Archive for 2013.8

野心家

2013.8.31

この歳になってくると、仕事熱心な人とそうではない人で顕著な違いが出ているように思えます。

もっと突っ込んだ言い方をすると、野心があるかどうかです。

野心と聞くと悪いイメージが持たれやすいですが、「社会を変えたいと思って動いているかどうか」です。

そんな人達というのは、必ず外の意見を取り入れようとするので、人の話を聞きます。かつ、相手から意見を出してもらうために、自分から話します。つまり、会話ができる人達なんです。そして、好きじゃなきゃ出来ないことも理解しているので、楽しんでやっています。

そこから逆算して考えてみると、「楽しんで仕事が出来ている人≒野心家」なのかもしれませんね。

Pocket

まとめあげること

2013.8.31

初めて出会う人の顔が、友人に似ているというのは度々あります。

 

そんな時には、友人の性格だとか、雰囲気だとかを目の前にいる人に重ねてしまいます。

 

もちろん、違う人ですし、目の前にいる人にはその人の人生があったのですが、重ねて見てしまっているせいか、けっこう被って見えるんです。「やっぱり、控えめなんだな」「クセのある話し方だなぁ」なんて思っていると「人相学も馬鹿に出来ない」と感心します。

 

どれだけ違うといってもタイプはあるし、それを言ったら、人類という分け方をしたら1つなんだよね。

 

分けることが価値とされてきた今までですが、これからは「まとめあげること」が必要になってくると考えています。

 

そうすれば、足の引っ張り合いも、個人間の利権争いも少しは減ると考えて、今、動いているんですよね〜。道は遠いが、見えているのだ。

Pocket

ベランダの時間

2013.8.29

ベランダでぼけーっとしていると、保育園帰りの親子を見かけます。 
 
「あの子が幸せであって欲しい」と願う。
 
「姪っ子が幸せであって欲しい」と願う。
 
知らない子だろうが、知っている子だろうが、やっぱりね、子どもは幸せに育って欲しいです。

Pocket

比べてもしょうもないけどね

2013.8.28

一方、その後に食べた蕎麦屋では、全く逆の慇懃無礼な対応に僕は笑ってしまったのでした。
  
僕だけかもしれませんが、ちょっと鼻につく業務用笑顔。千円札をパッと出したにも関わらず、一円台の小銭を持っているかと尋ねてくる高慢さ、極めつけは僕の後ろからドアを開けてくれるという意味不明な動き。
 
千円札を出されるのが嫌ならば、端数が生まれるような値段設定をする必要はなく、そもそもお客が出した札から7円(言っちゃった)を持っているかと尋ねてくるのは、パッと札を出す行為への説教にもとれる。そして、お客の後ろからドアを開けるのは、お客が身をよける必要が出てくる。一手間とらせないための行為のはずが、一手間とらせることになっている。
 
このような行為が生まれる理由が、僕には理解できないのだが、システムに縛られているのかもしれない。「開けなきゃいけない」、「●%の原価でなければいけない」など、ルールにしたものに縛られているような、匂いもした。
 
そして、そういう場所に限って味は大したものじゃないんだよなぁ。

Pocket

F:半蔵門

2013.8.27

昨日、海外への作品の発送で業者へ行っていたのですが、とても素敵なサービスをしてくれました。正確にいうと、とても素敵な対応をしてくれる方々でした。
 
僕が伝票を記入している間に、サイズやら重さやらを測っておいてくれて、尚且つ、先読みして一緒に業務をしていた(おそらく)新人さんに、「○○だったらこう、▲▲だったら、こうしてね」とパターンで教えていたのでした(柔らかい口調で)。
 
しかも、疑問に思ったことは自分で調べて答えを出し、それを新人さんに伝えてフォローを入れておく。その対応の良さに、僕はちょっと離れた場所で伝票を書きながら感動していたのでした。
 
また、その業者の伝票を記入するのが初めての僕の質問に、完結かつ丁寧に答えてくれて、僕のくどい質問にも、言葉を変えて再び完結かつ丁寧に答えてくれたのでした。
 
圧巻は、アカウント登録をした際、今後集荷をするにあたっての書類を渡してくれるとき、「アカウント登録をした人」の場合は、記入する書類が減ることの疑問を僕が口にする前に、心地良いスピードで話してくれるサービスに僕は惚れ惚れしました。
 
