Archive for 2013.3

一人一人の力を信じる

2013.3.31

理想としている世界をつくるために努力をし、成果を出す事は喜びに繋がるのは当然だと思うんです。しかし、叶えるための方法は1つということはなく、いくつかあるはずだ。
 
そして理想となること、つまり、大切なものがいくつもあっていいはずで、それらを考慮してきたのが人間の歴史だ。その点においては、欲張りで良いと自信を持って言える。後は度量の問題で、器が大きければいくつもの大切な人やものが入れられるんです。
 
「あっちか、こっちか」じゃなくて、「あっちも、こっちも」を実現する力が、どんな人間にもあるはずだ。それは、利益を出すということであってもだ。

Pocket

度量の大きさ

2013.3.30

天気予報を見ていると「可能性が〜」、「○○かもしれないです」という言い方しかしていないことに気が付く。そして、当たったら翌日の天気予報で「ほら、言った通りでしょ」と満面の笑みになっているのが不思議になる。
 
断定をしなければ当たるんです。
 
けれど、断定をしたら外れるかもしれないし、当たるかもしれないんですが、断定が出来ない天気予報の仕方って、外れたときに、怒りに支配される視聴者の度量の小ささだったり、責任を被りたくないという予報士の恐れだと思う。
 
でもね、これを会社やプロジェクトに置き換えたら、滞ることは明白だ。予報士=先導者/リーダー、視聴者=メンバーになるので、恐れに支配されて断定しないリーダーと、失敗したときに負の感情に支配されるメンバーで構成されていることになる。
 
人間なんだから失敗します。でも度量が大きければ、失敗を笑い飛ばした上で次の糧に勉強する。つまり、次のやり方を発見できるんです。
 
日本が閉塞感で溢れているのは、リーダーにも、メンバーにも度量の大きな人達が減っているのも一要因で、それって精神論だよね。「信じる」っていう精神的な部分が、行動に影響するし、結果にも影響するんです。

Pocket

映画の話からずれちゃった

2013.3.29

『ソーシャル・ネットワーク』(監督:デヴィッド・フィンチャー)を観た。やはり気になるのは「広告」を拒否するところだ。現在のFacebookでは広告が表示されているが、昔のものは違ったのだろうか。そして、「クールじゃない」という、広告を拒否する理由が真っ当だったために、気になってしまう。そう、貼り付いている広告は格好悪い。Webでも電車でも街でも、意味もなくぎゃーぎゃーわめくだけの広告は格好悪いのだ。狙って打ち抜くか、掬い上げたものが広告となるのが格好良い。スマートだと言ってもいいし、洗練されているとも言える。
 
おそらくFacebookって、ユーザーよりも作っている人達の方が何百倍も楽しいよね。Fbを始めたのは人よりもかなり遅く、あまり使っていないが、触ってみてそれだけはすぐにわかった。そして、その話題を振っても、誰も興味を持たないのが不思議だ。コンテンツビジネスは流行ったけれど、システムやサービスを作るのは皆興味がないのかな。どんな業界も、昔の様に中身の上質化を図るようになるか、もしくはシステムやサービスを作る方に変わっていくと思うんだけどな〜。コンテンツの種類を増やすのは、もう中途半端に古いでしょ。
 
そして、昨夜、考えていたら気付いた。キーワードは「幸せ」、「システム」だと。写真業界を含むクリエイティブ業界が衰退し、どうにか良くしようと今まで動いてきた。また、「悪い偏見を変える」ということにも注力してきた。それらを一言でいうと、「幸せのシステムをつくる」ということかもしれない。
 
1つの職業名で括ろうとしたり、出身畑で従事することを好む日本の傾向は世界的にも稀で、それが職能の細分化を加速させ、まとめあげる能力をなくし、いまだ文化レベルが低いことに繋がっている。それを突破しようと、僕は1つの職業名で括れない働き振りをし、写真家・デザイナー・思想家などといくつもの職業名を持つのは、未来の働き方(社会システム)に相応しいだろう(海外では当り前だが)。加えて、drunk afternoonで行っていることは、関わった人達が自立できるように、クリエイティブの力をつけることである。最後に、僕が他の業種の方々とお会いし、写真家の偏見を変えてきたのも、写真家が出来る仕事が写真を撮るだけではないことを知ってもらう、つまり、写真業界のシステムを変え、写真家が行える仕事を拡張(サービスの拡張)することだった。
 
