Archive for 2008.3

やはり寒い

2008.3.28

朝から制作。今日も3つの行程。ドライヤーが大活躍。このドライヤーは一人暮らしと同時に買ったので・・・6年ぐらいになるのか。そして最近、もろもろの物を換えているのでこう長く使えているものはけっこう貴重。

話は変わり、感情的になる制作をしていないと感情的な作品を制作したくなるもので、「人間はアンビヴァレントな存在である」という浪人時代からの格言がまた身に滲みる。しかし、止揚ということにもあるように、反状態の強度を強くしていくとその矛盾状態からの統合的発展が望め、そのために私は昨年から「常軌を逸する状態」と「冷静さを保つ状態」の完全な中間を求めている。昨年というと「ギフト」シリーズが始まり、そろそろちょうど1年になるのです。あの頃からは現在のようになるとは思ってもいなかったはずだけれども、実は見えていたのかもしれない。

桜、桜、平年並みって、寒いよ。


寒い

2008.3.27

朝から制作。3つの異なる行程が今日という日の制作の中にあったが無事に終りそうだ。桜は開花しているが寒くないか?普通の人は暖かいのだろうか。


宅配の兄ちゃん

2008.3.26

先日まで仕事で一緒だった宇留野氏の展示に間に合う。モチーフのラリーとモノクロのデジタルプリントの風合いがなんとも心地よい。
その後、タダ券を持って岡本太郎記念館→ABCへ。
帰宅後、少し制作と資料読み。

サンサクメダヨーと小品も完成間近。

この3週間ほど決まって水曜あたりに木製パネルを届けてもらっているのだが、その宅配会社の兄ちゃんが毎度同じ兄ちゃんなのです。そして今日もその兄ちゃんで届け方が慣れた風だったので「いつもありがとうございます」と言ったら、やっぱり向こうも覚えているみたいだった。小さな小さなコミュニティ。その後、少しの制作とパネルの研磨×2・・・動きすぎだ。


80だとか1だとか

2008.3.23

絵具乾燥待ち。美してショックを受ける。己の意思から離れて存在している作品は美しい。このサイズ(80号)で制作すると、1つ1つの行程の待ち時間に他の作品の制作ができないくらいスペースをとられる。そして一枚だけサイズを変えて額装する(B1)。その間に朝青龍が優勝。

制作と並行して資料集め・調査もまだまだ続く。それよりも食事を摂れと怒られる。この年になっても怒られるのね、ごめんなさい。


サムイデスヨー

2008.3.20

ちゃんと制作していますよ。今日は水ばり。少し臭う。

先日、大学の友たちと呑みました。企画者が加わる前に帰宅してしまい申し訳ないです(この場を借りてごめんなさい)。先日会ったということでご勘弁を。

資料集めでもう少し本が必要のようです。サムイデスヨーってサムライデスヨーに見えませんかね?