そういうものだと感じながら、慣れないものもあります

2013.12.25日々のこと

生まれては死に、生まれては死に、の連続が人生なんだと、わかりました。

死別というのは、慣れません。

自然の中から徐々に車の音が聞こえるようになり、列車の音が聞こえるようになり、それでも歩を進めると、駅に着き、もう社会の中にいます。

自然の中に入る前から道中に想像の中で話していた、もう会えない人達。電車に揺られながらうたた寝をしている内に、またお別れです。

こういう別れを繰り返し、あはれの趣がわかり始めると、人生というものの悲しさを感じます。

あの岩は悲しいのだろうか、あの川は悲しいのだろうかと。

Pocket

コメントを書く