Archive for 2008.10

還元

2008.10.29

創作と支持体の創作。この2作品を同時に発表できたらなぁと思いつつ、どちらの方が「俺っぽい」と言われるのだろうかと考えてみる。どちらも作者は俺で、それは変わらないはずなのに、鑑賞者は作品と作者を関係づけようと働きかけてくる。当たり前といえば当たり前のことだけれども、少し歯痒い気持ちになる。その歯痒さの原因は、作者は作品への単なる媒体でしかない、と考えているにも関わらず、作品を作者へ還元して解釈されるからだろう。とても当然のことのようにも思えるけれども、どこかずれている気がするのだ。

Pocket

細胞

2008.10.23

昨日撮影したものを現像。2ヶ月振りの現像、しかもプロセス上のことでは久しぶりの動きだったので心配だったけれども、撮影同様、「はじめるか」と身体のスウィッチを入れると身体中の細胞が一斉に目覚める感覚になる。その感覚たちからは「遅ぇよ」と罵倒されるのだが、やはり、闘うことになる。身体の中にある意識とは別の、「あるものたち」が動き回ることになる。先日知った、「南方曼荼羅」の図が思い浮かんだ。「萃点」という言葉の意味が、展示や作品などに関係してくる動きのように受け取れた。どうやらこれからの重要な考えになりそうだ。

ここ2、3日頻繁にかけているのはRe-Trickの『Colors of Agenda』とunkieの『too many secrets』。どちらもインストゥルメンタルのバンドだが、異なるタイプの音楽で、シャッフルしてかけていると別個で聴く時よりも違ったうまみが表れるので、色々と美味しい。

漸く曼荼羅関係の本を読み終え、考察がまとまりそうなので、先日買ったものが読める。原研哉さんの『白』、中村桂子さん対談集『ゲノムの見る夢』、『ニュートン別冊ー再生医療への道を切り開く iPS細胞 人工多能性幹細胞』、そして波平恵美子さん/塚本やすしさん『いのちってなんだろう』。最後のは児童用の本で同名のものを探していたら、先にこちらを見つけ間違いに気付かないまま立ち読みしていたら、途中で間違いに気付いたのだけれども内容がよかったので買いました。こういうことが生じるのが、生物の特徴なのだろうな、と思いつつ、本屋で泣くと店員さんが心配してくるのが少々申し訳ないです、と感じた、昨日のお話。

Pocket

Happosyu dayo !!!

2008.10.20

出力ばかりで一日が終ってしまった。黙々とやってしまうので、気付いたら外が暗いです、という状態に陥っている。その間、菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール、Tokyo Zawinul Bach、toe、The Birthdayがシャッフループされてかかっていた。unkieの2ndが発売されるとのことで、けっこう楽しみだ。

今読んでいる著書は、それほど重要というか要になるようなことが書かれていないかもしれないと予測される。こんな時には速読が役に立つ。

「発泡酒はもう飲まない」と決めていたが、この前の飲み会から何本か発泡酒を飲んでいる。やはりビールが一番です。小学校時代に作っていた「肉天」という豚肉の天ぷらが食べたくなるが、どうやって作っていたかを覚えていないのが悔やまれる。幼いときの記憶は断片的であったり、他者からの話から記憶として誤認している事柄があったりと実は曖昧である。もしかしたらそれは、今でもそうなのかもしれず、「実体」というものの定義とその掴み方を意識する必要がある。「実際に掴む」とはどういうことなのか? その問いは「現実」や「現実感」というものにも繋がってくる問いなのだろう。では、「意識する」とはどうだろうか? それは「思う」ではなく、「考える」ということであり、創作前にも必要になってくると考えられる。

Pocket

Cardigan

2008.10.18

今週は体調が悪い。鼻炎薬を飲むと少々よくなるがノドの痛みがついてまわるので、風邪だろうと思われる・・・と、分析している場合ではない。

THE BIRTHDAYの『涙がこぼれそう』の中に入っている「レイニー・レイニー」という曲が好きだ。昨日、掃除後にベランダでガリガリ君を食べながら聴いていると、雲の切れ間から現れる太陽の景色と重なり、寂しいけれど透き通る気持ちになっていった。一昨日、友たちと朝四時くらいまで呑んでいて、友に服を贈ったら、別の友の着ていた服を頂いた。丁度、カーディガンが欲しかったので羽織れる服は助かるとともに、けっこうかっこいい。やっぱり最高な人だ。

