Archive for 2012.5

昨日

2012.5.27

昨日のこと。
 
午前中に納品の日であり、洗濯の待ち時間に近所の寺の境内に座って惚けていた。納品の朝は緊張感とともに、どこか寂しい気がするのだ。呑み仲間や喧嘩仲間が遠くに行ってしまうような。けれども、朝の陽光と風を浴びていたら、「今日は納品日和だな」と思っていた。納品時の会話からも、いくつかのことに気付かされた、よく思うが僕は納品相手に恵まれている。
 
その後、友達のお店「Bremen Cafe」で昼飯+お酒で気持ちよくなりつつ、店先で焼き鳥屋を開業(?)、久し振りの友人や新たな友人達とともに平和な時間。今とともに未来が出来ていくこの時間って「地球をつくる」ってことだな、と思った。戦争が起きようはずがない時間。
 
帰宅するとポストに文化庁から手紙が届いていた。「文化庁」と大きく書かれた封筒は、少々苦笑。国や公的機関であればあるほど、洗練されたデザインやグラフィックであって欲しいのだが。
 
友達20人突破、facebookをいじっていると「運営者側の方が何百倍も面白いだろうな」と思う。facebookからメールを送る方法がよくわからない。

Pocket

共生

2012.5.24

よく聞く言葉だが、「こらからの時代は○○が牽引するだろう」という発言の内容には優劣が発生している。その優劣は価値観の優劣というよりかは、勝ち負けと言った方がいいだろう。大抵の場合、今までのものが負けて、○○にくるものが勝ち組になるとして挙げられている。けれども、今までのものがあってこその、その考え方が生まれたのだし、そういってみたら、これから勝ち組になるものは、これから負け組になる先達が生んだものだ。
 
そのように考えていくと、掌返しのような言い方はどうなのかな? と訝しく思えてくるし、どっちも良い所を残していくことはできないのだろうか、と考えてしまう。良い所を観なくてもいい、存在を認めながら、こっちも生きているという「共生」はできないかなと、考える。アートとデザインの共生、写真とペイントの共生、男女の共生などなど。
 
僕は欲張りな性格なので、生活を助けたい人もいるし、そうしたことでやりくりできなくなってしまう人達もどうにかなって欲しいと思う。最近、自分がアーティスト、写真家として次のステージに入っているのに気付いていたのにもかかわらず、そのステージの実体が掴めずにいたのだが、どうやら「共生」ってことのようだ。4〜5年ほど前から「共生」という言葉を使っていたが、ようやく血となり肉となったのかもしれないな。違うかもしれないけれど。

Pocket

予定です

2012.5.17

6月に一切の仕事を休むために、5月に色々なことを終らせたりと詰め込んでいるのだが、気がつけば「6月にこの書類を…」という思考になっている……6月、休む予定。予定です。

Pocket

あ〜、おわったおわった

2012.5.13

色々なものが終ったような気がした。父と母が写っている1枚が終わり(「観」シリーズ)、憑き物が落ちたような感覚。そして、許せたような、特に自分を許せたような感覚だ。作品を制作していたらそのような感覚になったり、万物への感謝の気持ちが湧いてくるが、今日の完成は全ての感情と全てに対してと言った方が近い気がする。全てを引いて見ているような、この世というよりも「あっちの世」からの感覚のような。
 
普段なら納品時にするサインも、今日は完成と同時にしていた、オフホワイト系のインクで。名の「masaru」を「nasaru」としか読めないようなサインになってしまったのは、自分らしいというかなんというか。そう、和み、和の感覚だ。ゆっくりと和がつくられていくような感覚——そして、和になったんだ。
 
そういえば、昨日観た「つぐない」(監督:ジョー・ライト)も良い映画だったな。最初に「許せた」という言葉になったのは、影響を受けていたのかもしれない。けれども、今日の感覚は「和になった」と言った方がちょっと近いのかな。
 
和。和の感覚。ありがとうございます。

Pocket

征服や支配(続きの続き)

2012.5.12

「幸せにしたい」というのも、「気付きの後の気付けなかった頃に戻れない」のも支配か。自由が、ある特定の束縛からの解放というのと似ている。
 
先月から親知らずを抜いているが、抜く度に口の中にゆとりが生まれる。口の中にゆとりを持った生活が続いていくにしたがって、口の中の密度が高かった頃の感覚を掴むことができなくなっている。同様に、憎しみで支配されていた頃の感覚を取り戻すことが難しい。憤慨することは多々あるが、憎しみとは違う。圧倒的に違う。いつの日にか、再びそのような感覚になる時はくるのだろうかと、正でも負の感情でもなく、懐かしい心地になる。
 
しばらく使ってみたが、[CauseWalker(コーズウォーカー)] っていうアプリがすごい良い。移動するとき気付いたらonにしている。このためにfacebookのアカウント作ったといっても過言ではないぐらい。

Pocket

征服や支配(続き)

2012.5.10

けれども、老若男女問わず、自己の性質に気付いている人と出会うことも珍しいことだ。

Pocket

征服や支配

2012.5.10

「『世界征服』は可能か?」(著・岡田斗司夫)を読んでいた。世界征服のタイプと、征服後の支配している世界を考察することで「悪とは?」という問いについて述べている。世界征服を夢見た少年時代をリンクさせながら始まる切り口から、いつの間にか「支配」、「階級≠階層」などに言及されていることなど「さすがガイナックスの元・代表取締役」と納得の書き方だった。
 
