Archive for 2009.11

作品と触れ合う時間

2009.11.30

 昨日、ワークショップのゲスト講師をさせていただきました。その帰り道、受講生の方に質問されたことに興味深いものがありました。

 質問
 「エグチさんは、(睡眠時間が6時間ぐらいだとして)1日どれくらいの時間、作品のことを考えていますか?」

 皆さんはどうでしょうか? 僕は、1日中、作品の事を考えていますし、触れています。と、いうのは、今キーボードを打っている感覚やモニターを見ている感覚からも作品をつくることが出来るし、夢の中でも作品をつくっていたり、作品と触れていたりしているからです。これは、コップを洗っていたり、電車を待っている時のように、一見すると作品とは関係の無いことをしている時でさえも作品と結びつけて考えているし、自然と結びついてしまうのです。つまり、1日中、作品と共に過ごしています。

 けれども、それは藝術業に限って言うことなのでしょうか? 僕はそうは思えません。スポーツ選手でも料理人でも大工でもどんな職種であれ、良い仕事をする人というのは、常にその業種と過ごしているように思えます。昨日も、受講生の作品を拝見させて頂いてお話をしていて作品の話ではなく他の事柄と結びつけて話をさせて頂いた時は、まずはそのことに気付き、ちょっとやってみようかということでした。

 藝術というのは特別な事ではなく、他の業種と変わらずごく有り触れた社会的な事である一方、それをやり続けるには、常に作品といる(結びつけて考えることが出来る)ことが重要だと考えられます。

 とても貴重な時間を過ごさせて頂き、誠にありがとうございました。

 エグチマサル

(坂井さん、名前で検索してもHPに当たりませんでした。検索の仕方が悪かったのかな・・・?)

Pocket

「一生懸命」と「幸せ」

2009.11.28

 友人に誘われてサルガド展(セバスチャン・サルガド「アフリカ」)へ。

 数年前にも東京都写真美術館でサルガドの展示が催されていたと思われるが、その時の方が圧倒されたような感じがしていた。どこかでビジュアルに慣れてしまったのだろうか、ドキュメンタリーの部分であれば他の映画や文献などで知り得る事が出来るので、それらをなぞるような感覚で見ていた。そして、主旨とは少し離れる画の方に惹かれたのだった。

 それよりも有意義に思えたのが、展示を見終わった後、友人とアフリカ地区の話から「幸せ」の話をしていたときだ。8時間ぐらいだろうか、サシで「幸せ」について話を交えることが出来たというのは、とても大切な時間だった。

 「どんな状況であれ、一生懸命に自分に正直に生きる」ということが「幸福感」に繋がっていくのではないだろうか(「正直に生きる」ということと「自分勝手に振る舞う」ことの違いは、過去のブログに書いてあるので割愛させて頂く)。個人個人がそのように生きることが出来れば、所謂、「ブラック会社」というものも運営が出来なくなるし、仮に、衣食住のどれかでも著しく欠けてしまい、「幸せ」について考える力や気付く事が出来ないのであれば、欠けているものを与えることから始めても良いと考えている。

 そのことに気付いた後、人は幸せになるのではないだろうか。人は誰でも生まれ、死ぬ。そのことにおいて人は平等だ。しかし、不幸な表情のまま死んでいく者がいたり、満ち足りた表情をして逝く者がいることも事実であり、人はその一点においては異なる。そして、死んだ後は、気付く事も考えることもやり直すことも出来ない。そうであるのならば、「その日」が訪れる前に、気付けた方が良いとは思わないだろうか。

 「大変な状況にいる者は、そんな悠長なことを言ってられない」というのであれば、欠けているところを補うことから始めても良いはずだ。自分一人でそれが出来ないのであれば、調べれば数多く仲介してくれるところが存在している。そして、考えられる状況を得た後に、考える事や藝術に触れることを始めても、遅くはないと考えられる。方法論は数多く存在してあり、「こうしなければいけない」という壁や限界(無理、苦手、不器用、不可能など)は、自分自身の勝手な思い込みなのではないだろうか。人はもっと一生懸命、頑張れるはずだ。それは僕にも当てはまり、もっと頑張れるはずだ。

 創作から離れた時間だったが、人としてとても貴重な時間を過ごす事が出来た日だった。

 

Pocket

緊張感の後はニヤける

2009.11.26

 創作と額装。創作の方がゴールがないものとして思われがちだが、果たして本当にそうだろうか? 見えていなければ作ることは出来ない。輪郭もぼやけているほどの見え方だったとしても、進もうとしている者であれば、誰もがある確かな光(闇)に向かっているのではないだろうか? そうであるのならば、その確かな物の存在ははっきりさせて見えた方が良いとは思わないだろうか。見えている物が確かであればあるほど、脱線している時や遠回りしている時も意識的なところも無意識的なところ(ハッとするようなところ)も自覚が出来、自覚が出来れば、そこからの吸収率も上がる。

