Archive for 2012

ひゃ〜、今年も食べたぜ〜

2012.12.20

今年も色々な物を食べた。そこで、「あれが美味しかったな〜」と思い出していくと、まっさきに上がってくるのが、お店で注文したものではなく、人の家で出てきた食べ物(お酒)や、持ってきてくれた食べ物(お酒)だったりする。その次に、お店で注文したものを思い出すのだけれども、そこでも「作り手の気持ちが感じられるもの」が上がってくる。冷製・温製とかって意味ではなく、人の気持ちの入った温かい食べ物を覚えているんだな。まぁ、美味しいっていうのは前提でしょうが。途中で必ず思い出す「キリンラガー」も凄いけれど、これはこれで僕の生い立ちと関係しているビールでもあるので、結局は「温かいお酒」に入るんだ。そして、月餅が食べたいぜ(台湾出身って聞くと「げ、月餅つくれる?!」と食い気味で尋ねてしまうようになってしまった……)。

Pocket

施し型じゃなくて、自分らでつくる

2012.12.19

「幸せ」について語るよりも、「(誰もが)美味しいものを食べたいし、美味い酒を呑みたいんじゃないか?」と思っている。幸せという一言で括って会話をすると、解決の糸口は見つからなかったりするし、現在、戦争をしている人も、原発を最初につくった人も、肉を食わない人も、目の前を通り過ぎる人も、誰もがみんな幸せを考えているはずなのに、幸せの内容を確認しないことが問題なんじゃないかと思っている。
 
それに加え、「感覚に対してもっと素直でいいんじゃないか?」とも思っている。美味しいという感覚は「何を」美味しいと感じるのかは別だろうが、誰もがもっている感覚だろう。仕事が上手くいった後の、仲間と呑む酒は美味いと感じるが、知的でもなく、スマートでもなく、お洒落でもないような、野暮ったくて泥臭い集まりや内容で良いんじゃないだろうか。
 
ファッション、農業、トレッキング、自転車、草花をいじること、田舎暮らし、アウトドア、ライフスタイル提案型●●……全部、クリエイティブ業界が絡んで「今度はコレがオシャレですよ」と提示されたものばかりで、その後はスマートさや洗練さが必要になってくる(周囲では少ないが、ビールやかき氷もそうだろう)。ここに気付かないと、「自分で生むこと」や「自分たちで作りだすこと」というのが出来なくなっていき、観客席に座っているのに土俵に上がっていると勘違いをする。そして、本来縁遠かったはずのものに、洗練さやスマートさっていうのが欠かせなくなり、欠いている状態になることを恐れ、不安がる。けれども、「自分で生むこと」に気付いていないのだから、誰もいないところへ一歩踏み出すことにも恐れを抱き、その後は、誰かに引っ張り上げてもらうのを待つ状態になる。
 
僕は、小学校時代の焼き芋大会や、今住んでいる団地の炊き出し(今年出れなかったけど)が好きだ。どちらもスマートさとは程遠く、焼き芋大会では落ち葉を集め、枝や新聞紙を集めて焚き火をおこし、芋を放り込んだ後は走り回っている。炊き出しでは、若い人は僕ぐらいなもんで、もっと若いのはガキんちょ達になる。けれども、出てくる会話といったら「うめぇ〜」、「あったけ〜」という食べているものにダイレクトに向かい、「●●に届けようぜ」ということになる。知的でも、洗練されてもないが、知らない人達とメシを食べ、酒を呑み、「うめぇー」と言い、その話だけで盛り上がる——その時、みんな笑顔だ。
 
幸せの中身は人それぞれだろうが、俺はこれを幸せだと感じる。様々なことが施し型で降りてくるのではなく、職業や人種や背景を飛び越えてメシを食う。世界規模で同時に炊き出しって出来ないかな、と頭の片隅に置いておこうと思った。折に触れて、こんなことを話すかもしれないです。

Pocket

白盤更新

2012.12.18

詳しくはこちら

Pocket

やっぱり、反応があるって嬉しいことですね〜

2012.12.17

会話をするとき、「単語のすり替えをしないこと」に気をつけている。
 
たとえば、「写真」と「写真家」は異なり、写真と言えば領域や媒体のことになり、写真家と言えば職業名になる。この違いを理解せずに会話をすると、どこかチグハグな進み方となることが多く、「写真」と「写真家」以外にも「デザイン」と「デザイナー」の違いや、「美術」と「藝術」の違い、「恋」と「好き」の違いなど全ての事柄に当てはまる。
 
