味噌餃子?味噌炒飯?

2007.12.8日々のこと

制作→買出し→制作。

世界堂に行ったら「P60」というサイズの木パネルが店頭にあって即買う。
120以上になれば自分の身長よりも大きい・・・わくわくする。
「P60」でも幅は自分よりもかなり大きいが。

この感情は生物種の中に存在する闘争本能に近い。
「自分以上のものと戦える」ということへの喜々。最近の制作では浄化や発散というよりも何かを吸い取られている感覚がしていたが、この興奮にはそれさえも良しとしてしまう。昼食で入った餃子屋で水をこぼすほど興奮していた。たぶんにやけていただろう。その餃子屋では餃子ダレで食べるよりも、何に使うのかわからない胡麻味噌で食べた方が美味しかった。チャーハンもそれをつけた餃子と一緒に食べたら美味しかった。タレ屋か?

さっきまでPCでの制作だったが保存しようとするとフリーズしたり、いきなり強制終了されたりと結局3回も同じ動きをした。

やはり、物質的よりも精神的にかなり速くなっている。

けれども、やらなきゃいけないことは山積みだ。やばい。

Pocket

コメントを書く