ノウハウを伝える理由。

2018.3.17ビジネスの健康, 日々のこと

投資の感覚といえばいいのだろうか。
昨日は色々なクライアントや関係者たちと連続して話す日だった。
 
リクルートが危うかったときに、亀倉雄策さんがリクルート社内に事務所を移転させて、亀倉さんを知らない若い社員を励ましたり、当時の社長へ説教をし、立て直しを助けていた。
 
昨日、クライアントの一人と話していて、自分の口から「君や君のいる会社への投資だよ」と言ったときに、このことを思い出した。
規模感も違うし、レベルも違うかもしれない。
投資という言葉も似合わない。
たぶん違う言葉の方が適切だろう。
 
「投資と成長の機会」と言った方があっているだろう。
いや、「きびしさもある縁」と書いた方がいい。
 
北野たけしさんの独立の記事を読んでいても、同じことを思い出した。
 
ぼくがノウハウを包み隠さずさらけだすのも同じ思想がある。
ノウハウを隠したままぼくが死んじゃったら、ぼくを頼ってくれた人たちはうんこくずなデザイン会社や広告代理店に騙されることもある。
道を踏み外すこともある。
 
ノウハウというとスキルのような気がするが、人と人との関係性なんかもある。
「〇〇ができるからお願いしたい」ではなく「江口さんにお願いしたいんだ」と言われるのは、とても嬉しいものです。
ちょっと、がんばる気持ちが、プクッと起きるよね。
 
その人たちは、ぼくへの報酬が少なくなるのを良しとしないから、信じられるということもあるけど。
それが、きびしさもある縁、ってことだろう。
 
そういえば、最近は変な虫が寄って来なくなったな。

Pocket

コメントを書く