この年齢になってくると、周囲でも結婚の話題が増えてきて、世相を問わずに恋話は人気なようだ。そこでは大抵、「愛」と「恋」は違うと思われているのに対して、「恋」と「好き」というのは同一の意味として扱われている。けれども、「恋をする」と言うけれど、「恋になる」とは言わない(「恋仲になる」とは言うが)。同様に、「好きになる」とは言うけれど、「好きをする」とは言わない。
 
ここで、それぞれの言葉を分解してみると「○○をする」と「▲▲になる」という使い方があることがわかる。○○や▲▲に他の単語を当てはめてみると、「宿題をする」や「料理をする」、「一位になる」や「病気になる」という使い方が見つかり、「○○=対象」、「▲▲=状態」ということになるだろう。つまり、同義ではないことが考えられる。
 
これを踏まえると、好きになっても恋をしないことは出来るわけで、30億人を好きになっても一人にだけ恋をすることは出来るのだ。
 
会話が、単語を組み合わせて言葉を話すことなら、上記のようなことは当り前のはずだが、仕事をするようになっても出来ないのは、言葉が舐められているのではないだろうか、そんなことを思ってしまう。それでも、表情や雰囲気を見ることが出来ないSNSなどで言葉が溢れているのは、「自分の考えは簡単に伝わる」と思われているのだろうか。考えを伝えるのって、至難の業だぜ。だから、暑苦しくても熱量が感じられるように話すことが必要なんじゃないですかね〜。ぎゃーぎゃー喚けとは言っていないんだけど、スカしていたら喚く以上に伝わらないんじゃないですかね。「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」とマザー・テレサさんも映画の中で言っていたような。
 
(HPリニューアル後、たくさんの言葉を頂いてありがとうございます。頑張りますぜー)

Pocket

EGUCHIMASARU.com

2012.12.16

EGUCHIMASARU.comのリニューアルをしました。
是非、御高覧ください。
また、リニューアルに伴い、「白盤」のURLをEGUCHIMASARU.comに統合しました。
ご注意下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
 
Checked
IE7–10(capture & virtual)
safari: 5.1.7(mac)
firefox: 17.0.1(mac)
chrome: 23.0.1271.97(mac)

Pocket

諦めると信じないの違い

2012.12.13

何故、人はその人自身を信じることが出来ないのか――そんなことを、ふと思った。諦めるというのは諦観という言葉があったり、無常観や粋という性質において重要な位置を占めるが、「諦める」と「信じていない」というのは全然意味が異なるのではないだろうか。
 
諦めるというのは、事実と照らし合わせて「これは天地がひっくり返らないと無理だな」という結論になるけれど、信じていないというのは「これをひっくり返すのは大変だから、無理と言っちゃおう」という流れになることが多い気がしている。
 
諦めるの「天地がひっくり返る」というのは文字通り、自然における事実のことである。「人は死ぬ」、「重力のかかる方に移動する」、「竜巻がおこる」、「地震がおきる」、「水にかかると濡れる」など比喩ではなくて自然のことである。これらは、どうしようもない。たとえ、長寿であろうとも人は死ぬ。川の流れをせき止めたら川は濁り、川ではなくなる。物事は常に変わり、朽ちていくことに抗うことは出来ない——つまり、諦めることが必要になってくる。
 
しかし、「信じていない」場合で「無理だ」と言うときは、その対象は人間がつくったシステムだったり、慣習であることが多いのではないだろうか? 人がつくったシステムだったり、慣習だったりというのは、いわゆる「概念」だ。人の頭の中にあることだ。それが現実に表れているだけのことであり、建物のことを「会社」と言うのも「あの建物には○○という会社が入っている」と思っているからであり、その会社でさえも「○○という会社の『肩書き』を名乗った人がいる」と思っているからだ。そして、「書類上」の「約束」で、会社はその建物に存在していることになっているだけであり、書類の住所が変われば、違う建物にあることになる。全て、人の頭の中で考えていることが、自然という現実の中に表れているにすぎない。
 
ということは、システムや慣習が変わらないのは、多くの人達が「無理だ」と思って、それが現実に表れているのであり、「多くの人達」を生んでいるのは一人一人の人間であり、その一人一人が「無理だ」と思わなければ、多くの人達が「無理だ」と思うことは出来ない。つまり、君自身が「無理だ」と思ったことが現実に表れているのだ。それって、自分で自分の首を絞めているだけじゃないのだろうか? システムや慣習の内容が悪いものだと判断できたのなら、「変えることが出来る」と君が思っちゃえば動くことが出来るので、変えると思ったことが現実に表れる。けれども、「無理だ」と思ったら、動くことは出来ないから「無理だ」と思ったことが現実になっちゃう。
 
変えることが出来る——そう、僕は「思って」いるんだな。

Pocket

For foreigners

2012.12.13

Currently, this website is a work in progress of renewal. It is scheduled to be completed during the 2012.

