Archive for 2009.5

環境の大切さ

2009.5.29

東京や、今住んでいる所以外で展示をするとその土地に住んでいる人たちの家に泊めてもらうのは僕の幸運のところです。

そして、幸運の話で進めていくと、僕のことや僕の関わる作品のことを考えてくれる人たちが、僕の周囲にいてくれることだろう。

例えば、今、僕は友人の家に泊めて頂いているのだけれども、その友人から食生活についての栄養のことを心配されており、「明日は俺(友人)がご飯を作っておくよ」と宣言されている。

こういうこと以外においても、僕という作家や僕の関わる作品について考えてくれる環境がいてくれるということは、素直に「めぐまれている」いえるのだろう。

Pocket

昨夜のトークは大丈夫でしたか?

2009.5.28

「明るい夜」という名のトークショーも無事にこなせました。

対話的に作品についての話をするときよりも、話者よりも観客や聴衆の方が多い状況で話す場合、作品との距離を感じてしまう。そして、作品という存在、創作という行為からあまりにも距離感を感じてしまうので、その間中、常に作品ということ、創作ということ、作家ということについて話をしてしまい、結局、柔らかさのない退屈な話をしてしまっているのではないだろうかと疑問を持ってしまう。

ただ今回よかったかなと思ったのは、トークショー後の、御来場して下さった方々と個別に話をしていたときの印象だ。その時も変わらずに同じようなことを話してしまっていたのだが、対話的になっているので、相手への言葉を考えるという行為が良い印象に繋がったのかもしれない。そして、そのこと以上に、作家の方達と話しているときに、その方達が作品と向き合って創作をしているような話を聴けたのが嬉しかったのだ。

けれどもそのように良い印象を抱いている時には「自分だけだったらどうしようか」という畏れのような感情を抱いてしまう。

プラスでもマイナスでも確かな刺激を受け取って欲しいと願ってしまうのは、僕の我が儘なのだろうが、「何か」を投げっぱなしにするのではなく、「確かな」感覚を見つけられる手助けをするのが、トークというものなのだろうと考えられる。それがたとえ「いい」、「わるい」という単純な感覚だとしても(「好き」、「嫌い」ということではなく)。

6月7日までなので、2回、3回でも御高覧いただけると幸いです。

Pocket

在廊日

2009.5.25

搬入も無事に終わりました。
搬入が終ると、憑き物が落ちたような感覚になるのは常のことでどうにも感情が出てきませんね。
疲労感とはまた別の感覚とでもいいましょうか。

僕の在廊日ですが、26、27、29、30、31、5、6、7日に在廊できる予定です。

御高覧のほどよろしくお願い申し上げます。

※27日の20:00〜21:00まで、トークセッション&オープニングパーティーが同会場にて催されます。
そちらの方も皆さまお誘い合わせの上、御来場のほどよろしくお願い申し上げます。

Pocket

復旧しました

2009.5.24

mac のネットが復旧しました。

mac のバージョンが悪いみたいで、面倒臭い方法になってしまいました。
ただ1つよかったのかもしれないのは、作品データのバックアップをしっかりととる契機になったことです。
作者がいなくなっても作品が残る環境が着々と進められているようで、若干の安心感を抱きます。

ただ、PC 用のメール受信数の多さには若干ひきました。

そして

疲れました。

Pocket

ご不便をおかけします

2009.5.20

昨日から自宅のネット状態が壊滅的なことになっているので、メールのやりとりが遅れることをお許し下さい。昨年から度々生じていましたが今回は mac にも影響がでてきているみたいなのでかなり困っているような、笑うしかないような。

仕事関係の連絡などはホームページの contact のアドレスへご連絡いただけると助かります。

なるべく早く復旧できるように頑張ります。

Pocket

ばたん と きゅー

2009.5.18

搬入まで一週間になり、なんとか完成の目処が立ってきました。
一週間ということは約168時間あるわけで、そう思えば何とかなるような・・・。

こういう状態のまま展示に向かうのはかなり久しぶりなのだけれども、とても良い展示になりそうな予感が・・・油断は禁物。

夕方あたりにばたんきゅー、夜中に再びばたんきゅーな状態なので、メールの返信が滞っても許して下さい。

良い展示になります。

Pocket

2009.5.7

予定が入っていくのはとても嬉しいことの反面、先を見てしまうことでもあるので、目の前の1枚に全てを懸けていないような不純さを感じていた。

そんな作品への背信を感じながらここ数週間は過ごしてしまったのだけれども、微かな光が見えてきたような・・・単純に、今度の展示の作品が間に合わないかもしれないという久しぶりに切羽詰まった状態になっているだけでもあるが、「Ⅶ」の位置にあるとともに、「Ⅰ」〜「Ⅵ」までの雰囲気も濃縮させた先に「Ⅶ」という別物が出てきたことをするので、1枚に時間がかかってしまっている。

