Archive for 2007

展示とか、展示とか、展示。

2007.12.27

先ほど画像のデータを送る。デジタル関係のことになるといささか不安がよぎる。昔よりだいぶ良くなったけれども、未だデジタルへのニガテ意識がある。そんな自分が「ギフト」のような作品を制作してしまうことに人から驚かれたりもする。

とりあえず、ここ3日間ほどのドタバタから若干落ち着くはずだが、まだ気持ちが昂っている。しかし、急激に睡魔が・・・。

先週から色々な波が押し寄せてきて、多くを見、多くと会い、多くを吸収した。そして、その波を乗り切る予定。

Pocket

あぁっ!失態!

2007.12.20

カラーイメージングコンテストのDMに自分の名前を書くのを忘れていた。

全部に忘れた訳ではないはずだけれども、正直、どのお方までサインしたのか覚えていない。かなりよろしくないことをしてしまった。

私を知っていてもしも送り主の名前が書いていないDMをお受け取りになられた方はごめんなさい。恐ろしく不快な思いをさせてしまったかもしれません。この場を借りて、お詫び申し上げます。

Pocket

気付く

2007.12.19

F150の木パネルでの制作を考えていたが、ふと自宅兼制作場の高さに気付く。

「斜めにしても入らない・・・」

参った。

田舎に拠点を移そうか、海外に行こうか・・・とりあえず現在制作しなければならない作品をどうするか、先ずはそこだ。

Pocket

結局は「美しさ」の基準

2007.12.17

今日は作品を展示仕様へ額装するためお店に行った。ちょっと良い予感がする提案をいくつかしてもらい、「ちょっと良い仕様になるのでは?」と期待が膨らむ。

離れて見ようとしてテーブルの上に乗させてもらったら天井に頭を打ち、それによって私は天才的なひらめきを・・・得ていない。得る訳がない。仮に愚直に頭を打ち続けていたら何かを得るかもしれないが、単なる油断から打つなんて・・・。せめてピューっと血が出てくれれば何とか笑いに持っていけたのに・・・いや、私の実力不足だ。

明日は午後から大判出力をするが、ちょっと値が張るよなぁ。それよりも左隣のテレビから「お笑い番組」が流れているが、最近の「お笑い」というのは勢いだけなのか?自分の近くに一人ぐらいいてくれたら楽しいのかもしれないし、何かを形骸化するのは日本人の特徴ではあるが、ここまでノリだけの人が続くとさすがに呆れる。そんなことよりも近くに美しい人がいてくれたらなぁと思う。アシスタントで。がんばろ。

Pocket

しぱしぱしぱしぱしっぱしぱ

2007.12.16

約1年ぶりに坊主にしました。制作の邪魔だったので。結わえても結局邪魔になってくるので刈りました。
眉毛もいらないかと思ったのですが、変に恐い人と思われても仕方がないのでやめました。

その後、制作。

気付いたら部屋が暗くなっていました。

Pocket

22:50

2007.12.15

噂の(遅いか)痴漢冤罪裁判を取り扱った映画を観る。

その後、夜からパソコンでの制作。かなり色を詰めていったら眼が痛い。背中も痛い。けれども今朝湯船に浸かったので元気・・・というのは嘘。元気とは無理がある。

お昼にたらふく酢飯を食べたけれども、さすがにそろそろお腹が減ってきた。やはり制作後に気付く。
ソーセージやマッシュルーム、トマト、茄子をグリルで焼いたものが食べたい。ビールに合う食事。

眼が痛いのでブルーベリーの甘煮でもいいかな。

Pocket

ご飯を迷います。

2007.12.13

今日はパソコンでの制作。

ちょっとすごすぎる作品が・・・どぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおぉぉぉおおぉおおぉおおおおんん!!!!!!!  

失礼、取り乱しました。 

「第4部」で一貫していることは「ダブル」です「double」ですね。
「第3部」が「動」だとしたら、「第4部」は「静」を強めた作品になるでしょう。

2つとも来年2月の展示から観ることになると思われます。  

是非、ご高覧ください。

Pocket

第3部、始まる。

2007.12.12

60サイズの制作に入って、現在、絵具乾燥待ち。 いつもよりも自分やモチーフへの強迫や問いかけ、そして闘いが強い。何度か叫び、笑い、吠えた。俺と彼(作品)とのぶつかり合いの中で呼び起こされる生物種の本能に従い、自然物や動物が有する美しさを、社会の中でだけで存在する作品 で表現することをただただ求める。故に俺と彼との共作。 体はかなり重いが、まだまだ闘いたい欲望がある。 

Pocket

ペパーミント茶はいれるのに時間がかかります。

2007.12.9

手がかじかんでいる。制作が終ると急に体の異常に気付いてしまう。
 そんなわけでペパーミント茶をいれてます。

 制作するときには無駄な日、というか怠惰な日というものはいらない。
少しの時間でも良いから制作に関わる。

豊かにする時期と研ぐ時期を制作前、制作中に分ける。
すると溜め込んで溜め込んで爆発させるということになる。
メリハリがきかないと、研ぎ方も鈍くその爆発力も虚仮威しとなる。
そして気付く、豊かにする時期には研ぐ作用が、研ぐ時期には豊かになる作用が隠されているということを。

だから制作に関わることが大事なのだ、制作前も制作中も制作後も。

話は変わり、webの更新をしてもらいました。
「生きている」は写真新世紀で展示されていた作品です。展示していたポートフォリオが返ってきたらかなりボロボロだった。おそらく会場の方が直してくれたのだろうが1枚逆さになっていた。

その状態で観てしまって、何かしらの意図を推測してしまった方がいたらごめんなさい。

Pocket

味噌餃子?味噌炒飯?

2007.12.8

制作→買出し→制作。

世界堂に行ったら「P60」というサイズの木パネルが店頭にあって即買う。
120以上になれば自分の身長よりも大きい・・・わくわくする。
「P60」でも幅は自分よりもかなり大きいが。

この感情は生物種の中に存在する闘争本能に近い。
「自分以上のものと戦える」ということへの喜々。最近の制作では浄化や発散というよりも何かを吸い取られている感覚がしていたが、この興奮にはそれさえも良しとしてしまう。昼食で入った餃子屋で水をこぼすほど興奮していた。たぶんにやけていただろう。その餃子屋では餃子ダレで食べるよりも、何に使うのかわからない胡麻味噌で食べた方が美味しかった。チャーハンもそれをつけた餃子と一緒に食べたら美味しかった。タレ屋か?

さっきまでPCでの制作だったが保存しようとするとフリーズしたり、いきなり強制終了されたりと結局3回も同じ動きをした。

やはり、物質的よりも精神的にかなり速くなっている。

けれども、やらなきゃいけないことは山積みだ。やばい。

Pocket