途中、アメリカの南北戦争やグローバリゼーションについても書かれていたためか、アメリカについて「おぉ、なるほど」と思う事があった。
 
なぜ、彼らは英語しか話さないのか? 自由貿易をなぜそこまで推してくるのか? 聖書のベストセラー(無料でもらえるけれど)性について、以前、何となく疑問に思った事柄が腑に落ちたのだった。学生時代、歴史の授業で学んだと思われるが、植民地にした地域ではまずその地域の言語を禁止し、支配者側の国語教育に力を入れる。言語が通じた方が、支配者側の「自由」の幅が広がるのだ。同様に、市井の活性化には経済が滞り無く行われるのが良い。そのためには自由貿易の方が有利であり、これを行うためには言語は統一された方が都合がいい。なぜならば、力だけの勝負になり、頭がきれる、人を使うのが上手いなど、個人の力量がものをいうからだ。自由度が高ければ、このような人間が組織のトップにたつだろうし、組織のトップにたったとしても言語が通じなければ、地域の雑兵である社員に令状さえ提示することができない。そのために、言語を覚えさせることが必要になるのだが、役目を担うのは宣教師と聖書だ。「あなたのためですよ〜」と近寄る宣教師が渡すのは、英語で書かれた聖書である。たとえ英語で書かれていなくても、言語というのは精神や考え方、論理の組み立て方を表しており、一冊読み終える頃には、相手(支配者達)の論旨の組み立て方を掬い上げることは出来るようになり、その後に、英語を学ばせても吸収率は読んでいない人と比べると違うだろう。
 
つまり、統一度の高い言語を持ち、尚且つ「自分は有能だ」と思っていれば支配が出来る「自由」の方が都合がいいのだ(しかし、以前にも述べたが、全くの自由というのは存在せず、限定的な自由しか存在しない。つまり、ある束縛からの解放だが、別の何かには束縛されているということだ)。
 
力を望んでいるものは、自由を求める。少年時代の自分を顧みても納得だが、言語においても力と自由が現れている。僕は社員という言い方が苦手だ。同様に後輩という言い方も苦手であり、仲間や友達、チームと言ってしまう。この場合、どんなに有能でも自由は減少してしまう。そこでは性質が重要になり、性質をいかに長所に昇華させているかが重要になってくる。それで集まったらトップからの命令ではなく、いかにして歯車を噛み合わせるかが重要になってくる。この歯車が噛み合ったときに発揮するパフォーマンスは奇跡と呼びたくなるほど輝かしく、興奮してしまう。むしろ、船頭多くして船山登るとなっても、(言葉の意味ではなく)言葉通りに船が山を登ったら面白いなと思ってしまうのだ。

Pocket

美味しいと考えやすい

2012.5.6

無洗米と普通米を食べ比べたら、普通米の方が甘かった。そういえば無洗米ってどう作るのだろうか? 臭い豚骨ラーメンが好きだ。そういえば豚骨ラーメンで臭いの差がでるのはどうしてだろう? 大抵のものは火を通せば食べられるようになると思うのだけれども、一つの食べ物だけでもかなりの差が出てくるのは人間の歴史を物語っているのかもしれない。

Pocket

地球を作る

2012.5.4

「地球を作りたい」と最近から今日まで思っていた。そもそもの発端は、長く考えていた「子どもたちに美しい空気と美しい大地を残したい」というところから、「じゃあ、どうすんべ?」となったところからだ。残念ながら、僕は何かをするときに「作る」ということを含めてしまう性質である(美術でもクライアントワークスでもそれが職業になったのだからラッキーでもあるわけだが)。
 
つまり、美しい空気と大地を残したいというところから、地球を作りたいという結論に至ったわけだが、ここからが難しい……地球を作るって何だ?
 
おそらく僕が望んでいるのは、物質としての地球をそのまま同じように作るのではない。同様に、火星移住計画やガンダムのコロニーとかって話とも違う。僕が思っていた地球を作るというのは、人が、生命が幸せになる方法だ。幸せになるためには、まずは土壌が豊かではなきゃいけないだろうと、環境が感覚に及ぼす影響というのは計り知れないものがあるだろう。じゃあ、環境があればいいのか? といったら、それだけでは何かが足りないような気がする。つまり、「感動」だ。
 
僕は人殺しと人殺しにならない人の違いを考えるときに、「感動の量」の違いだと言っている。どんな小さいことでも感動を積み重ねていけば、いつの間にか人は丸くなっていると考えているからだ。「今日は曇りだなー、お肌が潤うなー」とか、「あの人の笑顔は素敵だなー」とか。そんなことでいちいち心が豊かになっていったら、人を殺している余裕なんてないまま時間が満たされていくはずだ。そして、人に優しくされたりなんかしちゃったら、はんぱない感動だろう。そうこうしている内に人は丸くなり、いつの間にか別の誰かに挨拶をしちゃったり、クッキーをわけちゃったり、荷物を運んじゃったりと優しくしちゃっている。しかも、本人が気付かない内にだ。すると、また別の誰かは優しくされちゃったりしたもんだから、また別の誰かや誰かに……こんな風に優しさは連鎖していく。そこには感動があるからだと思い、感動は誰かと共有したくなる性質を持っていると思うからだ。心が豊かになってくると部屋をきれいにしたくなったり、きれいにした部屋には素敵な友人達を呼びたくなるような。畢竟、感動したことで心が豊かになっていけば、土壌を美しくしたくなるのではないだろうか。
 
これをはじめの問い「地球を作るって何だ?」ということに当てはめていくと、人に感動を伝えていくってことになる。この問いを考えるために(それ以外にも理由はあるけれど)、6月は仕事をしないように画策していたのだが、「あれ? 作品をつくって人と話している今と変わんなくね?」ということに気付いたのだった。ということは、6月も仕事しているのか??? あれれ???

Pocket