先日仮題を発表した作品を創作しているときに、「ちょっと足りないな」と思っていると、すぐにその足りなさを満たすやつがやってきてくれて、「そうだよな」と納得する。自分で撮影したのだから当然といえば当然なのだけれども、やってきてくれたという感覚が強い。それは作品といえど他者だからだ。それも闘い、共生する者だ。

Pocket

日本人の宗教観

2008.10.15

朝からてんやわんやで午前が終わる。そりゃないでっせ、と言いながら、複写と創作。おそらく明日の午前中は『ヒトから人になるために』(仮題)の撮影ができるはず。『四十億年の私の「生命」−生命誌と内発的発展論』を読んでいて、ディヴェロップメントという言葉から写真の現像ということも少々触れており、そのプロセスを「魔法ではない」という説明をしていた。「写真」というのを媒体にして活動をしていらっしゃる方々は、そこらへんのプロセスを一種のメルヘンチックなものとして捉えているが、日本人は宗教の類いを煙たがるくせに、ちゃっかりとメルヘンチックなものは好むという勝手な気質がある。それも効率や割り切ってということは苦手なのにもかかわらず。写真学校時代の卒業論文(とはいっても論文とはあまり言い難い進め方だったが・・・)は、『日本人の宗教観』という内容にし、結論として、「日本人はアニミズム的な宗教観をもっている」という締めくくり方だったと思われる。僕は机や創作での道具類には生命が宿っている、もしくは生命に替わるものが宿っていると考えているのだが、やはり、創作に関わってくると、闘っているのだと感じられる。そこで出てくるのが「共生」ということなのだけれども、『四十億年の私の「生命」−生命誌と内発的発展論』にその言葉がでてきて、かなり驚くのだった。この本には、自分の考えていたことや必要となる言葉たちが頻繁にでてきて、正直、驚嘆させられる。けれども、楽観的性格というのだろうか他力本願気質というのだろうか、藝術や美術、写真の領域にはいないが、確実に今後の日本、世界、地球に必要とされる考え方を持った御方たちがその他の業界にはいらっしゃるということが、「自分はいなくても平気だな」と思わせてくれる。

Pocket

Free from ・・・

2008.10.13

宅急便のためにコンビニへ行き、『WORST』の21巻を立ち読みし(いい加減買え)、ふと『クロワッサン』という婦人誌が目に入ったのでパラパラと通読する。そのなかの、いしいしんじさんのコラムが好きで時たま読むようになったのだが、今回冒頭に、南方熊楠さんの名前が登場する。現在読んでいる『四十億年の私の「生命」ー生命誌と内発的発展論』という中村桂子さんと鶴見和子さんの対話ものの本にも度々登場する人でもある。この流れからして、僕が今日、『クロワッサン』を手にとったのは偶然ではないのだな、と気付く。知らないうちにアンテナがぴーんと立っていたのだろう。昨日、遅く起きた朝だったので朝食をとりながら『ゲゲゲの鬼太郎』を見ていると、鬼太郎はピーマンが嫌いだということを知った。

話を戻そう。その、いしいしんじさんのコラムを読んでいると、南方熊楠さんと熊野が関係あるらしいということを知り、帰宅後少し調べてみると、どうやら本当に関係があるようだ。Photographの人間なら熊野という言葉は一度は聞いたことがあるだろう。しかし、このようなところでも聞くとなると、舌打ちまじりの苦い気持ちになる。わかってはいるけれども、ある決められたサークル、完全なる宇宙の上からは逃れることができないし、ただその上にいるだけだということを感ぜざるを得ない。そのことを正の感情で纏い、心身と宇宙を繋げようとすることもあれば、やはり、負の気持ちを抱く時もあるものだ。I’m free from history ! from universe ! from society ! と叫びたくなるときもあるだろう? ということ。

それでも、「アプローチの仕方は間違ってはいないみたいだな」とちょっと嬉しくもあったのだった。

話は変わり、自分で始めた「エキシビションレポート」、略して「エキシポート」であるが、一言でいうと辛い。批評ではないだけまだ助かっているが、「学術的展覧会感想文」って・・・観れば観る程、書くものは増え、一枚あげればまた違う内容の一枚がやってくるけれども、一枚に必要な文字数は大学時代の「ブックレポート」よりかはだいぶ短いので、「もうちょっと追い込んでいこうかな」と思っている今日この頃。

