Wixを触ってみて。

2016.6.23おすすめ, ビジネスの健康, 日々のこと

ちょっと時間ができたので、今まで気になっていたホームページエディタ「Wix」を触ってみた。URLにこだわりがなければ、実質0円で使用ができる。今まで、ホームページ制作といえば500万円以上というのが当たり前であり、案件によっては1000万円超まで膨らみ、小規模でも100万円近くに、見積もりを出さなくてはならなかった。
 
しかし、紙の広告が費用対効果として信用を失っていったように、「作っただけで爆発的な効果がある」というのは一種の幻想であり、ホームページも同様だ。
 
クライアントの商品やサービスのスペックが良いのが当たり前の現代、デザインが良ければ、いかにしてストーリーを伝えるかが肝となる。つまり、豪華なホームページを作って納品して完了ではなく、ストーリーを見つけ、適切な形で世の中に発信できるツールを作ることの方が重要となる。それが冊子なのか、サイトなのか、SNSなのか。名刺ひとつでも顧客(クライアントのお客)の反応は変えることができる。
 
そして、顧客と会ったときのクライアントの対応や見た目が、ストーリーを伝える最も有効な手段であることを理解してもらい、そのためのツールを作ることが、私たちの仕事の本質だと思っている。
 
結果として「Wix」はスモールビジネスには使えると感じたので、HTMLがわからないけれど納品後には触りたい、そして、ホームページ以外にも必要なものがあって、そちらにも予算を使いたいとき(大抵、必要なのだが)に、利用できるのではないだろうか。


コメントを書く