ブログを書いている場合じゃあないのだけれども、報告ってことで。

Pocket

Rolling for our band

2009.5.4

早朝から創作をはじめているだけあって、一日のペースが速い。

「少し勇み足かな」と疑いもあったが、先ほど「ちょうど良い速度だったな」と確信した。四畳半のアトリエは作品やら何やらで埋め尽くされていくが、トイレに行くのにも外に出るのにも炊事をするのにもアトリエを通過しなきゃならんので、この「作品から逃れられない状況」というのは僕にとって最高だ。

最近というか昔からだったなぁと思うのが、「ロックンロールが好きなんだ」と言っているにもかかわらず、「パンク(パンクス)の人間」と頻繁に言われる。嬉しいけれども、「パンクだね」と別の場所で別々の人たちから言われ続けると、「道でもどこでも転がるぞ!」と前回りをしてみせてしまうのは間違いか、間違いだ。

ただ、こんなことを言いながら今流れているのはBlankey Jet Cityの「小麦色の斜面」だったりするんだよね。

ちょっと話は変わり、宮下貴裕さんのインタビューが載っている『EYESCREAM』という雑誌の最新号を時間がある時に読んでいる。高校生ぐらいからやはりファッションというのはのめり込んでいくもので、それでも自分の欲しいものっていうのはあまりなくて、ちょこちょこいじったり、色んな人たちからいただいたりしていたのだけれども、そんな時に興奮したのはナンバーナインだった。

インタビューの中では頻繁に「バンド」という言葉が出てくるのだけれども、恐れ多くも僕も「エグチマサル」っていう活動やその人がかかわっている作品というのは、作品がいて、作者がいて、広報や搬入出を手伝ってくれる人がいて、場所がいて、鑑賞者がいて、他にも多くの要素がいて1つの集合体(バンド)のように感じている。年々、その要素っていうのが増えていて今じゃ「何じゃそりゃ?!」って言いたくなる反応もあったり、ここ2、3年はハコ代を払わなくても仕切られた空間や作品を観にくる人たちが来てくれる会場で展示ができているということもかなり感謝しているけれども、作品があってこそなりたつ集合体なんだよね。

それが僕たちの前提。

Pocket

GWとは関係のないこと

2009.5.2

「ギフト」シリーズの方法論で創作をしていて思ったことがあった。

昨年6月の企画展の後、「ギフト」シリーズの名前で展示されている作品を観た人たちは「ギフト」シリーズの現物を観ていない、ということ。
個人的には、『止揚と共生』でその方法論の延長を見せていたつもりだったが、「延長線」ということは、そう、別物と言っていいほど距離があったのだ。

「ギフト」シリーズの展示を観た知らない人たちが「現物を見たい」とメールなどでコンタクトをとってくれるのはとてもありがたいことで、しばらくそのようなやりとりがあったが、そうだった、昨年の6月以降は異なる作品ばかりを展示していたのだった。

このようなことを書くのは、「ギフト」シリーズの方法論で創作をしていて興奮があったからだね。

その話題から派生するが、『「ギフト」シリーズについて』という資料は、頑張れば中高生でも理解できる内容にしたつもりだった。しかし、あまりにも「難しい」という感想を頂いて「ターゲットを間違えたか?」と心配していたら、『MD現代文小論文』という受験参考書にでてくる出題例を読んでいて、ターゲットの狙い方が妥当だったと思えた。
そして、心配になるのが、現代日本を担っている世代の学力低下だ。おそらく、今の10代半ばぐらいまでは相当な知識量をもって20代になると予測されるが、その若者たちが膨大な知識量と「考える力」を兼ね備えたらその時30代以降にいる中高年の人たちのことをどう思うのだろうか。

Pocket