Archive for 2008.9

DIGITAL DAYO !!!

2008.9.29

漸くデジカメ(コンパクト)を手に入れた。販売会社から情報を聞き、何度も試供品で撮影させてもらっていたため、けっこうすんなりと手に馴染む。しかし、同じ製品だとしても一台毎に微妙な違いがあるということを二年程前に知り、それ以降のつくり方に変化がある。アルゴリズムとヒューリスティックの違いはよく謳われているが、アルゴリズムの代表格として提示されるPCにさえ同製品による個々の違いがあるということは、批評の場で頻繁にでてくる「主観」と「客観」についてその単語の使用方法が何とも安易なことかと思わざるを得なくなった。統計学を学んだせいもあって、もとよりそのように感じていた態度がより一層、強固になったといった方が正しいのだけれども。

ブログが「文章のみで潔いね」と褒めて頂くことがあるが、実情を申しますと、載せ方がわからないというのが最初の頃でありまして、ただ、これを契機に画像を載せようということはしないと思われます。やはり、文章は文章のみで勝負をしてみたいというのが今の心情です。そして、高級機と巷では言われているこの機体ですが、とりあえずクラッシュするまで撮影をしてみようかなとやる気がたぎる。次作はおそらくフィルムから入ります。

Pocket

White Box

2008.9.27

三日坊主にならないようにしてみる。

買出しがてら展示を観る。一つは問谷明希さんの展示。webに載っていたものとはけっこう異なる内容だったが、統一感が醸し出されていた。もう一つは和田裕也さんの展示で、「新作じゃないよ」と聞いていたが、充分すぎるほどカッコイイ展示だった。あの展示をみているとビールが飲みたくなったので帰宅し、豆乳スープと煮物でビールを飲む。寒くなったのでスープが美味い。

そして、黒い物体を白い物体にすると別の生物のように見えて、抱きつきたい気分になる。この生物、けっこうかわいい。

Pocket

Black Box

2008.9.26

台座となる物体をジェッソで白3回→黒1回→白2回と塗るつもりだったけれど、黒を塗ったときにもの凄く良い黒い物体となり、どうにかこの状態で使えないものかと歯医者での治療中も考えていたが、やはり白くなくては台無しだ(台座で台無しだ)。お詫びに今日一日は黒いままで眺めよう。この黒さ、自分の負の部分が塊となってどすんと落っこちて現れた感じがして、かなり愛おしい。『バガボンド』を読んでいて先週、今週とでてきた「我執」の塊のようにも思える、この黒い物体。どす黒いようにも見え、漆黒のようにも見える。おそらく実家にあったら、いつの間にか、ばあちゃんに使われてしまって「ばあちゃん!?」と驚くが、それが本来の姿かもな、とも思う。

マンガはよく読む。実家にいた頃に近所にあったコンビニにはしょっちゅう立ち読みをしに行っていた。同級生が何人かそこでバイトをし、友との溜り場としても使われ、ほぼ毎日、そのコンビニに行っていた。浪人時代には夜勉強を休憩するときにコンビニに行くと、同級生がそこでバイトをしており、その人たちと会うととても心が和んでいた。しかし、昨年、そのコンビニがなくなったことを知り、コンビニがあった場所には「テナント募集」の貼り紙と立ち入り禁止のロープが痛々しく張られていた。大切な人が亡くなったときのような喪失感が、体中を支配していた。帰る場所を完全に絶たれたようにも感じていた。この1年を振り返ると、色々と失ってばかりいたようにも思える。アレハンドロ=ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品が良く感ぜられるのはそのためかもしれない。

Pocket

wrong wrong wrong (www)

2008.9.25

展示の準備を進める。こういう時にこそ試してみたいことをやれるので、そこは惜しみなく試させて頂く。けれど陳腐なものに価値を下げてしまっては意味がないので、そこは見極めつつ、ということになる。

