Archive for 2007.10

カラダスキル

2007.10.27

多くの要素が鈍くなった日。

隣からのコツコツコツ・・・という音で目覚めると、ドリル(?)の音が響く。
今日は土曜日。
ここ数日、体は重くなるばかり。
雨はひどくなるばかり。ごはんもない。絵具もなくなる。
乾燥も未だしておらず。
水張り用の板もたらず、制作場も足らず。体重も早くに減り過ぎる。
ごはんの材料を買出しに行くと足だけずぶ濡れる。
料理をするが結局ビールで腹満たす。

そんな状態で制作する・・・(心身の)疲労の蓄積により、精神は鋭いままで体に無駄な力みがなくなる。
つまり、「抜く」という技術。武術ではよく知られているらしい。

この状態、もう少しいけば「裏返る」かもしれない。

Pocket

シチューにカツオ出汁の素を加えると美味

2007.10.24

絵具乾燥中に映画を観た、ドキュメンタリー映画。
その中で、「生きてるうちにすべきことは何か?」というフレーズがでてきた。

電源のスウィッチなど気にかけていることはあるけれども、今、制作している作品のことでよく人から「エコだね」と言われる。
そのような立場から出発した作品ではないのだが、写真の業界では、「試しプリント」や「試し撮り」ということが繰り返し行われている。
「本番のために何枚も試しを重ねる」といえば聞こえは良いかもしれないが、私は常に疑問をもっていた。むしろ激怒といった方が正しい。
「なぜ1発で本番になるような気概を持たないのか?」と。
そして「試し」となった者たちはその役目が終わるとゴミ同然にゴミ箱に積もっていくのだ。

仮に「試し」や「失敗」が必要であるならば、彼らを活かすのも作者の役目であり、責任だ。

私のすべきことは、制作すること、生命と繋がることだ。

Pocket

鈴虫JET

2007.10.23

ふとバンドで音楽を鳴らしたいと思った。
自分は鈴担当で「鈴虫JET」という名前。
鈴をカッコ良く鳴らし、酒を浴び、ケラケラ笑うそんな位置で、ぶかぶかの真っ白い全身タイツで真ん中に赤く「鈴虫JET!!」と書かれてる。
ライブ中に動きが激しくてタイツが脱げて、足にかかり、最前列のポールに頭を直撃してしまう毎日。

それでもカッコ良く鈴を鳴らせる。

と、シチューが出来たので、制作に戻ります。
きのことキャベツのシチュー。

Pocket

情報と個体

2007.10.21

思ったよりも速く、本日の制作が終わる。
昨日は思ったよりも絵具の乾きが遅くて制作が中断されていたのだけれども。
そんな訳で明日送付する色々なものの準備ができるので助かった。

無彩色の感覚を強化していくと、彩色の感覚も強化され、それは再び無彩色の感覚を強化させる。

よくよく考えると当たり前のようだけれども、存外、人は忘れてしまう「一方向の裏返り」。

昨日、絵具の乾燥待ちの間にドキュメンタリー映画を観ていた。
ここ1年くらいはドキュメンタリーか、かなり阿呆な映画を観る。
ドキュメンタリーは「真実」を伝えていると思われがちだが、伝える側の私意は完全に排除されることはなく、そのままを鵜呑みしてしまうことが危険だ。
しかし、伝えられていることが在ることもまた事実(かもしれない)。

そのような環境下(情報を受けて)で、私たちは形成されてきた。
私たちは完全な独立したオリジナルの1個体ではないが、存在している。

Pocket

愚直

2007.10.19

昨日は死んだように寝た。
今朝は背中と肩から上がバキバキに凝っていた。

昨日は筆を2本買った。
絵を描くのと近い体勢で筆を選んでいたら、よくよく考えるとヤンキー座りだった。

今日はその筆で毛を描いていた。
あまりにも体に馴染んだので、全ての筆を新調しようかと思う。
でも筆も生き物だから1本1本の馴染み方が若干異なる。

明日は新しい1枚に取り掛る。
愚直だが、毎日制作することが成長につながる。

Pocket

まちまちこ

2007.10.17

絵具乾燥待ち。

無理矢理だったけど予定通り、制作に戻ることができました。
そんな勢いで今日は3枚制作しました(356×432mm)。

Pocket

3:08 a.m.