なぜ、これらが「幸せのシステム」に繋がるのか。それは、人は自立して仕事をし、他者と交流することに喜びを感じるからだ。「出会いがほしい」、「仕事がほしい」というのが明白であり、職場恋愛をしたり、コミュニケーションツールが発達してきたことからも裏付けられる。職業を超えたら人と出会う確立は高くなり、スキルがあれば仕事になる。好意を抱く入口として、仕事が出来る人間に異性は惹かれる。そのシステムを作ることができたら、中途半端な写真人口は爆発的に増えるし、その中で自立することが出来たら、職業を超えた交流から、新たな仕事が生まれる。このシステムを作りたいんだと、漸く言語化できた。
 
映画の話から逸れてしまったが、良い映画でした。音楽もテンポも、人間性のあぶり出し方もね。

Pocket

満足出来ていないことへの

2013.3.28

シンプルになればなるほど誤摩化しが利かなくなり、それ故、楽しさを抱きやすく、詰めの作業が一番時間をとられる。単に綺麗なだけだと、どこか壁を突破できていない感じがするが、少し気を利かせてみるとブレイクスルーが生じる。それは料理でいうところの、少量の砂糖を加えるのと似ていると気が付いた。
 
煮物はもちろんのことカレーや炒め物、漬け物において「微かに物足りない気がする」程度のとき、砂糖を気持ちだけ入れてみると、その他の味覚成分が際立ったりする。「微かに物足りない」「気がしている」程度のことなので、そのままでも充分通用するのだが、どこかで満足出来ていない自分がいる。そんな自分に正直になって一歩冒険してみると、一気に求めていた性質以上になったりする。
 
それは制作でも同じだな、と頻繁に思うのだが、楽しいことに正直になるのと同様に、満足出来ないことにも正直になるのも大切だ。

Pocket

泣ける理由

2013.3.27

TBSで放送されていたドラマ「とんび」を観ていたのだが、毎回、泣いていた。僕の家には録画機器がないので、普段は寝る時間帯にも関わらず観ていたのだが、いつもいつも泣かされていた。
 
たぶん、このドラマで泣けるのは自分が親の歳になっているのも手伝っているだろう。姪や子ども達と遊んでいると極稀に父称で呼ばれるが、この瞬間の心の掴まれ方は何よりも強い。年数を積むほど育まれる感情は、今まで愛情と言っていたものが薄く感じられるほどの強い愛情であり、子どもにとっての大人が、どれだけ広く大きく包み込むことができる存在であれるのか。
 
まぁ、親には敵わないんだけどね。

Pocket

制限時間が近い

2013.3.26

時間が、向こうからやってきているのが分かる。最近は日向ぼっこをしている時間が増えていたのだが、「余暇を楽しめ」か「何をするか」ということだったのだろう。桜もあはれと感じるようになった。悲しみが温かく広がっていく。何も持たずに、その時を向かえたいようだ。それとも、守りたい人を守ることだけになるのだろうか。はたまた、いまだ我執や欲動が生まれるのだろうか。もしくは、全部を混ぜこぜにできるのだろうか。

Pocket

2013.3.25

友人が大事なんです。家族も子どもも。欲張りと言われようとも、人間の幸せを理解してしまったときに、もう、それぐらいだということ。そして、憎しみの日よりも喜びで。

Pocket

現実だろうが、夢だろうが制作

2013.3.24

目覚めてから、お布団の中でもぞもぞとしていたら、樹々が擦れる音とさざ波の音が同じだということに気が付いた。その後、心拍の音、呼吸の音との違いが心地良く、いつの間にか、ソファで眠っていた女性を(起こさないように)撮影していた。結局起こしちゃったんだけど、「ごめんね」と微笑んだら微笑み返してくれて、撮影を察してか眠ってくれた。レンジファインダーいいね、と思いながら、起こしちゃうなんて写真家失格だなと反省。
 
途中から夢の話だが、どこからが夢だったのか覚えていない。こういう現実感の持ち方は好きだ。集中して制作しているときと似ている。

Pocket

偏見を抱え込めば、私欲になる。

2013.3.23

当り前だが、日本にいると良い部分と悪い部分がある。特に職業では悪い部分の特徴の方が目立つような気がしている。出身畑や年数を気にしすぎるところ、職業名を1つに絞ろうとするところ、引用元を明かさないところ(手柄を自分のものにしようとするところ)、批判をしておけば良さそうに思っているところなど、先進国として特殊すぎる国ではないだろうか。
 
