Archive for 2013.2

傾向

2013.2.28

最近になって気付いたのだが、どうやら僕は「一肌脱ぐ」のが好きなようだ。もちろん衣服を脱ぐわけではなく、行動する基準となるものの傾向の話だ。双方にとってメリットがあって、お客さんなどの第三者にもメリットがあるのが理想だが、そんな理想的な話ばかりではないのが現実だ。
 
けれども数年前から、理想的な状態にならない場合の傾向がわかってきている。それは関わってくる相手が、僕のメリットを常に挙げてきたり、メリットの内容における不確定さが大きかったり、僕自身が決める内容(喜びなどの感情論)であったりする場合である。
 
恥ずかしい話、よく利用されたが、そういう方々が現在上手くいっている話は噂でも聞こえてこないのが因果応報ということなのだろう。いや、そんなことよりも、年齢関係なく数少ない友人達が超強力だというのが嬉しいことでもある。

Pocket

制作者として

2013.2.27

Webを制作していると「スマフォ用サイト」、「position:fixedのサイドメニュー」が出てくるが、僕が提案・制作する際はこれらを推奨していない。
 
「スマートフォン普及による、パソコン(以下:PC)でのWeb視聴の減少」の対策として、単純にスマフォサイトを用意すれば解決されるというのは媒体に翻弄され過ぎであり、機械に人間が振り回されてはいつかは人間の方が死んでしまう。しかし、単純にposition:fixedのサイドメニューではPCサイトをスマフォで閲覧し、拡大した際にコンテンツに干渉してしまう。
 
広告をしたい商品やサービスが優れたものであるのならば、それに合った適切な形で見せることをした方がいい。過度にプラグインやFlashを使用したり、PCからスマフォへ移動させたりする必要はなく、「本物(商品、サービス)に触れたい」と思ってもらえることが重要なのだ。
 
それはWeb自体も同じであり、スマフォで見た際にわざわざPCの電源を付けさせてブラウザーを立ち上げてHPに誘導させることが出来た方が、下手にあれこれ労するよりもWebが生き残る道が作られる。静的かつ古典的だとしても、性質の整合性と見やすさが高ければ必ず良い結果に繋がる。
 
それは紙媒体や美術作品も同じだと考えている。「生き残る道」と言ったがその言い方には語弊があり、媒体に振り回されずに、媒体の特長を活かす方が良い結果になるという考え方だ。それは、ホログラムや電脳化が完成されて、データを手で触れることが出来て、食べ物の味を感じ、データで空腹が満たされるようになれば話は別だが、普及されるのはまだ先だ。

Pocket

自然

2013.2.26

白盤更新しました。
詳しくはこちら
 

 
自然の中に入っていると、たくさんの当り前なことを思い出す。陽は暖かく、北風は冷たい。雪が降れば土はボコボコ。天地には逆らえない。それは人間の体も同じ、無理が生じれば必ずしっぺ返しがあるし、体が望むように動かせば良い動きが出来ている。

Pocket

揺さぶった先の今、希望

2013.2.25

先週は運動をせずに過ごしていたら、心が貧弱になっていくのが手にとるようにわかった。やりたいことがなくなったとしても、それが死ぬ理由へ直結させる必要はなく、体を揺さぶれば揺さぶった先の円が今となり、理由はそれだけで充分だ。揺さぶれば必ずといっていいほど、作品が生まれている。藝術だとしても、クライアントワークスだとしても、体を動かした先に作品が生まれる。それが希望になることも知っている。
 

 
僕は写真で美術作品をつくるし、商業美術であれば印刷物もウェブも広告写真もコピーも僕の領域になる。しかし、どんなに媒体が変わったり、増えたりしても、クライアントなりユーザーなりの届ける人がいるのならば、その人達への愛を中核において制作しているといっても大袈裟ではない。
 
どんな会社かという会社の中身は重要だが、外側の、行政に提出される書類に記載されているもの(社名、資本金、従業員数など)はあまり重要ではなく、打ち合わせをしている人、その会社で働いている人達、広告や商品、中身を届けたい人達が重要だといつも考えている。企業戦士になるための志はちょっとあれば充分だ、それよりも人への愛情が必要だと信じている。
 
そう考えれば、アートもクライアントワークスも同じように見えてくる。

Pocket

使命を果たしたとき

2013.2.24

いまや文章を書くのも1つの作品をつくるのと同じような感覚になっている。始まりは勢いと直感を頼りに書上げ、その後に推敲を重ねて滞らないような、流れるように細部を調整する。視覚作品と異なるのは、文章は伝えようとする姿勢がまだ強い(言葉の特性上、当り前なのだが)。それが力みにならなければ良いが、先日アップした文章で、ひとまず僕が普段話していることの大半は言い尽くした。「人間はいつ死ぬか分からない」ということについては触れなかったが、それは主旨が異なるだろう、今回は割愛した。
 
そして、こうやって何かを作ったり、話したりというのは「やり残したこと」をなくしていく作業でもあるのだろうと感じるようになった。その量が知覚できるほど減っていることに気付いたのだった。「人は使命を果たしたときに死を迎える」と何度か聞いたことがあるが、本当にそうだろうか? あまりにも辛過ぎる死というのもあるが、それも使命だと言えるのは、死んでいない人達だけだ。ただ、(藝術、クライアントワークス関係なく)作品が完成した際に感じる「魂が減る感覚」があるのも確かだ。そういった時の行動は充足感がある。しっかりと対価を支払ったということだろう。
 
