Archive for 2016.8

UXデザイナーが育っていない日本。

2016.8.29

最近、事業者やデザイナーたちと会い、協力させていただくことが増えていく中で、「日本ではUXデザインのスキルが育っていない」と気付いた。
 
UXデザインとは「製品やサービスとユーザーが関わったときに、ユーザー満足度を向上させるためのデザイン手法」と言える。今までグラフィックデザイナーやWebデザイナーとして経験を積んできた人達からすると「そんな当たり前なことを、今更何を言ってるのか?」と思うのかもしれないが、これが実践できていないことが多いのが現状だろう。
 
日本では海外とは異なり、デザイナーやディレクターが役割として存在しているのではなく、デザイナーとして経験を積んだ人が、その後、デザイナーの上司としてディレクターとして昇進する縦社会が当たり前になっているため、ディレクターを名乗っている人でも「UXデザイン」への習熟度は同じように低い。
 
では、「わかっているけれど、実践できていない」現場では何が起きているのか? ユーザー=顧客=クライアント(制作会社の顧客)という、「クライアント至上主義」が染み付いてしまい、本当のユーザーであるエンドユーザーよりも、クライアントの言ったことを叶える方に重点を置いてしまっているのだ。クライアントの言ったことを鵜呑みにし、叶えようとすることを何年も経験するうちに、エンドユーザーを置き去りにし、いつの間にか「クライアントが何を言っているのかわからない」ということさえ生じてくる。
 
しかし、広告でも製品でもサービスでも、エンドユーザーがそれらと接触するタイミングや、使用中のこと、リピーターとして使っているときのことを考えると、クライアントが気付いていない自社製品の長所を見つけることができる。そういった長所は、クライアントが「大したことはない」と思っていることが多いので、それを掬って形にし、ユーザーの満足度を向上させる接点へ導くことが、UXデザインになる。
 

カンヌライオンズ受賞作で見るUXデザイン

 
話は少し飛んでしまうが、国際的なデザインやプロジェクトの祭典であるカンヌライオンズも今年の受賞作が発表された。数年前までは優れた広告に賞が与えられるコンペティションだったが、近年では趣向が変わってきており、社会的に意義のあるプロジェクトに賞が与えられるようになってきている。今年でいえば「識字率向上を啓蒙するプロジェクト」や、「重度の呼吸器疾患に苦しむ人々が、1週間でアポロシアターにてコーラスを開催するドキュメンタリー」などが受賞している。
 
つまり、社会的にアプローチするプロジェクトに評価や関心が集まってきており、それを見たユーザーは、Webサイトなどでより詳しくプロジェクトや問題について調べるようになる。ここではユーザーは2種類存在し、プロジェクトのテーマになっている人々(識字能力がない人や呼吸器疾患の人)と、そのプロジェクトを見た人々である。
 
ドキュメンタリー映画「happy」でも取り上げられているように、生得的に人は、他者と協力することで幸福感を得られると言われている。そして、幸福感が長寿などの健康と結びついているというのも知られており、先のようなプロジェクトを見たユーザーが、プロジェクトに投資をしたり、プロジェクトを通さずとして対象となる人に協力したりすると、それでも幸福感は高まるということだ。同時に、そういった協力が増えれば、当事者であるユーザー(識字能力がない人や呼吸器疾患の人)にもプラスに働く。
 
実はこれもUXデザインが働いていて、ユーザーの満足度(=幸福度)を向上させることを手伝っている。プロジェクトの動画やWebの見た目も美しく、グラフィックデザインやWebデザインの手法が軽んじられている訳ではないが、ここでは医療や心理学、教育といった他のジャンルと言われてきた専門性も組み合わさっている。
 
一方で、デザイン部門でグランプリを獲得もした日本企業の受賞作を見ていると、今までのようにウィットを効かせたビジュアル押し、ドラマ仕立ての冗長な企業広告を未だに作っており、海外受賞作と並べると、そのズレは認めざるをえない。
 