 話は飛ぶが、額装って楽しいよね。額を見て「オォォーっ」、剥離紙を剥がして再び「オォォーっっ」、作品が収まった状態を見て三度「オォォーっっ!」。依頼業、本当に配送以外の全てをやるようになってしまった。

Pocket

タイミング

2009.11.21

 大倉集古館へ「根来」展を観に行っていた。夏過ぎに招待券を頂いて、凄く興味を注がれていた展覧会だ。その期待を裏切られる事はなく、心の奥底を澄み切らせてくれるものだった。そして、声を聞く。「作れ」と。「ただ正直に作れ」という、僕自身の声が聞こえていた。2階のテラスに出ると日の沈みかけた空気が僕に緊張感をくれ、その感覚だけで作品を創れると思っていた。

 次の日、他の作品との兼ね合いで損得勘定が頭をよぎり、頭から煙が出そうな感じだったので、「タイミングが合わなければ止めよう」ということを思って大判出力をしにいったら、タイミングが合った。スパークしたという感じだ。
 やはり、良い。良い1枚だ。限られた人達しか観る事が叶わないのが惜しいが、良い1枚だ。何だか昔の藝術家みたいな感じになってきているが、現行の写真家や美術家のやり方が合わないので、この方が自分には合っているのだろう。

 しかし、その場所で出会った青年から「いつも見てます」と言われ、事務の人とバタバタしていたらいつの間にか彼はいなくなっていた。「緊張感が大切だ」と思った。

 それとは関係ないが、「エグチさんにとって写真って何ですか?」、「エグチさんにとって美しいって何ですか?」、「エグチさんにとって良い作品って何ですか?」、「エグチさんにとって藝術って何ですか?」と質問されるときがあるが、「○○さんにとってー」となっている時点で藝術ではないと考えられる。普遍的なものに興味があって作品を創るから藝術をやっていると言えるのであり、個人的な事柄から創作が始まったとしても、それを普遍的な事柄へと結びつけることが出来るから、それが藝術となるのではないだろうか。そして、藝術の領域で写真を媒体にしているから写真家を名乗っているのである。これは、野球選手もサッカー選手もスポーツ選手であるように、写真家と藝術家は本来分けて考えるものではない。仮に分けて考えるのであれば、写真を媒体にして藝術領域にいる人のことを何と呼ぶのだろうか? 分けて考える人達は、現代美術家と呼ぶのだろうが、そうすると別段、写真を扱わなくても良いことになると考えるのが妥当である。つまり、名称としての純度を高めるのであれば、写真家は藝術領域で写真を扱う人とするのが妥当であり、別個に考えるものではない。

Pocket

Cさんがめちゃくちゃ凄いと思った

2009.11.16

 昨日、技術を覚えていた。今日はその復習。いつも思うが、新しいものを感知したり、習得するときはとても興奮している。創作現場外ではおそらく最も真面目な表情が見られるだろう。そして、大事な事が復習。知識を知恵として活用するためには、手に入れたものを無意識下で扱えるほどに習得する必要がある。それには、ひたすら意識的に錬磨することが手っ取り早い。

 何も出来なかった、繋がらなかったことが無意識的に出来たり、繋がったりしたとき、自然と笑みがこぼれる。と、いうか自然な表情になっているだろう。そして、また掴み損ねないように錬磨を繰り返していくから、その強度も増していく。こうやって日々を歩んで来て、早27年。地道なことが面白い。

Pocket

美しい人

2009.11.13

 最近もよく人と会っている。相変わらず僕は同じ主旨のことを話しているが、今創作中の作品を見せる機会がある場合は必ず見せて感想を聞いている。嘘か本当かはわからないが、良い感想をもらう。今のところどういう落ち着き方をするのかは、まだまだ伸びしろがあると思うので何とも言えないが(向上には欲深い)、現時点での最後の1枚からくるものは、とてつもなく清らかだ。

 それを見ながら「僕は僕に導かれていた」と気付き、それはとても嬉しいことだった。作品を観ていると澄んでくる。そんな作品と出会い、関わることが出来たことが、最良の幸せなのだろう。

Pocket

過去から今

2009.11.7

 『レッド・クリフ part1&part2』を続けて観ていた。地上波で「part1」が放送された時は観る事が叶わず、少々残念だったが、CMを挿まないで観た方がテンポが崩されずに観れたのでむしろ幸いだった。「part1」の方がテンポも見せ方もドラマ性もあったように思えたのだが、トータルではよく楽しめたし、カメラワークなど勉強になっていたし、小学校時代に横山光輝先生の漫画『三国志』や人形劇の『人形劇三国志』を好きで良く触れていたので、より一層楽しめた。