柳宗玄 氏の『虚空散華ー生命のかたち—』を読む。副題で気付いた方もいらっしゃるかもしれないが、「生命の形」が終わりに近づいた頃に古本屋で発見し、偶然にも作品と同じことばを持つ著書に、惹かれたのだ。直接的には「生命の形」と関わる内容ではないように思えたが、読み終える頃には、このタイトルで正しかったと考察できるものだった。垂直的にしろ水平的にしろ、一方向の成長ではなく、+αの吸収があった本であり、それはまた今年になってから度々あった成長の仕方だ。しかし、自分が4歳のときに発行された内容が、今の自分の考え方と近く、またそれは現代では当たり前とされていないことにいささか悲観的になる。誰かが言ったが、「現代は真理を追究すると生き辛い世の中である」ということを思い出す。だからといって真理を求めないようになることは間違っていると考えられるが、折り返し地点を過ぎようとしているからそのような態度でいられるのかもしれない。

Pocket

未発表仕様

2008.9.24

展示用の出力をする。やはり自分が関わらさせてもらった作品はけっこうな大きさがあった方がいい。作品毎にその性質を最大限引き出せるサイズというのは変わってくるが、やはり、彼らはこのサイズだ。これ以上もこれ以下も許されない。

さっきから変な言い回しかと思われる方々がいるかもしれないが、自分は創作に入る前、かならずすることがあり、「私があなたをつくることをお許し下さい」、「私に力をお貸し下さい」ということを祈った後で、創作という闘いに入る。アテネオリンピックがあったので覚えている人もいるかもしれないが、キリスト教徒の方々がレース前に十字を切るのと似ていると思った。結局、動くのは自分であり、その力を最大限だすのも自分であり、そのために肉体について意識を向けながら錬磨を積むのだが、私は作品に作らせて頂いているという前提をもっている。その割には作品に殺意すら覚えるのだが。闘う相手にはやはり敬意を抱くということなのだろうか。

展示風景をアップしないかもしれないので(むしろしたことがない)・・・未発表のものや未発表仕様のものを展示します。偶然京都にお越しになられた方がいらっしゃれば、是非、御高覧ください。

Pocket

闘う夢

2008.9.23

「ブログの更新頻度が減ってない?」との指摘を方方から頂き、更新。

映画ネタを。『21グラム』と『アース』を観る。前者は『バベル』からつづき、気になったので。後者はふと目に入り、「次回作に関係があるかもしれない」と思ったので、それぞれ観る。どちらもとても良かったのだが、そこでふと思う、「次回作はもしかしたらかなり悲観的な側面をもつ作品かもしれない」と。

(映画も含め)資料を進めながら、展示準備も着々進め、道中で食べる駅弁を何にしようと夢想を楽しむ。昔から駅弁は好きで、というよりも買い食いが好きなのだ。コンビニで買うアイスや肉まんも、家に帰るまでに食べきれるときがとても美味しく感じる。駅弁は小学校時代に山形へ連れて行ってもらう道中で食べた、すきやき弁当からとても好きになったと思われる。ひもを引っ張ったら温まる弁当が、とても新鮮で、今でも憶えている。しかし、楽しいことばかりでもなく、ここ1、2ヶ月程みていなかった「闘いの夢」を毎日みるようになる。人間、異形のモノ、得体の知れないモノ、闘う相手は様々であるが、常に闘わされる。

Pocket

Smoky My Brain

2008.9.18

ここ一週間近く色々とあり、さすがに脳から煙がでてきたので、本日は映画を観ながら煮浸しをつっつく。

アレハンドロ=ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バベル』を観る。話題が先行している感がどうしても否めなくて観ずにいたが、「もっと早くに観ておくべきだった」と思わされる。安易な結末ではないだけに、おそらく何も解決していないように思われたが、「人が活動するということは、思わないところで関係が生じる、たとえそれが幸ではないとしても」ということが充分に在り、自分が作品をつくるということを意識し始めた頃から忘れないようにしている、「『鑑賞者に” 何か ”が伝わればいい』という投げやりな態度は持つな」、という一つの責任がその映画にはあった。作品をつくるということ、そしてそれを発表するということは、誰かを幸せにするかもしれないし、同時に、誰かを不幸にするかもしれないということが発生する。だからこそ、作品の性質は明確にしなければならない、と常に心がけている。

展示といえば、10月4日、5日に京都文化博物館で催される「アミューズ アートジャム2008」に参加します。そして、丁度いいタイミングで名刺も作り替え、そこで使われている画が、完全未発表新作なので、そちらも観られるかもしれません。けれども、今回の展示期間中にももう一つの期待があり、JT生命誌研究館にも行けそうなので、かなり楽しみなのです。かなり行きたかった場所。

とはいえ、脳から煙がでているのは今日中に解消されるのだろうか?デジカメを買うかも少々迷う。耳からも煙が出そうだ。

それとは別に、友達の姉ちゃんに子どもが誕生しました、結構前に。携帯写真を送ってもらいなんとまぁ可愛いのだ。おめでとう!

