子ども力

2011.12.18日々のこと

墨の乾き待ち時間。今日までにやらなければならないことは決まっているので、急く気持ちもあるが、焦って作業をしても意味がないので昨夜の話を。
 
昨夜は、加藤大季さんと呑んでから秦さん+鷹野さんのトークショーへ。しかし、いざ到着すると赤ん坊と遭遇してしまい、そのまま落ち着いてしまった。隣の部屋で催されているトークの内容はマイクから聞こえ、受付のモニターから流れてくる隣部屋の模様、目の前には子ども…浮世の話だが悠々自適に思えた。
 
世代で言うと、3つの世代が居たことになるが、この子たちの地球が美しいものであって欲しいといつも思う。そのために今なのだ。良いと思うことを今やる、それを過去の人達だってやってきたのだ。その流れは、生命誕生からおそらく変わらないだろうが、今よりも少しでも美しいものにしたい。そのために、「今を軽んじてはいけないな」と子どもが教えてくれる。

Pocket

コメントを書く