*******************
 
白盤更新しました。
詳しくはこちら
 
*******************

Pocket

自分が見てるから、手は抜かない

2013.2.23

力が欲しい——昔も今も思い浮かべる言葉だが、昔と今では中身が異なっている。昔は力任せにねじ伏せる力だったが、今では物を作るための力だ。それは技術でもあるし、環境でもあるし、肉体でも精神でもある。
 

 
逆境でも試練でもなく、単純に不条理なことが続けば、流石に僕だって魂が汚れてくる。しかし、自分だけは潔癖でいようと手を抜かなければ誰かが見てくれているし、少なくとも自分自身だけは見てくれている。「誰か」を信じることができなくなっても、「自分自身」は信じることができる。だから、手は抜かない。最後まで写真は撮るし、組版を作るし、プログラムも組むし、線を引き続ける。昨日出来なかったことが、今日は出来るかもしれない。技術は裏切らない。
 
********************
 
ドキュメントページを更新しました。
詳しくはこちら
 
********************

Pocket

一歩ずつ歩く

2013.2.22

今週は寒さ+花粉の関係か、「物が見えていない」ような気がしている。それは他の諸感覚においても同様で自分の中心に辿り着けないような、逆に、外に発信できないような、そんな気がしている。しかし、回転が鈍るのなら地道にやれることをやった方が、この状態を突破できるような気がしている。

Pocket

取り繕っても意味がない

2013.2.21

以前、海外の方と「感情の表し方」について話していた際、日本人は感情を表すのが下手なのではなくて、感動を表すのが下手なんだろうと思ったことがある。
 
もしもFBの「いいねボタン」を押すのと同じ位の感覚で、感動を声に出すことが出来たら、世の中はもっと良くなると考えている。その裏返しでもあるが、「いいねボタン」の押し(押さない)方を見ていると、その人の傾向が見えてくるので、これも面白いな~と思ってFBを眺めている。
 
金銭利益が出るようなものにしか「いいね」を押さない人は、やはりというか、「ここで僕にお金を出させたら格好悪いよ」ということを平気でやってしまう傾向があったり、無闇矢鱈と「いいね」を押している人と話していると「ぬるいなぁ」と感じてしまう。そうしたら、どこかの雑誌で著名そうなディレクターが「公平性を保つために『いいね』ボタンは敢えて押さない」なんて意味不明な発言をしていたり。
 
どんなに綺麗事を並べても、どんなに大きい会社に入っていたとしても、本当に些細なことで人間が表れる。だから僕は常に「人間の話」をする訳で、どんな案件だとしても、当事者の考えていることや理想としていること、自分がすることを話さなきゃならないと考え、実際にそうしている。それは正しいとか間違っているとかではなく、「嘘がつけない話題」ということであるのだが、キャリアや優しさよりも、嘘をつかない人間が結局最後は信頼できる。
 
これが今まで色んな人と会ってきた答えです。
 
追記:最終的には嘘をつかない人間の方が優しいし、キャリアも持っているしね。

Pocket

好きなことを仕事に

2013.2.20

クオリティを求めていると悪魔が話しかけてくる。そいつは「無理だ。辞めちまいな」と手練手管を労するように耳元で囁く。そういう時、僕の怒りスイッチが押されて、「無理じゃねーよ!!!」と耳元の悪魔と闘うことになる。しかし、つくることは僕にとって一番好きなことなので、その際の表情は怒気に満ちているのではなく、口元は笑みに溢れて目は集中力を増していくようだ。
 
制作後、僕はいなくなった悪魔に対して「ほらな、無理じゃねーだろ(笑)」と勝ち誇る。
 

 
僕が「好きなことをやった方がいい」と言うのは、これが出来るからであり、もしも嫌いなことを職業に選んでいたら、悪魔に負けていたと思う。そうしたら技術もつかないし、自分のことには目を伏せて、何も出来ないまま焦って何でもかんでも社会のせいにしていただろう。修行中でも笑っていられるのは、好きなことを仕事に選んでいるからだ。

Pocket

全部が努力

2013.2.19

僕は技術信仰なところがある。どちらかというと「天才肌」の誉め方を受けることが多いが、絶対的な技術信仰者であると断言してもいいくらいだ。「本当に稀に天才がいるけれど……」という場合でも、僕は「その人は絶対に努力をしている」と言える。
 
何を努力と呼ぶかはその言葉を使用する人によって様々だろうが、僕の場合は「培った時間、労力、感情」が使われている場合に「努力」という言葉を使っている。仮にボルト選手が、全くの素人でオリンピックを制覇したとしても、選手になる前には走り回ったり、筋肉を使っていたりしている。それが、体躯の成長に繋がっているし、走り方の向上に繋がっているため、「努力」という言葉を使っても良いと判断している。それは「○億円稼いだ」という場合でも同じであり、そのために彼は努力をしたはずだ。
 
それ故、僕はどんなに輝かしい結果でも「その人の努力だ」と感動できる。だって、輝かしい結果も、その結果を発揮する技術も、技術を手に入れるための努力も同じ位格好良いことだと思うんだ。

Pocket