Archive for 2014

動きから始まる。

2014.11.24

『インターステラー』を観ました。宇宙だとか、人類を救うとかの話というよりかは、親子の愛の話で、ハッピーエンド(と思えました)に持っていく手腕は、さすが、映画好きな監督だと思った。
 
人にはたくさんの「守る」ということが存在する。劇中に出てきたように、子、仲間、人類。それに友達や家族。人間の集まりである会社や国であったり、人の想いの結晶である企画なんかも、守る対象になる人もいるだろうし、権威などに派生して守るものが増える人もいるだろう。
 
僕には子どもがいないが、親が子どもを守ろうとする力は、群を抜いてとても強いように思える。僕が子どもの頃に病気になった時、送り迎えをしてくれた母。家から遠い入院先に、見舞いに来てくれた祖母。仕事をし続けた父。それぞれに想いがあり、それぞれの役目を全うしていたように感じるのだ。20代も中頃になり、それがわかった時、「あぁ、守られていたんだなぁ」と深々と感謝したのだった。
 
そんな家族の「守る」ことと同じように、子どものいない僕は、仲間や友人、社会を守ろうとしている。そして、守るということには、「変える」ことで結果、守ることが達成されることもあり、変えるためには、「動く」ことが前提になる。
 
『インターステラー』でも、動くことから始まり、未来を変え、子どもを守った。同じように、僕らは動き、社会の雰囲気を変え、次の世代を守ることを選んだ。

Pocket

鈍化。

2014.11.23

記憶になってしまえば、昨日も、十年前も同じになってしまう。たくさんことが事実のように思えて、嘘のようにも思えてくる。だからこそ、大切な人の別れも、恨みつらみの経験も全てが小事のようになってくる。
 
お昼に1,200円を超えるパスタを食べ、夕飯に300円に満たないパスタを食べた。不思議とどちらの味も美味しいとは思えず、そうすると、300円で良いように思えてくる。
 
不思議なもので、だからと言って300円のものを食べ続けると、そういう舌になってくるのだ。1,200円が上等とは言わない。だが、それだけの金銭を払うだけの価値がある味でもあったのだ。いや、場所代に金を払ったということだ。それが対価だということだが、いやはや、本当に美味しいものをじっくりと堪能していない。
 
最近、性欲が極度に低下している理由と関係があるのだろう。先月のぎっくり腰から、運動を控え、美味しい食事を堪能することがなくなったことと関係があるのだろう。
 

Pocket

親父の酒。

2014.11.15

ふと、親父のことを思い出した。僕には1つ、確実に親不孝をしたという思いがある。それは、親父と酒を呑んでいないということだ。僕には姉と兄がいるが、三姉兄の中でも親父と酒が呑めるタイプの人間は、僕しかいない。
 
団塊世代の親父は、根っからの仕事人間で、朝早くに家を出て職場に行き、仕事が終れば、何か特別な飲み会がない限りは家に帰ってきて、晩酌をしながらテレビを見ている人間だった。
 
親父が言ったことは絶対だったし、大柄な体格と仕事熱心さも合わさって、早くから校長に上り詰めた。学校という職場だが、僕らへの教育が熱心だったかというとそうではなく、自分がやりたいことを熱心にやっているタイプの人間だった。
 
そんな親父が晩酌で呑んでいたのが、キリンラガーの大瓶だ。
 
僕もビールは好きだったが、ロックンロールへの偏愛もあって、ハイネケンばかりを呑んでいた。しかし、親父が肝硬変になり、一滴も酒が呑めなくなったことを知ってから、何故か選ぶのは、キリンラガーになった。
 
意図して選んでいるわけではないが、親父が病気になったとき、唯一の愉しみのように見えた酒が今後一切呑めないと知ったとき、僕には大きな申し訳ない気持ちが芽生えたのだ。後悔とも言い難い、悲しさとも言い難い、何とも難しい気持ちだ。
 
その気持ちが芽生えてから、僕は、キリンラガーを選ぶようになっている。
 
今では、親父はノンアルコール飲料を呑んでいる。

Pocket

無償の愛の時間。

2014.11.9

時間ということにおいて、「仕事の時間」、「生活の時間」が分かれているのが普通だろう。しかし、僕にとって仕事は生活であり、生活を潤そうと思ったら、仕事をしていることを選ぶ。つまり、僕においては、仕事の時間と生活の時間は別個の時間軸ではないのだが、「家族と過ごす時間」は、別になっている。
 
「仕事を家に持ち帰るタイプ」と昔からよく言われている。付き合っている人がいたら参考意見を聞くし、実家に帰っても仕事の話をする。僕は大分、放蕩息子だったが、それでも家族から信用を得られたのは、常に自分のしていることの話をしてきたからだろう。浪人をしてまで入った心理学の道ではなくて、写真の道に進み、全てを合わせてクリエイティブの道を開こうとしている。今まで生きてきたことを繋げて考えることが出来るのも、僕が常に仕事をしてきたからだと自負できる。
 
ただ、ふと感じるのは、「家族の時間」が少なすぎるような気もしているのだ。昨夜、映画を見ていて、ホストに金を使っている仕事人間な金持ちのおばさんが、「私の母は58歳で閉経した。私もそろそろ58。私は自分が育てた男がトップに立つのを見てみたい。」というようなことを言っていた(と思う)。
 
仕事には、「育てる」ということはあっても、「育む(はぐくむ)」ということはあまりない。家族のように無償の愛というもので、時間とお互いの関係を育むということがないのだ。その寂しさの連鎖が、昨日の映画の中にあった。最近感じていた寂しさの要因は、家族のような無償の愛を、誰にも与えていないことかもしれない。