これは、その広告を見たユーザーが何を感じ、その後、どのような行動をとって欲しいのかよりも、自社の価値を伝える方を優先させてしまっているためであり、「自社のイノベーション」「自社のドラマ」を押し付けている以外、何もない。受賞作に出ていた充電式電池だが、現に私は、電池を充電式に変えることにより、生活は変わったし、心理的にも随分ストレスは減った。つまり、電池を充電式に変えるというのは、優れたUXデザインになるにも関わらずだ。
 
今までのように、見た目の装飾をつくることに固執してしまえば、デザインはいつまでもグラフィックデザインやWebデザインのままだし、企業の伝えたいことを一方的に形にしてしまえばユーザーは離れていく。しかし、ユーザーとの関係性ということを考えれば、あなたのデザインはUXデザインに変わっていく。それを実践するためには、グラフィックやWebのスキル以上に、他のジャンルのスキルを吸収し、自分のものとしていく努力が必要である。
 
 
ux_image-01-01

Pocket

Farm kitchen 然さんで食事。

2016.8.19

昨夜は大手町にある無肥料・無農薬である自然栽培野菜を食材に使っている、Farm kitchen 然さんで夕食をとりました。メール予約の際に「グルテンフリーの食事はありますか?」と書いておいたら、前日の夜に電話で回答をいただき、当日も教えていただきながら安心してメニューを選ぶことができました。
 
生野菜はそのままバリバリ食べることができるほど、それぞれの野菜の味があり、素揚げしたゴボウ、グリルしたナスは香ばしさが加わり、ドレッシングをかけずに食べることが出来ます。どれもこれもが甘ったるいのでなければ、味がしないのでもない。それは、自然栽培ならではです。
お通しで刺身が出たけれど、醤油ではなく、味付けされた卵黄で食べることが出来ました。グルテンフリーのメニューを選べるのも、食材だけでなく調味料まで把握し、調理場とホールの連携が取れている証拠です。
 
自然栽培かつグルテンフリーの食事に切り替えてから、外食ではその選択肢がほとんどないことがわかりました。そのため、ほとんどの食事が自炊に戻りましたが、誰かを接待するときなど、こういうお店が増えてくれると、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際も、訪日外国人に真のおもてなしが出来るのではないでしょうか。
 
大手町なので東京駅からも近く、出張接待のお店としてもいいかもしれないです。
とても良いお店でした。
 
【お店情報】
Farm kitchen 然
  
IMG_4656

Pocket

メッセージに込めたもの。

2016.8.1

ホームページのトップメッセージを「How can I relieve your anxiety?」に変更しました。訳すと「どうしたら、あなたの不安を和らげることができるだろうか?」になります。「remove:取り除く」にしなかったのは、最終的に答えを決めるのは、不安を抱えている本人自身であったり、企業だからです。その不安は、「利益を上げることができるだろうか」「株価を上げることができるだろうか」「ユーザーを喜ばすことができるだろうか」「上司を説得することができるだろうか」など色々あります。
 
僕らができるのは、不安の根っこを見つけるのを手伝い、根っこから芽を出させ、花を咲かせようと形を作ることです。「こう育てると、こういう花が咲きやすい」という例を示すことや「こういう花の方が合っているんじゃないか」という提案はできるけれど、「どういう花を咲かせたいか」というのは不安を抱えている本人自身が決めなければなりません。
 
そして、不安が新たな不安を呼ぶように、案外、事業者自身や担当者自身が、根っこに気づいていなかったりします。はじめの頃は気づいていたかもしれないけれど、徐々に、新たな不安の方に注意が向けられ、根っこの部分を置き去りにしていることがあります。
 
僕らのような外部の人間だからこそしやすいのは、根っこの部分に再度スポットを当てるということ。そうすると、負の連鎖として新たに生まれた不安も、正の連鎖として解決できたりします。そして、根っこにある不安は、事業者や担当者が常に抱えるものであるのだから、その不安を和らげる方法を考え、形にするのが僕らの仕事です。そういう意味を込めて、「How can I relieve your anxiety?」というメッセージにしました。

Pocket