Archive for 2014.2

2014.2.25

海の中、空の中、どちらがいいかと考えていると、「感じるものだな」という気持ちになる。「義務感」や「正義」を振りかざして進められることよりも、「良い」と感じるものに歩を進めることが、結果的に良くなると信じている。

Pocket

2014.2.24

コンセプトを考えていて、しっくりくる瞬間がある。マッピングをしていて、端と端が繋がったりするのだ。それは根っこと枝葉の関係であるかのようで、エンドに出会うのは枝葉だが、それを形づくるための根幹が必ずある。その関係性をコンセプトと言い、僕らはそれに出会うと嬉しくなる。

Pocket

2014.2.23

家族を作ることを勧められるとき、「自分のような勝手な人間が」と思い、笑って避けようとしてしまう。幼いころから青年期まで、憎しみだけで生きていたことに償いをしていない。すまない、と思っても、幼子の頃の自分とは会えないのだ。

Pocket

書き方

2014.2.22

ここ数日の文章では、題名をなくして短いものにしてみた。文章の長さによって、自分の考えていることは左右されるのだろうかという疑問を持ったことがきっかけであり、漫画の単行本に書かれている作者のことばを真似てみたのだけれど、「こういうのもアリだな」というのが正直な印象です。
 
読者には物足りない気持ちが生まれるかもしれないけれど、正直に自分の考えていることを伝えたいので、こういう書き方もしちゃいます。
 
ごめんね〜。

Pocket

2014.2.21

怒りを持って生まれてきたのか、生まれてから怒りを覚えたのか。喜びを持って生まれてきたのか、生まれてから喜びを知ったのか。昔々の自分よりも前、自分というのがいたような感覚もある。

Pocket

2014.2.21

「美しさ」の基準は人それぞれだが、普遍的な感覚はあるはずだ。それって、人を信じることと似ているような気がしている。

Pocket

2014.2.19

わけもわからず作っていた頃があり、戦略をもって作るようにもなった。どちらに揺れても我執が生まれる。つまり、真ん中が一番いい。

Pocket

2014.2.18

金曜日から土曜日にかけて外にいたため、携帯の充電が切れた。東横線は止まり続けており、東京のよくわからない地域まで来ていたので、電車での帰り方はわからなくなった。
 
冒険のようだ——と思えなかったのは、寒さが手伝っている。冬眠を手放したかわりに、人間は寒くても動かなくてはならない。
 
動き方はいくつもあるはずなのに、「家に帰らなくてはならない」という観念があると、それを阻む電車が止まることを呪いたくなる。
 
そう、動き方はたくさんあったのに。思い方ひとつで、人生の快適さが変わるんだよね。

Pocket

2014.2.16

今、HPの更新をしようとソフトを立ち上げてみると、ところどころ文字化けが発生して進まない。日本語化できたと思ったが、何かがいけないのだろう。こりゃ参った。もしくは停滞させる理由になるのだろうか、と言い訳が生まれるが、寒さと東横線が動かないで過ごした2日間の疲れが出ているのだ。
 
たまにはこんな日を作ってもいいよね。

Pocket

水か。

2014.2.15

水も、器も、大地も、僕をつくってきた。空(器)がなければ、水はない。水がなければ、空は意味をなさない。それを支えてきた大地と歴史。毒を喰らわば皿まで。死ぬと分かっていても、水を飲んでしまうほど渇きは人の苦しみとなるように、制作の手を止めることは出来ない。水を飲んで死んだ人達の話を聞く度に、止められない性分に理解を覚える。

Pocket