もっとシンプルに生きれば良いんじゃないの?

2009.12.9日々のこと

 一段落着きそうな予感。今、創作している作品の確認をしていたら、先日まで来客たちに見てもらっていたものとはあからさまに変化してしまった感が否めないが、濃縮されたようなので結果オーライ。

 最近、色々な人達が変化をしようとしていたり、迷っていたりしているようなのだが、僕はいつも同じようなことを言っている。

 「アルバイトや派遣社員だったら、君に何かあっても雇い主は何も保障してくれない。君が正社員だとしても、君がいなくてもその会社は動いていくし、その会社がなくなっても社会は動いていく。社会や社会を構成している人類がいなくても地球は動いていくし、地球がなくても宇宙は動いていく。宇宙がなくなったらそれでおしまいか、再び最初から始まるかのどちらかだろう。そのくらいの規模で考えれば、君が生きていようが死んでいようが、あまり差異のないことなんだ。だから、自分に正直に、本当にやりたいことをやってみてはどうだろうか。つまらないしがらみのために取り繕って、不幸そうな顔で他人に愚痴をもらしていることよりも、正直に生きていく方がよっぽど君は幸せになるんじゃないのか? 君は本当は何をやりたいんだ?」

 これは、幸せが外からやってくるものだと思っている人にも、似たようなことを言っている。

Pocket

コメントを書く