が信じられる世の中にしたいです。いや、します。」と書いた書類を見つけた。たしかに周囲にもそう話していたし、そのために動いていたのも事実だ。
 
しかし、この言葉を帰る場所にするのを忘れながら動き続け、世界では「デザイン思考」や「ハックデザイン」というように、名前は違えど私たち藝術家が求めていた世界になりつつある。昨日、先の自分の言葉と再会して、自分の望んでいる世界にたどり着こうとしていることに気がついた。「見た目」の大切さと、その見た目を現実化するための工学的思考と心理的思考の大切さに社会が気づき始め、これらを実践するために費用と長きの研究を共にしなければならないことを知り始めている。そして投資価値を見い出し始めている。
 
この世界を私は望んでいたのだ。ここが帰る場所だったことに気がついたとき、「今、やりたいこと」を失っていることに気がついたのだった。そのことが寂しくもなければ嬉しくもなかったことに静かに驚いた。「何をしようか」と考えてみて、とりあえず、自分の周囲にいる人間に与えることをしてみようと思い、温かい料理をつくった。 
 
そして、よりフレキシブルに動けるホームページにリニューアルしようと思った。

Pocket

話が変わってしまった。

2015.12.5

Appleがプログラミング言語Swift2.0をオープンソース化した。オープンソース化とはざっくり言うと「ソースを公開し、誰でも改良できる」という話であり、今回のSwift2.0はそこから商用商品も開発することを許可している。
 
そうやって開発する人達のことを「デベロッパー」と呼んでいるが、もともとMacはデベロッパーにとって使いやすいOSであったし、Appleの新製品発表の場と思われているかもしれない「WWDC」という展示会だってデベロッパー向けのものだった。
 
そんなAppleの創始者であるジョブスさんは家族を愛し、人々がより幸福になるための製品やサービスを追求した。
 
また、先日第一子が生まれ、今後時間をかけて持ち株の99%を慈善事業に寄付すると話したザッカーバーグさんも博愛主義で知られている。
 
何が言いたいかというと、私たちの世界は、よりオープンを求め、より「みんなが幸せになる方法」を求めているように思える。その絶対解がどこかにあるように感じるのだけれども、個人の幸せや、「はみ出してしまった者」の幸せはどこに向かうのだろうかととも思うのだ。
 
僕らは一人でもあるし、他者とも生きている。息子を愛おしく想い、家族を愛でる。そして、一人で人生を終える。全てが大切であり、だから、どの時間も譲れないのだろうな。
 
書いていて、当初考えていた内容から外れてしまったけど、これが人生を豊かにするコツなのかもしれないな。

Pocket

良い夜。

2015.11.28

昨夜は広尾にあるKREIで安永哲郎さんと山本隆博さんのトークイベントを拝聴しに行きました。
 
聞き手である安永さんは子どもの創造性を育む環境と体感できるワークショップを運営するコクヨの方で、話し手である山本さんはシャープの公式ツイッターアカウントの人で大阪コピーライターズクラブ最高新人賞を獲得した話題の人達です。
 
僕もメーカーの広報を担当したことがあったため、まだマス広告を主にしている日本の社会で山本さんが会社での立ち位置をどう築いていったのか、そして、安永さんのハード(空間)とソフト(コンテンツ)づくりというとても現代的な立ち位置に興味があった。しかも、お二人とも老舗中の老舗に籍を置いているのだから、なおさら興味が湧いていた。
 
結論から話すと、めちゃくちゃ面白かったです! メインは山本さんのツイッター話が中心となりますが、公式アカウントとしてリスクを考えながら、親近感をいかに持たせるか。特に興味深かったのは、「弱い言葉でコミュニケーションをする」という話だった。
 
スマホを見ているときは、誰もが独りであり、朗らかだったり強気な気分というよりかは、コンチキショーだったり寂しさがあるかもしれない。実際に僕も、最高に気分が良い時にスマホを触っていないと思う。そんな時に見るもの触れるものだからこそ、「弱い言葉でコミュニケーションをする」ということに注意をしていることが、山本さんの優しさに触れた心地になった。途中、マス広告とSNSの関係性の大変さの話や、DJの話も交えつつ、真面目に、面白くの話で、あっという間に2時間近くのイベントは閉幕となったのでした。
 
そっと寄り添える、そんな言葉を話してみたいと思った夜でした。

Pocket

国民性。

2015.11.23

僕ら日本人というのは、疲れたがる国民性だろう。仕事を楽しみではなく、できるならやりたくないことにし、何でもかんでも気合いでカバーしては徹夜のような状況を当たり前としている。誰もが監視者として優位に立とうとし、批評や批判は当たり前としている。もしくは、誰かの中に自己の必要性を求め、強要する。
 
人は一人だ。一人で自分の足で立つことが自立だ。一人で立つことをして、自分の得意なこと、不得意なこと、必要なこと、不必要なことが見えてくる。そうして、自分にとって必要なのに、自分には力がないことをできる人同士が集まることが有効な組織作りになる。これは、組織とは言わず、人間関係だろう。人間関係の基本だ。
 
一生こんなことで苦しむのだろうかと疑問に思ったとき、「あなたは何でも出来すぎるのよ」と、昔に言われたことを思い出した。実際、有史以降に人間がやってきたことで同じ人類である自分に不可能なんてないとさえ信じている。背の高さや、100mを9秒で走ることの生理的なことで言えば不可能が出てくるが、人工的なことで言えば不可能はないと考えている。体が爆発したとしてもジェットエンジンをつけたら9秒の壁は超えられるだろうが、ボルト選手と同じように走ったら、負けてしまう。
 
この一年、考える速度が遅くなっていると感じているのだが、迷う時間が増えていることが明白だ。それとともに、体の不調が続いているのも同じだろう。いつの間にか、自分が人の足を引っ張るような人間にならないように気を引き締めなくちゃな。

Pocket

私と作品。

2015.11.22

ノムリュウこと野村隆介の文章を読んでいて、自分が忘れてしまったことを感じた。それは「自由」だ。僕ら藝術家は何を創ってもよいはずだった。社会的思想や政治的風刺が人間の魂に光を照らすことなどなく、本来あるべき姿とは、藝術家と作品が魂の全身全霊を持って、一つに集約された一枚に我々の魂は感応するのだった。
 
もっと自由に、私の魂は、私と作品のものなのだ。信じるんだ、私が私を。

Pocket

20151121

2015.11.21

見えなくなっていたんだ。
感動がなくなり、目がなくなり、味がなくなり、自分がもう自分にとって、藝術にとって不必要な存在になってしまっていたんだ。
 
見る力は失い、手の力も失った。
 
何もせずに、ただ。

Pocket