Archive for the ‘心の健康’ Category

『この世界の片隅に』を思い出す。

2018.7.20

昨年の夏も終わりの頃に『この世界の片隅に』という映画を観て以来、このタイトルを頻繁に思い出します。
しかも、夜、寝るときや、深夜に目が覚めたときに、このタイトルを思い出すのです。
何かイライラしていて寝つけないときも、このタイトルがなぜか思い出されて、腕をさするのです。
すると、スーっと眠りに入ることが多い気がしています。
 
正直に言うと、この映画を見た直後の感想はあまりいいものではありませんでした。
ぼくらが十代〜二十代の頃に流行った「童顔の主人公の頑張る姿とうっ屈さ」感じだな、と思った程度だったのです。
(アニメなのだから童顔は当たり前かもしれませんが)
 
けれども、その後、ぼくは初めて広島に行き、平和記念公園に訪れ、資料館をまじまじと見ました。
広島から帰って来ても、このタイトルが思い出されるのです。
そして、このタイトルが台詞として話されるシーンがあるのですが、そこで最近、気がつきました。
 
「この映画は、見つけてもらった彼女が、見つける番になる映画なんだ」
 
ま、詳しいことは映画を見ればわかるのですが、見つけられ、見つけることが繰り返されるのが、ヒトの一生なんだなと思ったのです。
良いことも、悪いことも、見つけ見つけられることで生じる現象です。
実はこの映画って、ひたすらこの繰り返しなのです。
 
もっと言えば、見つけられることで、ヒトやモノの一生は全うされると言われているようです。
ぼくは誰や何を見つけたかなぁ。
まだ、何も与えることができていないのかもしれません。


そっとしておく。

2018.7.19

「弱者」という言葉が苦手です。
おそらく、弱者になったことがあるヒトは、ぼくと同じではないでしょうか。
「弱者になる」というのは、「ぼくは弱者です」と言ってなるものではない。
決まって、誰かによって弱者にさせられるのです。
 
あまり言わないが、ぼくは持病持ちです。
生まれてすぐに腎臓病になりました。
子どもの頃、ぼくが病気でぐずると、「もっと大変なヒトがいる」と説教されたものです。
ぐずらなくとも、出会う大人全員が言っていたような気がしています。
(記憶の取り違えはあると思うけど)
 
この経験が、年齢や肩書きや立場を気にしない性格を作ったと言えるでしょう。
ヒトの言うことのほとんどは、そのヒトが作り出した偏見だということもわかりました。
この偏見に縛られているヒトは、ぼくに何もできないこともわかりました。
 
「小さな親切。大きなお世話」という言葉があるけれど、最近、この境目が分かったような気がしています。
正義を原動力にする親切は、大きなお世話になりやすい。
正義は大義名分になりやすく、行動の先にいる相手のことは、自分色に染めるようなものかもしれません。
戦争がそうでしょう。
 
親切には「そっとしておく親切」というのもあります。
 
もしも、弱者と言われるようなヒトと出会ったら、「そっとしておく親切」もあることを忘れないようにしたいです。
緊急性が高いのか、見守った方がいいのか。
完璧な方程式なんて、ないんだから。


図書館という不思議じま。

2018.7.6

図書館というのは不思議な島だと、つくづく感じます。
外界の音は聞こえず、中は静か。
この中にある本棚と本棚の間を、おっちゃんが屁をこきながら、歩いていたり。
周囲を気にするそぶりもなく、一定のペースで歩きながら、屁をプッ、プッ、プッ。
通路を渡って、おまけで、プッ。
 
屁が鳴っている間、周りのヒトたちは、自分のことに集中。
屁をこいていないおっちゃんも、子どもを連れているお母さんも、スカして雑誌を読んでいる青年も、みんな自分のことに集中している。
「他のヤツの屁ごときで、俺の心は乱されないぜ」という一糸乱れぬ姿にすら見える。
自分の内なる世界と対峙する、武士のような集中力だ。
(武士知らないけど)
 
