Archive for 2008.4

21:52

2008.4.30

佐々木健一氏の『美学辞典』を読み終える。読み始めは「序」にもあったように、必要度の高いものから読んでいたが、読み進めて行くとなるほど後の項目は先の項目を引き継いでいたり、より深い理解を得ることが出来るように並べられていた。そして「あとがき」を読み終えて、この「辞典」の素晴らしさが、辞典としての機能的な部分だけではなく、佐々木氏の人柄や書くに至る真摯さからにも表されていたということを感じたのだった。それは、このような書物を読んだときに得る知識獲得ないしは充足による満足感というよりはむしろ、素晴らしい作品と出会えたときに感じる無限の創造性のようなものだった。

Pocket

足が・・・

2008.4.29

小品の下地作りと資料を進める。本当は「ギフトⅡ」の方も進めたかったけれども、足の疲労感がとれなかったので断念。というのも昨日は資料探しと展示をみるために歩き続けてしまったためで。旅をしていたときは日にもっと歩いていたけれども物理的に旅をしていないと、どうしてもなまってしまうのか、はたまた心持の問題なのか。おそらく、両者だろう。
精神的な旅というのがあるが、苦しくも志向性がある限りでは時間やその他の日常生活における感覚から離れることができる。昨日の歩きは精神的な旅とはまた別ものだが旅のような感覚もあったため、結局長い時間を歩き続けることに至った訳だ(途中、異国情緒溢れるストリートを通ることになったり、外国の方々とすれ違うことが多かったのも理由の一つかもしれない)。快い疲労感とはほど遠いズッブリと浸かった疲労だったが、夜に友とのビールと定食は当然のように美味しかった。

Pocket

創造か?

2008.4.24

相変わらず制作。

基本に立ち返ろうということで、基本となることやら昔のものやらを読む。すると過去の自分が良いなと思ったものが今ではつまらないものと思えてしまい、それは成長だろうか退化だろうか。ある側面から言うと成長の証だろうが、やはりそれは一方ではなくなったものがあるのだろう。
とはいえ、制作ではなく創造ができていたのではと思えることもあり、作品の速度は増すばかり。

「コトー先生」に連日泣いている。

最新号の『PHaT PHOTO』の飯沢耕太郎さんのコラムに名前を挙げてもらっています。今回は名前のみですが、期待して頂けてるということは嬉しいことです。

Pocket

からっぽ

2008.4.22

「Photo/Graph シリーズ」の5作目もバーニッシュをあと一回かけるだけになり、個展の作品群も順調に完成しつつある。それとともに「ギフトⅡ」や「止揚」も少しずつ進めている。

昨年からの展示では先を見据えての展示が多く、空っぽになるということがなかった。そのため(それだけが原因ではないだろうが)、種々雑多なものが溜まりに溜まってしまい抑うつ的になってしまった。今度の個展では久しぶりに空っぽになれるだろうか。恐ろしくなれる気もしているが。

これとはあまり関係ないが、2年前に読んだ重松清 氏の『疾走』の「からからからっぽ」という言葉が私の中に残っている。どうしたら主人公の少年が救われるかを考えながら読んでいたが、やはりあぁなるしかそれはなかったのだろうか。いまでもわからないのだ。

Pocket

PC

2008.4.18

連日、パソコンでの作業が続いているため更新もします。PCというのが一般的にはパソコンのことだが、この分野だとポリティカル・コレクトネス(政治的矯正)になってしまう。しかもそこから作ることも時代錯誤になりながらも未だニヒリズムの道具として使用されるか、もしくはそれらを知らないことを開き直ってのナルシズムに陥るか・・・それが現状だ。この分野はとても狭い。それを認めてようやく第一歩ではないだろうか。

Pocket

溜め

2008.4.17

午前中の下地塗りの後、一日中、資料用の色合わせでパソコンに向かったため目が腫れぼったい。

途中、集荷のおじさんが現れる・・・本日の他人さま。

色合わせもだいぶ早くなりロスも少なくなった気でいたのだけれども、そうでもない・・・溜めすぎたのか?