Pocket

時間

2014.11.8

時間が惜しい。何かをしてその分、時間が生まれると快感を抱く。だがそれもおかしいもので、24時間は誰にでも平等にあるはずだ。それが足らなく感じるのだから、自分がいかに無駄をしているかってこと。
 
もっと効率良く生きられたらと想像するが、もしそうだとしても、この性格が直らなければ、動き続けるのだろう。最後の最後まで仕事をしているのだろう。
 
ただ思うのは、星空を見る(想像する)時間をつくるってことだ。

Pocket

性格

2014.11.3

何かがあっても、最終的にはラッキーと思える性格は得なのだな、と思った。人からよく言われていたのだか、実感しないまま、人から言われると「そんなもんかな〜」と疑問になるが、さすがにこの年齢になってくると、僕の方がアブノーマルかもしれないと思えるようになってくる。

何かトラブルが起きた瞬間は「参ったな〜」と本気で思うが、なぜか最終的には、そのことの気持ち良さを発見することが出来るのだ。

そのお陰で、楽しく過ごせるんだよね。家で仕事をしててもね。これが、家に仕事を持ち帰る理由かもしんない、、、になってないか?

Pocket

さよなら、これまで。

2014.11.2

今、自宅のお風呂場のガス機器を取り替え中。と言っても、僕が取り替えているわけではなく、ガス屋さんが取り替えてくれている。慣れた様子で進んでいるが、それでも、息が上がる様子が時折感じ取れるので、作業は重労働なのだろう。
 
さっき、チラッと機器を覗いてみたら、かなり綺麗な機械になっている(当り前だ)。これで、シャワーが使えない生活からオサラバかと思うと、あの苦労した日々も幾ばくかの感慨がある。昨日(今夜)もAM3:00の風呂だったが……。
 
まぁ、30分ぐらいで風呂が沸くことも分かったし、湯船の気持ち良さも思い出したので、これからは、ちょくちょく湯船に浸かろう。良い経験をした。
 
後は、このまま無事に工事が終るのを祈るのみ。頼むぜ、ガス屋さん!

Pocket

これもまた事実。

2014.11.1

既に死んでいる命。胡蝶の夢のように、現実だろうと夢だろうと同じ事をしているのだから、生きていても死んでいても同じことのように感じている。人類が自分一人になった場合でも、同じことをしているだろうと予想し、面倒臭いことがなくなるために、そんな状況を望んでいる自分がいるのも、また事実だ。
 

 
恋というのは、人が話すように、それほど素晴らしいことなのだろうか。その気持ちがなかなか思い出すことが出来ないでいる。「恋」の内容が、多数派と異なるだけなのかもしれないが、どちらにせよ、どこかで疑問がよぎるのも事実だ。
 

 
女の人が好きだし、セックスも気持ちがいい。しかし、目の前にいる人が「何のために生きているのか」わからなくなり、胡蝶の夢のように、どこかで現実のような夢、夢のような現実のように感じてしまうのも、事実だ。

Pocket

『二十二世紀写真史』のその後。

2014.10.26

写真家の秦さんが『二十二世紀写真史』を出版した。これは、昨年の2〜3月にかけて、秦さんが同世代の写真家たちと対談し続けた内容が書かれている。当時はustreamで配信もしていて、話す内容によって秦さんのテンションが違うのが、正直すぎて、僕は好きだった。しかし、同時に「怒濤の日々だな」と心配したのも事実だ。そこには僕も参加していて、もう随分昔のような気がしていたので、「昨年」と書いて驚いた。それほどまでに、この1年は早かったのだな。
  
僕個人としては、その時に話した内容と、今の気持ちは、それほど遠くはないだろう。ただ変わったのは、ビールの後に焼酎ではなくて、ウィスキーの水割りを呑むようになったぐらいかもしれない。
 
後は、その時に話していたことの速度が上がってきているということだろう。
 
今の気分としては、「もっといける」と「好きなことやりながら死ねるのが最高でしょ」ということ。ホント、今の気分なので、明日は違うかもしれないけれど。
 
というのも、僕らには「過去」があって、「今」があって、「未来」をつくっていくでしょ。だから、あの時に話したのは過去で、出版が今で、その後の二十二世紀を僕らはつくっていきます。それは、どんな人でも、どんな職業でも同じなので、今生きている人にも、これから生まれてくる人にも、もう死んじゃった人にも、皆に読んでもらいたい本になっています(はずです)。
 
とにもかくにも、秦さんと出版に携わった方々、お疲れ様でした! また、呑みましょうね〜。

Pocket

「金のため」も1つの選択肢。

2014.10.25

ふと思ったのだが、「金のため」という選択肢を持っておく必要もあるだろう。昔は、「金のために作品を作っているのか?」と悩み、倒れたこともあった。その当時は、「金のため」というのは一種の悪だと考えていたし、それ以降も「これを最上位の価値と思っている人を、否定するつもりはない」程度に思っていた。
 
だが、その選択肢を無理に最上位に持ってくる必要性はないが、それでも、「金のため」という選択肢を持っておく必要があるかもしれないと感じているのだ。
 
特に今、その選択肢を持っていないために、完全に逃げ道や心の担保が足りなくなりそうな状況だ。「時間」、「労力」、「金銭」、「感情」のコストとメリット——あぁ、そうだ。昔のガツガツしていた頃とは違い、安心しているために、僕は今、「金銭」のメリットを、全く失っていた。
 
昔の感覚を、ちょっとだけ取り戻していこう。

Pocket