海外贔屓になるところも良くないと思うが、上記のことはとても馬鹿らしいと思ってしまう。簡易的に人物の歴史を調べるとき、ウィキペディアを用いるが、職業や背景を調べるときには英語版の方を閲覧するようにしている。英語版の方が、職業名や活動領域、背景が詳しく書かれているからだ。
 
また、どのマスメディアも同じ情報しか提供できていないのに、「一部情報機関によると……」なんて引用符で済ましてしまうなんてありえない。そんなのだから、情報を伝えるだけで簡単に手のひら返しができるのだ。
 
加えて、(大別すると)僕は美術→音楽→心理学→写真→デザインの順で歳を重ねてきてよかった。時には専門に特化して、時には複合的に混ざって活動することによって、たくさんの人達と会話をすることが出来た。
 
それ故、人と会話をする時に、近々(きんきん)の事柄から相手の性格や背景へと潜っていくことで、自分の偏見がポロポロと剥がれていく。しかし、性格や背景、職能を排除し、表面的な部分にばかり目をやれば「潜っていく作業」は出来ない。そうして、否定語ばかりを用いてしまう国民になってしまうのだ。
 
年齢や経験を重ねることが悪いと言っているのではない。そうでしか得られないものもある。しかし、そこばかりなっていながら、資本主義に陥っているのは辻褄が合っていないのだ。資本主義の基盤は「安いものが良い」と「私の幸せ」だ。「質」と「皆の幸せ(共益関係、公益)」ではない。年齢や経験で得られるのは「質」だが、「安いものが良い」のなら、動けない奴らはいらない。そんな奴らを大事にせよと言われても、金を払って生活を支えてやろうとも思わないだろう。
 
よく、年金問題や子育て問題、TPPの不安で自分のことばかりが挙がるのも、「私の幸せ」の偏見しかもっていないからだ。「育てる意識」も「支える意識」も持っていない。老若男女問わず、精神が幼いこと——それが、日本の国益を下げてきた原因ではないだろうか。そして、少なからず僕の友人にも、共益関係に配慮しない人達がいるのは残念なことだ。そう、とても残念だ。

Pocket

桜の話のつづき

2013.3.22

先日の「桜の話」に関係したことを。以前、「桜は満開の時よりも、満開手前の方が想像出来て美しさを体感できる」と話したけれど、これって制作過程で言うと、完成の手前や、完成といったところだと思った。
 
制作をしていると色々なタイプの人達と出会うけれど、「完成の一歩手前で完成させる」というのは面白いなぁと思いつつも、僕はしない。それよりも、「余白や動きで抜く」ことに重きを置いている。つまりは、完成させるということです。美術業でも企業系でも、余白や最小色数、最小グリッド値は大切になる。
 
今や新定番となっているフラットデザインも、日本では10年ほど前から、世界的には5年ほど前から、大衆的なものでも見るようになり、3年ほど前に流行った。流行で終らなかったのは、それまで競合を出し抜く派手さで、視聴者の目を騙そうとしてきた流れよりも、フラットにすることによって、タイポグラフィへの意識や色や形の相関など、基礎力の底上げから真の美しさを目指すように変わってきたからだ。
 
それは、伝統工芸の紹介、ライフスタイル提案型、幸福感を売りにする書物など、視聴者の意識が中身に変化していることからも同様のことが言える。
 
閑話休題。満開手前=完成手前、満開=完成という図式を乱暴につくってしまったが、何故、桜の場合だと満開手前がいいのに、制作では満開(完成)に至らせるのか。それは、桜の場合は想像ができるのだ。つまり、満開の桜がどういうものか、それぞれ知っており、人は自分の最も美しいと感じる桜を想像することが出来る。
 
しかし、制作になってくると、視聴者は想像することが出来ないのだ。当り前のことであり、制作されたものを視聴者は体験したこともなく、不確定なものに不安を抱くのは人間の性である。故に完成させることで、自分も含めた視聴者の食指を動かす事が出来るのである。そして、完成させたものが派手さで騙す方向から、内面を底上げしたことで生まれる感動が、これからは求められるだろうし、僕は好きだ。

Pocket