2007.10.17

今、この時間です。
展示の作業が急遽追加されて、しかも〆切も急だったのでこの時間まで作業していた。

明日(今日)、制作するという予定は狂わされたくなかったので。
これを逃すと1週間近く準備期間を延ばさなくてはいけなさそうな気配だったので、どうしてもその前に終わらさなければいけなかった。

ここら辺が神経症的なのだ。

自分だけで作品が作れると驕れるのならば、好きな時に作り、好きな時に休憩すればよいのだろうが、私は作品と対話・拮抗して制作されるので、自分だけのペースでは制作できない。

Pocket

エネルギーの鋭利化

2007.10.15

スキャナ作業終了。
後はプリンターに頑張ってもらわねば・・・と思いつつ、肝心なときにつまずくのが家の機械類。
まだ大丈夫だけれども油断はできない。

窓から兵隊がやってきたり、郵便受けから花火を撃ち込まれたり、押し入れから「青いロボット」が現れたりするかもしれない。

案の定、原因不明のエラーが表示されるが何とかクリア。

目に薄いフィルターがかかってる感覚がする。

現在、23:35。隣でプリンターが稼働中。
今日でプリントも終わらすことになり、何故、いきなり作業のペースが上がったのか疑問だったが、2時間くらい前に答えがわかった。

「豊かにした心身を、細く、鋭くする時期に入った」

つまり、今までとはダンチの差で制作に集中し、速度が増すということ。
それはまた、一般的な社会的生活者から離れていくということ。

それでも制作しなければならないし、それは好き嫌いの問題ではなく、自分と作品という単純極まる事柄。
明後日がそこに入る瞬間なのだろう。
それまでは移行準備期間。

そして来年の10月まであと1年。当たり前のようなことだけれども、私にとって来年の10月は大きな時になるだろう。

ビールがテーブルから落ちるが、そのままの角度で着地して中身がこぼれず・・・奇跡?

Pocket

0:44

2007.10.13

今、タイトルの時間。

今日は料理→制作→スキャン作業で終わった。

秋なので鍋物や煮物を制作前に作ってしまえば、制作後でも手料理が食べられるじゃぁないですか。
今日はレンコン、しいたけ、タマネギ、大豆、トマト、豚小間のカレーを作った。
明後日ぐらいまでこのカレーをベースに、ご飯を食べる予定。

明日(今日)は展示を2つ見る予定。水道橋と西荻窪。

Pocket

プリント

2007.10.11

現在、隣のプリンター稼働中。

今日は一日中、スキャン→プリントをしていた。途中学校に行ったり。

展示用のプリントは、制作真っただ中の時のプリントとは別の意味がでてくる。
もちろん、そのままのを展示することもあるが、照明の色温度のことや空間のことを考えると、たとえ小作品でも仕様が変わってくることがある。

それは音楽でのライブと似ているのかもしれない。

作品に新たな生命がうまれる瞬間は最上のカタルシスとオルガズムを味わえる。
と、少々長くなってしまうのでここまでで。

夕飯はタマネギを混ぜてアボガドのディップを作り、豚小間肉を焼いたフライパンで少々焼き色をつけて丼にして、マヨネーズと韓国海苔とタバスコをかけました。
レシピを頭に叩き込んで作るのも好きだけど、創作して想像通りの味にするのも好きだ。
今日のは後者です。

料理は制作と似ているようで違うし、でも似ている部分もある。でもやはり違う。
だから昔から美術も料理も好きなのだろう。身体を動かすことも。

大学時代の後輩が展示のための期間限定サイトをオープンしました。

http://freeland.xxxxxxxx.jp/

↑上記のURLです。是非、覗いてみて下さい。

プリント作業が終わりました。

Pocket