写真のみのときよりも資料用の色合わせに時間がかかるのは仕様がないとして、写真の分野だと写真集がそのままファイルとしての機能を併せ持ち、1点モノの作品(絵画や彫刻など)の場合と制作順序が異なるのがまた趣だなと思う。

Pocket

なぜあんなに笑顔がキラキラしているのですか?

2008.4.16

今週は打ち合わせや何とかやらでけっこう動いた。まだ水曜です。

昨日は久々に会う友人やらなんやらで帰宅後泥のように眠る。資料用の複写をどうにか進めたかったので途中で帰ってしまいごめんなさい。そのおかげで複写も全行程の半分ほど終わり(卒業すると機材も借りれなくなるのが痛い)、部屋の混沌具合も一段落。

そして、昨日だけで3つの場で似たような内容の話をしていて活(×生 ○活)きることやら何とかやらの話でした。「ギフト」シリーズから知る人もそれ以前から知っている人も似たような印象を抱いているようで、時と場所を超えて(大袈裟だ)の概念が生まれているのはなかなか面白い。

これから下地塗りですよ。タイトルは、昨日、休憩で入った初台の某ファーストフード店での店員さんへの印象です。なぜあんなに・・・。なぜ?!

Pocket

出不精

2008.4.13

制作に必要なものがネットで注文できるようになったので出不精に拍車がかかる。そのため、卒業後、全く人と会わないようになるかと思っていたら毎週だれかと会っている。今日も予定があって大学時代の友と・・・って、そしたらその人から借りるデジカメを忘れたとのことなので、急遽、明日も会って飯を食べようかということに。

ちょっと時間を持て余すことになったので、日曜の渋谷を散歩。いくつかの企画展を見るが・・・そのどれもが美術もしくは写真に関する知識や教養もった一部の人の方が楽しめる作品であり、楽しめた反面、嫌気がさす。

その後、本屋で『統合心理学への道』を立ち読みし、必要な感じがしたが、値段をみて買うことを断念。誰か贈ってくれないかな。欲しい写真集もけっこう値段がはる。

帰宅後、明日の打ち合わせのための資料を作成のための資料読みと資料作成。午前〜昼間は水ばり。最近、けっこう脳がスパークしている。

Pocket

2008.4.7

マイコミジャーナル内の飯沢耕太郎さんのコラムに、2月に富士フィルムフォトサロンで展示をした作品を取り上げてもらっています。

写真学生時代の集大成 – 卒業制作(3)
http://journal.mycom.co.jp/column/photologue/006/index.html

是非お読み下さい。
そのコラムの中で吉江綾乃さん『存在証明』がいいなと思う。岡田敦さんの作品も好きなのでそういうことなのかもしれない。センチメンタルな部分、つまり感情の部分と上手さが存在している作品は貴重だ。背中とか、指の鬱血具合とか美しいなと思う。

 話は変わり、バーニッシュをかけるために部屋の掃除をしていたら隅々まですることになってしまい、というか手が勝手に・・・学生時代のテスト前になると部屋の掃除を始めるというようなもんです。途中で友に招待してもらった森山良子さんのコンサートに行きました。森山さんはとても歌で、ジャズで、生涯現役なパワーが溢れていた。とてもカッコイイ人だ。

そして今日も掃除が続いていて、手紙が出てきたのです。僕は手紙を捨てられないので溜まって行く訳ですが、なかには某ブランドのクリスマスカード(?)に「にゃあ」と鳴いている虎(猫?)だけが描かれている手紙なども出てくるのだ。誰だ?そして、じいちゃんからお年玉をもらったときに一緒にもらった手紙とか。じいちゃんはもう亡くなってしまい、もう手紙を書くことはできない。それは事実だ。しかし、僕の手元にはじいちゃんが書いたとされる手紙があり、それを持っていなかったと想像したときよりも強い繋がりのようなものを感じるわけだ。これはとても幸福なことだったな、と思った。 

絵具の乾きが良くないのでバーニッシュはかけられず。 

Pocket

21:13

2008.4.1

朝から制作。気付くとこの時間。冷えのせいか、右手が痺れる。先週から始まった「生きるていることは暗闇だ」がなかなか時間がかかっている。

Pocket