Pocket

Exhi-Port

2008.10.12

朝から作業場の整理をし、暗室仕様に戻す。するとけっこうスペースを確保することができて、けっこう驚く。今日で整理は大体終ったので、近々、新作に入ります。資料もまとまりそうで、「漸く進められるな」という確信と実感に満たされてきたのだ。動き始める時期を間違えると取り返すのがかなり大変なことになったり、二度とその作品と出会うことができなくなるので、時期は見極めなければならない。

その後、作品の一部を額装し、ダバダ火振りを頂く。栗焼酎は初めていただくもので、上品な甘みの後に清らかさが広がっていき、とても美味しい。やはり、お酒と食事は美味しくないとね、と一人で納得する。

文章や文字、言葉について人から尋ねられることが多いが、最近、「エキシビションレポート」、略して「エキシポート」というのを始めた。大学時代に「ブックレポート」という「学術的読書感想文」を講義の一環としてやらされており、それによって作家としても成長していたので、それの展覧会版、つまり、「学術的展覧会感想文」を始めたのである。批評ではないので、その相手を成長させるためのものではないが、洞察力と内観力が鍛えられるものであり、感想文とはいっているものの、論を構成していなければ成績は低く、また、ありきたりなアプローチでも成績は低かった、とても厳しいものだった記憶がある。先日のように展示をいくつか観た場合はとても辛いことになるのだが、おそらく新たな成長をもたらしてくれると少なからずの期待をもっている。辛いけれども。

Pocket

18:21

2008.10.11

昨日は展示をいくつかと映画を1つ観ました。たしか『TOKYO!』という3つの短編から成る映画でした。その中の椅子になってしまうお話が一番面白かった。ちょっと座り心地は良くないかもしれないけれども、あのフォルム(特に脚の)が良かった。その後に行った沖縄料理屋があまり美味しくはなく、値段と釣り合っていない料理とお酒で気分が悪くなったのでした。

本日は午前中に創作と、連日続いている作品などの整理です。人はこういうのを身辺整理というのだろうか・・・はて?

Pocket

KURI – SYOCHU

2008.10.6

今回の京都は完全に仕事だったので、休暇の要素は皆無でしたが、そこで出会う場所や人たちはとても刺激的でした。
京都に住んでいない、専門学校時代の人たちも展示に来て頂き、感謝でした。

焼酎ばっかり飲み、料理も全て美味しく、スーパーカルピスは懐かしい味でした。

そして、メインの生命誌研究館は期待以上の内容でとても勉強になり、次回作や自身の姿勢にかならず良い効果があるでしょう。

最終日、H夫妻と別れる際は泣きそうになり、お土産を食べているとやはり涙がでてくるのでした。

おしまい。

Pocket

23:04

2008.10.2

荷造りを終え・・・たよなぁと思う。というのも遠出をする時は決まって忘れ物をして現地調達することが多い。今週、『アモーレス・ペロス』と『パルプ・フィクション』を観る。二つともビールと夕食をつまみながら観ていたけれど、『アモーレスー』の方は飲み食いしながらは止めとけばよかった。レンタル店の売り文句に「メキシコ版!パルプ・フィクション!」と書いてあったので二つとも借りたけれど、『ロック・ストック&トゥースモーキング・バレルス』とかじゃいかんのか?と思ったりもするが、速度やカット割りが遠いか。 隣でTVが流れてるけれども、「象ってすごいなぁ」と感心する。 映画の話で、先日のことですが、駐輪場にあるベンチに座っているおばちゃんと映画とデヴィット・ボウイとエルヴィス、ローリング・ストーンズらの話で盛り上がり、蒸かし芋をごちそうになる。映画といえば、幼い頃にばあちゃんと観ていたお昼ぐらいに放送される昔の映画たちがはじまりだと思われる。そして、『ゴッド・ファーザー』に出演していたマーロン・ブランドが幼心ながら感銘を受けていた。それからかどうかは忘れたが、以降、渋みのある俳優が好きで、小学生のうちからそんな渋味を求めていた。「縁側とお茶が似合う」だとか、「おじいちゃんみたい」といわれ、何か違うようにも思うが、まぁいいかとも思っている。渋味からはほど遠い、ふしだらさもけっこう好きだ。

Pocket