いや、内心は乱れまくっているが、周囲に悟られないように、取り繕っているのかもしれない。
そうだとしたら、なんというポーカーフェイスか。
何にも役は揃っていないのに、勝負に挑むギャンブラーじゃないか。
 
一発目の屁から、視線をおっちゃんに向けてしまった俺は、なんという小心者か。
集中力が足りなすぎる。
座禅の時間だったら、すぐに棒で叩かれていただろう。
 
いやはや、図書館島の住人たちよ、屁をこく方も、こかれる方も、大したもんだよ。
こういう世界を見ていると、会議や打合せで話される内容が、ずいぶん偏った世界だと痛感します。
悪く言うと、学術論文に到底及ばない、自分都合の陳腐なデータを集めた机上の空論。
だから、仕事のことを考えるとき、ぼくは図書館で論文や本を読んだり、外の世界を見るんです。
図書館以外にも色々とね。


煩悩を 消してくれる 書き心地

2018.7.2

煩悩を 消してくれる 書き心地
 
万年筆を正しく持って、文字を書いた心境です。
店頭で試し書きをしたときには、それほど感じなかったけれど、家に帰って、椅子に座っていつものように文字を書いたら、なんと書きやすいことか。
 
実は書き始める前、ぼくは少しイライラしていました。
ちょっとしたことが重なってしまい、鬱屈した状態だったのです。
それでも目の前には、せっかく買った万年筆が、箱の中で眠っている。
 
36歳で初めて手に入れた万年筆。
恋人から欲しいものを聞かれ、タイミングよく、パイロットさんの「キャップレス万年筆」の存在を耳にしたのが、ことのはじまり。
ペン先の太さが何種類もあることを知り、誕生日プレゼントで貰うからと、二度も店頭で試し書きをした万年筆。
試し書きをした紙を家に持ち帰って、太さを迷いに迷って決めた万年筆。
  
ようやく手に入れた万年筆を目の前に、何も書かないで一日を終えたら、鬱屈した気持ちがさらに深くなってしまう。
だから、ネガティブな気持ちで書き始めたのです。
 
そうしたら、「あれ? あれれ?」って、書くのが気持ちいいじゃないですか。
今までのイライラはどこへやら。
 
書き心地のなめらかさによって、鬱屈した気持ちがスーっと、消えていくのです。
書いてるのに、消えていく。
書くと消える。
不思議な心地です。
 
もしも、ヒトに渡す手紙を万年筆で書いたら、下心はなくなっちゃうかもしれませんね。
ストレス解消に、万年筆。
いまのところ、ぼくにはありですねー。
 


専門家の職業倫理。

2018.6.29

誤解のある言い方からはじめるけれど、ぼくは、相手によって話し方が変わっています。
話の軸は変えないけれど、話し方の丁寧さや、熱の込め方や、相手への攻撃性など、話す相手によって、変わっていると思います。
むしろ、初対面のヒトの方が、一律の話し方になっているような気がしています。
 
というのも、ここ数年で気づいたのですが、相手の対応によって、相手に対する信頼が、プラスにも、マイナスにも積み重なっていきながら、ぼくの対応も変化しているのです。
 
「面白がってくれてるな」「信用されているな」「いい質問だな」とかね、相手が自分との関係をポジティブに築こうとしている対応だと、付き合いの長さがプラスに働きます。
同じように、「要望しか言わないな」「こちらの助言を聞かないな」「質問ではなくて、意見だな」といった反応が積み重なると、付き合いが長くなるほど、対応はそっけないものになっていきます。
 
そんでね、これって、専門家と関わるときの、肝心なことだと思っています。
専門家と話しているのに、助言を聞き入れないことが多かったら、専門家と関わる意味がないですもんね。
配慮のない要望が多かったりしてもね。
 
そうすると、お金と契約だけの関係になって、自分の利益を確保しようとつとめるのは、当たり前なんですよね。
職業倫理って、契約をすれば果たしてくれるってことではない。
専門家を信じて任せるってことを、依頼人である自分から示さないと、専門家は気持ちよく働けないってもんだぜ。