2018.7.9おすすめ, 体の健康, 日々のこと

今年買ったモノは、当たりが多い気がしています。
当たりのひとつが「バリカン」。
パナソニック製のバリカンで、付属品を付け替えることによって、いろいろな髪型がつくれます。
自宅で髪を切る「セルフカット」ってやつですね。
 
ぼくは大学卒業以来、自分で髪を切っています。
もっと言えば、高校時代も自分で髪を切っていました。
あの頃は、へたっぴでしたねー。
ボサボサです。
すきバサミとカット用のハサミの、二本だけを使っていました。
その頃のハサミを、今でも使っているんですけどね。
 
襟足を切るときは、洗面台の鏡に背を向いて、手鏡を持って、合わせ鏡にします。
そこにハサミを入れていくのだから、もうね、大変です。
思い切りの気持ちは絶対条件。
切る上手さは、後からついてきます。
(下手なんだけど)
 
切り落とされる髪を、体につけたくないから、洗面台の方に体を仰け反って。
腹筋はプルプル震えてきます。
プルプル震えながら、ハサミを入れていくのです。
もうね、大変ですよ。
こんなことを、浪人時代と大学時代を除いた15年ほど続けていたわけです。
 
なに!?
15年だと!
15周年じゃないか!
セルフカット歴15年イヤー。
書いている今、気づきました。
 
そんな祝いの年ともつゆしらず、偶然見つけた「バリカン」。
坊主にしてた頃に、友人から借りパク(借りたまま返さない)したバリカンしか知らないぼくは、「バリカン=坊主」の知識しかないですわ。
それがね、15年後のバリカンは、未来のバリカンですよ。
もうね、いままでの15年が、びっくりです。
 
ブイ〜ンという音とともに適当に刈っていくと、あら、素敵なショートヘアの完成。
『3分クッキング』もびっくりでしょう。
(3分じゃ散髪できないけど)
バリカンに付属品を付け替えながら、刈っていくのですが、付属品やバリカンを収納する箱が、仰々しくないのもいい。
パッとできるから、いいんですよ。
しかも、ホコリをつけたくないから、使わないときは収納しておきたい。
丁度いいですね。
 
今までの経験が活かされるのは、仕上げのハサミと、合わせ鏡ぐらい。
そう、ハサミは高校の頃から使っている。
腹筋プルプルもしなくなりました。
(腹筋がついたのではない。仰け反らなくなっただけだ)
 
15年の間の、パナソニックさんの企業努力で、ぼくはいま、ラクちん生活です。
(プロダクトもガイドも、デザインはもっと良くなるけどね)
 


コメントを書く