Pocket

奇跡

2012.12.12

昨日、大学時代の友達と呑んでいたのだけれど、その時に出た「奇跡」って言葉にハッとした。僕らみたいに作品をつくるというのは、一人で出来る作業であるし、むしろ自分自身とどれだけ向き合えるか、そんな作業になってくる。もちろん、それはそれで奇跡的なことだと自負しているし、どんな大人数になろうとも、最終的には自身と対峙しなきゃならないと思っている。
 
けれども、人と出会って、同じ釜のメシを食べて、笑って泣いて怒って笑うという時間を共有して、一人じゃ出来ないことが出来てしまうことを奇跡と呼ばずして何と呼ぶのか、と思った。
 
奇跡と呼ぶのを恥ずかしいのなら、奇跡と呼ばなくてもいい。ただ、その魅力を知った人は人のために頑張れるし、お流れになったとしても、自分の力が底上げされていることを実感できるんじゃないだろうか。
 
昨日は予定通り、文章を書くための資料を手に入れるために、国会図書館にお昼から閉館までいたのだけれど、それだって仲間と奇跡と呼べる最高なものを作りたいからだし、(そんなことはないだろうけど)流れたとしてもこのことは僕の力となって基礎力が上がり、別のところで応用できるだろう。
 
うん、これは「奇跡」だ。
 
(しかし、全然お酒を呑んでいないのに、ガラガラ声なのはハシャギすぎか……)

Pocket

心をギュウギュウにしない

2012.12.11

物事の進み方で「面白いな」と思うのは、「よし、やるぞ!!」って意気込んだときよりも「あ、出来てんじゃん」ぐらいのことを感じたときの方が良い方向に進んでいるときだ。
 
もちろん、始めるときというのは、何かしらの「よし、やるぞ!!」だったり、「やってみますか〜」のような、始めの一歩を出す姿勢がある(強弱があろうとも)。けれども、意気込みが強ければ強いほど、進行しているときも常に意気込んじゃいやすいから、すぐに疲れ果ててしまう。そして、完成したときも、完成させた達成感の方に感動してしまって、実際の中身の良し悪しを判断しにくい。
 
それが、「あ、出来てんじゃん」と感じるときというのは、どこか余裕があって、未完だと思っていたものが「良い」と判断されて、その判断の結果に「完成」という判断が下される。つまり、中身は「良い」ものなわけで、完成したことはオマケみたいなものになっている。しかも、進めていたものが途方もないことだったりすると、急に終わりが降りてくるわけだから、ちょっとしたラッキーな感じもある(拍子抜けのときもあるけどね)。
 
けれども、「あ、出来てんじゃん」と感じることが出来るのは、心に余白があるときなんだよね。
 
EGUCHIMASARU.comのリニューアルはまだまだ終りませんが、楽しみながら進んでいます。そして、色んな人達が関わってくれてるんだな〜、としみじみ感動しています。

Pocket

そして、焼きそばパンを作る

2012.12.10

(昨日のつづき)
 
そんな訳で、昼も夜も焼きそばパンを作っては食べていたのだけれども、気づいたことがあった。
 
1.肉とキャベツは細く、ほそ~く切る
2.焼きそばを作るときに、単品で食べるときよりも水分多めで作るとパンと合う
3.焼きそばは冷ました方がパンと合う
4.パンは軽くトーストする
 
こうすると美味しい焼きそばパンになったのだが、自宅でパンに何かをはさんで食べるときというのは忙しいときだったり、何かつくるのも店屋物も嫌だな〜(面倒臭いな〜)というときであり、要するに、ここまでするのであれば本末転倒だということだ。
 
けれども美味しかったので、焼きそばパンを食べたくなったら作っちゃおう。
 
それにしても、マークアップを閉じるのを忘れて「何で作用しねーんだよー」って怒るのは疲れている証拠だな。走ってたら足の指のマメも潰れちゃったし、明日は休養にして夜からの飲み会にそなえよう。結局、国会図書館に行くから休養でもないんだけどね。

Pocket