もちろん、始めから終わりまで、僕が切羽詰まっていないか、手間をとらせていないかとケアをしてくれる空気感を出し、言葉選びをしてくれていたのでした。
 
心がウキウキするよね。

Pocket

友人

2013.8.26

今日は発送やらパスポート更新やらを済ませてから、一年振りに会う友人と呑んでいました。
 
僕らは大学時代の臨床心理を学んでいた友人で、彼はそのままストレートに心理職に進み、僕は藝術の道に進んだのでした。
 
おそらく、互いに向いているものに進んだお蔭でしょう。もう5年以上は同じ道で働き、自分たちの業界についての障壁をどう突破するかを意識して、未来を作っていこうとする姿勢。それはとても励みになるし、突破口はかなり似ていることを発見し、これからどう協力していけるのかを考え、答えを作りに動くようになるでしょう。
 
自分や彼も含め、異業種に進んだ友人達が力を付け始めた今漸く、社会を面白く作れるようになっていくのだなと、確信を持っています。そして、それが、人生をより一層、面白くしていく方法でもあることも感じています。

Pocket

動く話

2013.8.25

海外へ送る作品の梱包も終わり、残すは「作品の発送」、「パスポートの更新(撮影)」、「ホテルの予約」になりました。
 
ここまで来ると、楽しさを期待する反面、「ずいぶん面倒臭いこともあるんだろうなぁ」なんて思ったりもしています。
 
でもね、やっぱり最後に思うのは「行くことを進めて良かった」ということです。決心しただけであれば、ずるずると面倒臭さに引っ張られて結局は行かなかったでしょう。けれども、過去に海外で展示をしたときに完全に人任せにしていたら、な〜んも成果は上がんなかった後悔があるんです。
 
そして、その頃には視ていなかった未来の社会が、今は視えています。その社会をつくるために動いている最中だったので、タイミングも良かったんでしょうね〜。
 
よっしゃ、粘り勝ちを狙うぜ。進めて、進めて、気持ち良く。そういう気分です。

Pocket

気持ちの話

2013.8.25

文字が好きです。でも実際は、文字が好きというよりかは、フォントが好きです。和文フォントも欧文フォントも好きです。そうすると、歴史を知ります。そうすると、フォントの形を知ります。
 
かなり割愛してしまいますが、要するに「合理的に作られている」ということです。階級社会に合わせる、平筆が一般的だった、使役をさせたい、などなど、数々の制限や思惑によって、フォントは生まれています。
 
そして、歴史を知ると、現在の使われ方やタブーが迷信かどうかもわかってきます。けれども、下手にかじると、それらの迷信に翻弄されて雁字搦めになっちゃいます。じゃあ、どうしたら迷信に翻弄されないようにできるのか——考えたらね、「もっと良いものを作りたい」っていう気持ちだけでした。
 
たったそれだけのことで、何時間でも粘れるし、集中ができるし、一般的な迷信よりも、自分の考えの方が断然良いって自信が出てくるんです。
 
だからね、最終的には「気持ち」なんだよなぁ。

Pocket

げんご

2013.8.23

英語を見ていると、不思議に思います。「何で、日本語があるんだろう」という疑問や、「英語って何であるんだろう」というものです。母国語はその人の考え方をつくる要因になるし、布教では言語を教えるのが一番効果がある。
 
じゃあ、なぜ無宗教である日本に日本語が残っているのだろうか? 英語が広まらないのは何故だろうか? 
 
島国だから? 外国人と触れる機会が少ないから? 学校教育が下手だから?
 
まぁ、そうかもしれないけれど、な〜んかね、今の日本の雰囲気や求めるものと日本語って合っていないような気がしているんですよね。やはり、英語的なんじゃないだろうかと。

Pocket

無機質か

2013.8.22

エスカレーターに乗っていて、「これは凄いな」と、今更ながらに思いました。僕達は動かずに移動できちゃうんです。
 
これ、あらためて考えると恐ろしいことだと思いました。目的地へ、動かずに辿り着ける。つまり、動かずに目的を遂行出来る。
 
今、僕はキーボードを打って、言葉を書いています。もしも。これが、僕が何もせずに思っただけで言葉を書けていたら……恐ろしいけれど、そのスイッチのオンオフが出来たら、何て便利なんでしょう。
 
そういう風に考えて、エスカレーターって生まれたのかなぁ、何て思えたら、ちょっと無機質な機械もロマンチックなものになり得ますかねぇ。

Pocket