Pocket

You are here

2008.9.9

PCで創作されたものが漸く完成。そんな訳で本日から『生命の形』を再開。うげっと喰らうほど暗い。そして今日まで梨木香歩さん『沼地のある森を抜けて』を読んでいた。内容を知らずに古本屋で手にとり単行本3冊1000円にやられて買ったら、これがまた次回作の内容、テーマにけっこうはまってることで、しかし、こういうことは頻繁にあり、おそらくそのときに買わなくても忘れた頃に全然違う場所で邂逅が起きる。そういうことが重なり、「あぁ、これは作品になるべき作品なのだな」と腹を決める。そうでもしないとなかなかこの重い腰は上がらないのが、情けない実情でもある。お蔭で創作が途切れたことは未だかつてないのだけれど(抗ったり怪我などは除いて)。

それで今は『ゲノムが語る生命』という中村桂子さんの新書を読み始め、”はじめに”で「あぁ、そうだよね」と再意識化される。約一ヶ月ぶりの物語以外の本。ここ一ヶ月では『ぶらんこ乗り』、『トリツカレ男』、『プラネタリウムのふたご』、『愛妻日記』、『その日のまえに』、(あぁ、物語じゃないわ→)『14歳の君へ』、(読み途中→)『小川未明童話集』を読む。この一ヶ月、本を読んでかなり泣いている。たぶん10回以上。

そして先日、久しぶりの展示として「アバンギャルド・チャイナ」展、なんの展示名か忘れたデジタルの展示、中藤毅彦さんの展示、中野駅らへんの展示を見に東京へ出る。

そして今はブンブンサテライツの「WORLD IS YOURS」が流れている。いい曲だと正直に思う。タイトルがいいじゃねーかい、2、3週間ぐらい前に「YOU ARE HERE」という言葉を書いたのをつくっていたからかもしれない。あんま関係ないか。DVDも正直に体の中からグワッっ!!とほとばしる内容。「今年もライブにいけばよかった」とつくづく後悔させられる内容だった。もう時間は少ないが、ライブに行きてーなぁとつくづく望む。

Pocket

Green Beer and Nihehe

2008.9.2

創作活動。ここ最近はひたすらパソコンの前に座ってつくっている。それなので外から覗くと引きこもりかネット依存症のようにみられるだろうが、どうやらこの作品も終わりが近づいてきた。今回のは一枚毎にタイトルをつけられるものなので、あーでもない、こーでもない、ちょっと惜しい、などの評価を下しながら頭の中や辞書やパソコンからこねくりだしており・・・「でるわきゃねーだろう!」と、最後の2枚で詰まってしまう。今回は無題のものがあれば「untitled lesson」にするつもりだったがそれも使わなそうな気配、今回限りの匂いがするから少々もったいない気もするが、それは自分が決めることではなくて、作品が決めること。

という訳で、緑のビールを飲む。カールスバーグの缶は初めてだけれども、なぜか緑だ。自分の好きなビールは何故か缶や瓶の色が緑であることが多い。「緑のビール」という単語が出てくる曲も好きだ。昔は格好つけと「ロックンロールはハイネケンだ!」というよくわからん思い込みからハイネケンしか飲まなかったが今となっては普通のこととなっている。昔から「ロックンロールは生き方だ」ということを思っており、藝術でも文学でもその他のジャンルでも美しいものや凄いものはロックンロールっていう言葉がよく似合うと考えていた。藝術家ではなく、アーティストやクリエイターなどと称せる輩のことは今でもよくわからないが。

そして夢をみる。19歳くらいの設定で小学校時代のクラスメートもそのぐらいの年で綺麗で、自分はにへへ〜ってにやけてる訳で、普段の顔を知っている方なら容易に想像できるアホンダラな顔になっているのだった。

Pocket