 そして、そういう過去のことを思い出しながら、ふと、空の景色が浮かんでいた。

 空を眺めることで全てが十分だと感じていたし、感じている。今では、「空を眺める」ことを思うだけで、それを観る事が出来、それを体感する事が出来る。そのことは「空を眺める」だけに留まらず、全てにおいて「思う」ことで体感することが出来る。その強度は増すばかりだ。私だけで良いのならば、具現化は必要がない。「思う」その瞬間こそが絶対的なのだ。

Pocket

繋げられるものを残す

2009.11.6

 物があまり必要ない。と、言うか、物を無くす生活をしようかと思う。物を残すことを考えるとして、50億年後、地球が亡くなる日までその物が残ったとしよう。その日には人類や生物はいないかもしれないし、地球は既に使い捨てられているかもしれない、しかし、仮にその日を迎えなけれなならない人類がいたとしたら? だったら、単に物が残っているというよりも、その日を迎えるのを恐れない人々になっていた方が良いとは思わないだろうか?

 物は朽ちるし、地球が亡くなれば物も無くなる。けれども、人の考えは繋げていく事ができる。どうやら縄文人と現代人とに人間的な本質に大差はないようであり、それにもかかわらず、人間は文化を発展させてきた。そして、色褪せたり、翻訳されたりと表皮が変わった物を通して、ずうっと昔の人達の考えを知り、私たちは再び考えることが出来る。それが「繋がる」ということであり、人間が人間らしく生きることだ。これも1つの考え方だし、全く異なる考え方を持つ人もいるだろう。しかし、単に「残す」ことに終始してしまえば、人に繋げる事は難しいだろう。

 人が人として生きる上で正しい事をするように気付ける物を残したいし、そうしてきたつもりだ。

 地球が亡くなる日のことを考えることを馬鹿馬鹿しいと笑うのも、1つの考え方だろう。けれども、俺は考えている。それを言う事で、他の誰かが勇気を持てるのなら、俺は何度でも何処でも言うし、動くよ。

Pocket

結局、生きる事よりも生き方が大事だ

2009.11.4

 ディレクターさんの集まりみたいな場所に連れて行ってもらい、色々な人を紹介してもらい、よく話した。

 至る所で様々なジャンルの作家さんと出会い、出会う度に、よく話す。

 違う職種や年代の異なる人達と出会い、その度にも、よく話す。

 話すときは大抵、人間の生き方に関わることであったり、自分の(相手の)そういうことだったり、やっていることだったり、藝術や写真や依頼業のことだったりと多岐に渡るが、最終的には「人間の生き方に関わること」の話になっている。これを続けていたら、その内に、真っ白な灰になってそうな感じもするが、そうなったらそうなっただと思っている。「このホームページ以外に(他のジャンルのことでも検索に引っかかるように)エグチマサル相談室みたいなホームページを作ってみたら?」と提案されるが、そういうの必要? う〜ん、blogやdocumentじゃ足らないのかなぁ。

 美味しい韓国海苔やハワイ土産のチョコレートや音楽を頂きました。こうやって日々を生きています。ありがとうございます。

Pocket

簡易紹介

2009.11.1

私の事を紹介

 私は、全ての人間は幸せになる権利を持っていると考えています。そのことをやろうとすると、藝術・哲学・宗教の領域になるでしょう(わからない人は辞書を引いて下さい)。そして、作品でそれをやろうとするから、私は藝術家を名乗り、写真媒体を用いているために写真家を名乗っているに過ぎません(言葉でそれをやれば、私は哲学家になるでしょう)。

 醜いもの(不快感情)から、普遍的な美を求めようとすると、観た人(体験した人)にかかる負荷はその人を死に至らしめるほどになるか、日常生活が送れないほどになってしまいます。そして、歴史的作品や建造物も醜さから美を放っているとは到底考えられません。なので、朝日が昇るときや満天の星空を観た時に人々が感動するような、そんな作品を私は創っていきたいのです。

 それらのことは、日常生活にも現れています。藝術家(アーティスト)だから社会から逸脱するような振る舞いをしていいとは思っていませんし、これからの子どもたちが藝術を志した時に、作品のことだけで悩めるような時代になるように、私たちは藝術家も社会人として振る舞うべきだと考えています。

 そして、どの職業でもそうですが、その職に身を置く者ならば、その領域の可能性を広げるように努めるべきだと考えています。そのためには過去の事を知り、先達のしてきた事を知り、その良いところは伸ばし、悪いところは直すことが、未知の可能性を広げていくことに繋がります。一見すると写真作品に見えないかもしれない作品を写真作品として発表していることは、各作品の資料をお読み頂ければご理解可能と思われます。これらの活動を通して、写真藝術の可能性が広がって欲しいし、鑑賞者が感動するような作品を創っていく事が私のすることです。

 最期まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

エグチマサル

※ 活動紹介用の簡易ファイルを渡すために簡易紹介文を書いていたら、「ここに載せてもいいかもね」と思い、載せてみました。

Pocket