Archive for 2014.1

肉への主観

2014.1.31

肉を頻繁に食べます。自分でも焼くことが多いのですが、すると、肉の焼き方がどんどん上手くなるんですよね。

焼き方が上手いって、どんなことだろうと考えているのですが、共通見解として、「柔らかく焼ける」というのはあるでしょう。スジが気にならなかったり、中身がしっとり、外に焼き目がついている、などありますが、味付けも大事ですよね。タレが美味しいとか、塩加減が良い塩梅だとか。

でも、これも人間が作り出した感覚でしかなく、所変われば違う感覚があるんですよね。

なので、自分の加減で一番美味しいと思うものを求めるんです。

Pocket

物語の力

2014.1.30

最近、一週間に一回、泣いています。原因(?)は、jwaveで流れる「浅田次郎ライブラリー」を聞いているからだ。

友情、家族、恋ーー様々な人間模様があるのに、どれを聞いても涙腺が緩む。わかりやすく、気をてらわず、だから登場人物たちの心情とリンクしやすい。登場人物は人間味があり、後悔を抱え、人目から成功していてもそうでなくても優しい人達なのだ。

聞いていると不思議なことに、「幸せになって欲しい」と思ってしまう。物語というのは、その中での出来事にすぎない。それでも、彼らには僕らが知る前の人生があり、その後の人生があるように感じてしまうのだ。そう、文字だけで生かされているはずの登場人物たちが、しっかりと、そこに生きているのだ。

物語というのは不思議だ。

Pocket

根っこ

2014.1.29

先日、喫茶店でこれを書いていたのですが、周囲には他人がいます。それで、想像してみたんです。人類がいなくなった世界のことを。それでも僕は、いま、こうやって書き続けているんだろうし(内容は異なりますが)、作品を作り続けていくんだろうね。

どんなにたくさんの方向に同時に向かっていても、根っこの部分がわかっていたら、平気なものだとつくづく思います。

Pocket

悪い撮影

2014.1.28

心を込められない撮影というものがあります。ほんっとにたまーに、なのですが、本当にそんな時があるのです。

そういう状態に陥るときって、人を撮る時なんです。撮られる人が「撮られるのは当然」という態度にいると、こちらも「こいつのためにならなくてもいいか」という気持ちになるのですが、そういう写真って、後悔しかないんです。

本当に撮るべき写真ではなかったと、後悔しますし、結局「自分のためにならない」んですよね。

Pocket

人を信じて、自分を預ける

2014.1.26

体のメンテナンスとして月に1回、マッサージに行っているのだけれども、いやはや、どの人も初回よりも2回目の時の方が、僕の体に合わせた施術になっているんです。
 
自分の体を人に預けることは、考えてみたら大変な信頼関係が働くんだろうと思いました。手をほぐされているときに、指は赤ん坊のように、うっすらと閉じている状態になり、やってくれている人の動きに合わせて指が開いていきます。
 
その時に「赤ん坊のようだな」と半眠の状態で思ったのですが、体を預けている信頼関係は、ちょうど母子のようなものかもしれません。

その信頼関係は背術前の会話で、お互いに好きなことを仕事にしていることを話題にしたから、より強く生まれたのかもしれない。

好きなことを選んで進んでいる人は信頼できる。これ、とっても当たり前のことだ。

Pocket

「ありがとう」が増えていく

2014.1.25

「攻撃的な作品」を作らなくなってきたような気がしています。内容が、っていうよりかは、構図や色味だとか表面上のことなのかもしれませんが、「専門家に向けた作品」のようなものは作らなくなってきました。
 
これは、ここでの言葉遣いや話題とする内容にも絡んでくることなのですが、どれだけ門戸を開いて、傷めた心の傍にいることができるのか——そういう作品でいたいと思うのです。
 
作ってきたことや、作れることに感謝の気持ちがあるし、関わってくれてきた人や関わってくれた人、そして、自分自身に感謝の気持ちを持ちます。それは、在るのが難しいことなのかもしれませんが、普通のこととしてあって欲しいのです。
 
「ありがとう」が増えて、優しい気持ちを増やしていきたいです。

Pocket

反面教師の考え方

2014.1.24

人類はルーティン化していく種族だということがあります。決まった時間に起床して、約束先に向かう。

それが行き過ぎると、滞ることを許せなくなります。

それが丁度良く働くと物事は進んでいきます。その気持ちよさを失うことが、怒りを覚えさせるのか、進まなくなった先を考えて怒るのか、はたまた両方か。

でも、人は老けていくし、時間は止まらないことを考えると、ルーティンでもないのかもしれませんね。

二重否定になりますが、でも、これは反面教師のような考え方なので、嫌いな考え方です。

Pocket

生き方上手、死に方上手、別れ上手

2014.1.21

「なぜ生まれてきたのか」と悩み、「良い死に方をしたい」と願う——自分も含め人間の行き着く先ないし根っこは、生き死にに結びつくのではないだろうか。
 
愛しい人や食事を分かち合った仲間と死に別れ、それでも人は誰かといることを選ぶ。時間は悲しみを累積させ、悲しみを忘れるかのように、仕事に熱中する。しかし、ふとした時に悲しみ混じりの感動と出会い、積もった悲しみの経験はこの感動のためにあったのかとさえ思われるほどだ。過去の人は「おかし」という単語をつくった。感動の中には、別れる悲しみがあることを知っているのだ。

生き方上手とは、死に方上手のことで、死に方上手は別れ上手ということなのだ。

Pocket

瞑想

2014.1.21

久し振りに瞑想を行った。呼吸を整え、順を追って身体の隅々まで意識を向ける。すると、瞑想を行う前の滞った心象は減り、平穏が現れてくる。忙しさにかまけて寸分と長い間、瞑想を行っていなかったが、本当は心を亡くしているときにこそ必要な行為だ。

世界を変えるような一枚を作りたいと、子どもの頃のような気持ちを思い出した。

Pocket

Cool Running

2014.1.19

大学時代からの友人、野村隆介とやっている『Cool Running』ですが、これは僕の成長にもなっています。こう何年も続くものだとは思ってもいなかったのですが、職業とは違うところで動いているせいか野村にも、僕にも惰性とやる気のバランスが出てきます。
 
それでも、文章を読んでいると、最後まで読ませる力はついているし、文章を活かしながら最終形に繋げる力が互いに伸びていっているように感じるんです。
 
これね、本当はもっとたくさんの人に読んでもらいたいんです。
 
なので、詳しくはこちら

Pocket